投資信託

【早く知りたかった】投資の複利効果とは?気になる計算方法まで徹底解説

ペンタごん

投資における複利がいまいちよく分からない!

初心者向けに丁寧に教えて!

複利の効果は凄いっていう話は聞いた事あると思いますが、実際どんな効果があるのか気になりますよね。

複利はもっと早く知りたかったと思うほど大事な知識なので、分かりやすく解説します。

なかなか難しい話も出てきてしまうんですが、できるだけイメージしやすいようにお話するので安心して下さい!

  • 複利とは「元本+利息」にまた利息がつき、どんどん増えていく事なので早く知っておくべき知識
  • ただ、投資商品はリスク(値動き)があるため、預金のようにきれいに複利がつかない
  • 複利を最大限活かすならリスクを減らす事を考えよう

 

\楽天証券が一番おすすめ!/
NISA

1.複利とは何か?金利の基礎知識を知っておこう

①そもそも金利と利息ってなに?

そもそも複利のもとになる、金利と利息からお話しますね。

身近で分かりやすいのは、この銀行に預けた時の預金だと思います。

 

今は超低金利なのでなかなか実感しづらいですが、預金には金利がついて、利息がもらえます。

預金とは、正確には銀行にお金を貸すイメージなので、お金の貸し借りによって利息を受け取るというのが分かりやすいですね。

預金によって金利がついて利息がもらえる、まずはこの図を覚えておきましょう。

 

②利息のつきかたは単利と複利がある

大事なポイントですが、この利息の付き方は2つあります

まずは単利、これはイメージしやすいと思いますが、元本に対してのみ、利息がついていくものです。

最初に入れた資金であるこの元本が変わらなければ、利息は毎年同じ額だけもらえるというわけですね。

さっきの単利は元本に対してのみ、利息がついていましたが、複利だと、「元本+利息」にまた利息がついて、どんどん増えていきます。

図で見れば分かりやすくて、金利によって増えた利息が元本と一緒になったまま、さらにまた金利がかかる事により、利息が利息を生んでいるわけです。

具体例として元本1万円として、金利3%で単利と複利はどのように差が出ていくのかを見てみましょう。

まずは単利では元本1万円に対してのみ、金利3%がかかるので、利息が毎回300円出ます。

 

一方の複利についてですが、最初は元本1万円に対して金利3%で300円の利息が出る。

ここまでは単利同じですが、その次に金利がかかるのは、元本+利息の10300円に対してです。

この利息がついて増えた10,300円にさらに3%の金利がつくので、309円の利息となり、合計で10,609円となるんです。

 

単利だと、元本+利息で10,600円になっていたのが、複利だと10,609円なので、利息が9円増えているため、確かに複利が効いて大きくなっている事がわかります。

このように「元本+利息」にまた利息がつき、雪だるま式に増えていくのが複利の効果なんです。

これは元本100万円を年利5%で30年運用した時ですが、単利と複利でどれだけ差が出るかを示したものです、

青色の単利だと250万にしかなりませんでしたが、赤色の複利が効いたほうだと、なんと432万まで増えています。

これだけの差が出るので、長期投資でこそ複利の効果は大きくなるんですね。

 

③投資商品では、綺麗に複利が効かない

ただ気をつけないといけないのは、預金と違って、投資商品ではきれいに複利は効かないんです。

これは米国株価の代表的な指数であるS&P500ですが、人気の米国株式は長期では右肩上がりになっていますが、短期間では上がったり下がったりを繰り返しています。

 

そうすると、「この下がってる期間って、複利が効いてないのでは?」って思いますよね。

複利は利息にまた利息がついて大きくなるものなので、マイナスの利回りとなっているなら、さっきの話とは違ってきますから。

 

2.投資において複利は効く?大事なリスクについて解説

①そもそもリスクとは

投資において複利は効くか、それに関係する、大事なリスクについて解説します。

そもそも投資におけるリスクとは何かをまずお話しますね。

 

日常でのリスクという言葉は危険性などの意味合いで使っていますが、投資におけるリスクは、リターン(収益)の幅だと思って下さい。

ハイリスクハイリターンになるにつれ、この振り子の幅が大きくなり、大きくプラスが見込める際はその分マイナスも膨らむ可能性があるという事です。

たとえば、ある投資商品の期待リターンが年9%、リスクが14%だとします。

これは、先ほどの米国株式S&P500の過去30年のリスクとリターンだと思って下さい。

 

期待リターンが9%、リスクが14%だとすると、たとえば大きくプラスに振れた年は、期待リターン9%+リスク14%=23%の利益が出ます。

一方、リスクがマイナスに振れた年は期待リターン9%-リスク14%=-5%の損失が出ます。

統計学では期待リターンが9%、リスクが14%だと、約68%の確率でこの-5%~+23%の間に収まると言われています。

このリスクとリターンは、投資資産ごとでだいたい決まっています。

たとえば国内債券だと、リスクが小さい代わりに、期待リターンもそこまで大きくないので、手堅い商品だと言われるんですね。

 

一方、外国株式だと、期待リターンが高い代わりに、リスクも大きいので、それだけ変動する幅も広がるという訳です。

これで、リスクとリターンの大まかな理解はOKでしょう。

【超初心者向け】投資信託のリスク(標準偏差)とリターンとは? 投資信託のリスクって、分かるようで何だか分からないものですよね。 ただリスクを考えずに始めてしまうと、とても危ない...

 

②リスクが増えると、複利の効果は落ちる

これが非常に大事なポイントなんですが、リスクが増えると、複利の効果は落ちます。

たとえば3つの商品があるとします。

  1. A預金:リスク無しで、毎年5%の金利が付く
  2. B株式:それなりにリスクがあり、1年目は5%の利回り、2年目が-10%、3年目は20%
  3. C株式:ハイリスクハイリターンで、1年目が30%、2年目が-25%、3年目が10%

それぞれの単純な平均利回りは、すべて年5%になります

(1年目から3年目までの利回りを足して、3で割ればいずれも年5%になる)

 

では複利を加味した、これらの商品の3年間のトータルの利回りを見ると、ずいぶん差が出ます。

まずA預金を見ると、毎年5%の金利なので、計算式は以下の通りです。

(1.05×1.05×1.05-1)×100=15.8%

 

次にB株式を見ると、計算式は、

(1.05×0.9×1.2-1)×100=13.4%

 

平均利回りは同じだったのに、B株式はリスクがある分、A預金より実際のリターンは下がってしまったんですね。

C株式も同じように計算すると、7.25%のリターンになります。

 

リスクはリターンをむしばむと、よく言いますが、それはこの複利が関係してくるからなんです。

このように投資においても複利はかかりますが、リスクが大きいほど、複利の効果は落ちる事は知っておきましょう。

 

3.複利を最大限効かせるなら、相関係数を知っておこう

①相関係数とは

リスクが大きいほど、複利の効果は落ちるなら、リターンをなるべく維持しながらリスクを減らせばいいですね。

そのために大事なのは、相関係数の考え方で、逆相関(反対の値動きをする)の資産同士を持って、リスクを減らすのが有効です。

相関係数の説明は、上記の図が分かりやすいですが、ようするに相関係数が-1に近い組み合わせを探せばいいわけです。

たとえば人気の米国株式であれば、米国10年国債なら-0.47と、-1に近い相関係数になってくれます。

国債とは国が借金として発行するものだと思えばOKです。

10年国債でもそれなりの逆相関効果はあるんですが、20年超の米国長期国債の方がより分かりやすいので、今回は、米国長期国債を使って話を進めて行きます。

この緑のチャートが米国株式にまとめて投資できるETFであるVTIで、青色が、米国長期国債のETFであるTLTです。

 

この通り見事な逆相関をしていて、米国株式が下がった時は、米国長期国債は上がってますし、逆に米国株式が上がった時は、米国長期国債は下がる傾向があります。

株式と債券は比較的、逆の値動きをすると言われますが、米国株式と米国長期国債は特にそうなんですね。

つまり、この2つを持つと、値動きの幅、リスクを打ち消し合う事が期待できるんです。

 

②相関係数を理解する事で、複利の効果がより期待できる

じゃあ逆相関である米国株式と米国長期国債を一緒に持つとどうなるか。

こちらは過去20年で、青色が米国株式100%で持った時のチャートです。

米国株式は比較的リスクが大きいので、複利を考慮した20年間の平均利回りは約5%になりました。

 

一方、赤色のチャートは米国株式を40%、米国長期国債を60%持った時ですが、なかなか安定していていますね。

複利を考慮した利回りを見ても、約7.7%となり、リスクが減った事もあってリターンが増えました。

まあこれは期間によっても変わってきます、しょせんは確率論みたいなところはあるんですが、リスクが減っている事は分かります。

 

これが良い例になったと思いますが、逆相関な米国株と米国長期国債を組み合わせたりして、リスクを減らす事で投資においても複利を大きく活かす事ができるんです。

預金のように、シンプルに複利を考えられたら良いんですが、投資はリスク、値動きがある分、今回説明したように複利を効果的に活かせる方法を覚えておきましょう。

 

4.まとめ:【早く知りたかった】投資の複利効果とは?気になる計算方法まで徹底解説

  • 複利とは「元本+利息」にまた利息がつき、どんどん増えていく事なので早く知っておくべき知識
  • ただ、投資商品はリスク(値動き)があるため、預金のようにきれいに複利がつかない
  • 複利を最大限活かすならリスクを減らす事を考えよう

複利の効果について、できるだけ分かりやすく解説してみました。

最初にお話した通り、僕は複利についてもっと早く知っておきたかったと、思う知識なので、ぜひ覚えておいてください!

 

\楽天証券が一番おすすめ!/
NISA

【初心者向け】つみたてNISAのおすすめ投資信託|まずはこの3銘柄から選ぼう つみたてNISAを始めようとしたは良いものの、何を選べば良いか迷いますよね。 長い運用期間がある分、最初に商品をき...
【徹底比較】つみたてNISAとiDeCoはどっちがおすすめ?投資初心者へのおすすめを紹介! つみたてNISAとiDeCo(イデコ)でどっちを選ぼうか迷っている方へ。 結論からいうと、投資初心者がまず始めてみ...