ソシャレン

【2019年5月】ソーシャルレンディングの運用実績をデータ公開!

ソーシャルレンディング投資家の亮平です。

総額1,000万円以上ソーシャルレンディングに投資している自分が、2019年5月の実績を、この記事にてデータ付きで公開します。

 

話題のソーシャルレンディングが気になる反面、「本当に大丈夫?」と投資実績が気になりますよね。

なのでソーシャルレンディング投資家の僕が投資している基準と、実際に投資して得た利回りや感じた事を、丁寧にまとめておきます。

これから始めたい方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

  • 2019年5月の新規投資額:580万円
  • 投資総額1,000万円の内訳(ポートフォリオ)
  • 運用実績を踏まえてのおすすめの業者

 

\イチ押しは上場企業に投資のFunds!/

Funds

▼ソーシャルレンディングの基礎知識▼

【元銀行員が解説】ソーシャルレンディングとは?ブログで始め方を徹底解説! 「話題のソーシャルレンディングについて知りたいけど、よく分からない…」という方向けに、基礎知識を丁寧にまとめました。 ...

2019年5月のソーシャルレンディング新規投資実績

事業者投資額期間利回り
Funds100万12ヶ月4.5%
CREAL100万8ヶ月4.5%
FANTAS
funding
100万6ヶ月8.0%
50万4ヶ月5.5%
Jointoα50万6ヶ月4.0%
LC
レンディング
180万3ヶ月5.0%
合計・
単純平均
580万6.5ヶ月5.25%

今月は過去最高額の580万円を投資しました。

ソーシャルレンディングの匿名化解除の動きが各事業者で行われてましたが、おおよその方向性がそれぞれ出たので、自分も投資先を判断して多額を投じました。

 

①【Funds】イントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1

大人気のFundsの新規案件に100万投資。

株式会社イントランス(東証マザーズ上場)の子会社がファンド組成企業で、イントランス社が手掛ける古民家宿泊事業が出資対象ですね。

開始33秒で満額、勢いが半端ないですね。

中国からのインバウンド旅行者が主な狙いという事で、需要が今後続くか懸念があったんですが、期間12ヶ月という点を考えて投資しました。

>>【無料登録】Fundsを試してみる

【インタビュー】Funds(ファンズ)の立ち上げ秘話と魅力を、藤田社長に徹底取材!【4,500文字】ソーシャルレンディング投資家の亮平です! いま話題の『Funds(ファンズ)』へ、インタビューしてきました。 「Fund...

 

②【CREAL】スカイコート高田馬場第3

続いてCREALのワンルームマンション案件に100万投資。

CREALの中では比較的想定利回りが高いので人気も高かったと思います。

 

CREALは今月、もう一つ別の案件にも投資したかったんですが、クリック競争に負けました。

そろそろCREALならではの大型案件も来て欲しいですね。

>>【無料登録】CREALを試してみる

【5,400文字】CREAL(クリアル)の立ち上げ秘話と魅力、今後の展開を横田社長に取材インタビュー!ソーシャルレンディング投資家の亮平です! 不動産投資型クラウドファンディングの『CREAL(クリアル)』へ、インタビューしてきまし...

 

③【FANTAS funding】FANTAS repro(空き家再生) PJ 第18号

FANTAS fundingは利回りの高い空き家案件にまず100万投資しました。

ワンルーム案件の方が徐々に利回りが下がってきていますが、空き家は想定利回り年8%のままですね。

募集金額が小さいのでクリック競争はなかなか大変です。

 

④【FANTAS funding】FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第26号

FANTAS fundingは同時募集してくれるので、複数の案件にも投資しやすいですね。

先ほどの空き家案件に投資した後、まだ募集していたこちらの物件にも50万投資しました。

クリック競争をできるだけ避けたい方はFANTAS fundingは割と良いと思います。

>>【無料登録】FANTAS fundingを試してみる

【4,800文字】FANTAS fundingに取材インタビュー|空き家再生PJの裏側、今後の展開など網羅ソーシャルレンディング投資家の亮平です。 不動産投資型クラウドファンディングの『FANTAS funding』へ、インタビューして...

 

⑤【Jointoα】アルファアセットファンド京都祇園 匿名組合

初めて利用した事業者、東証一部上場企業の穴吹興産の不動産クラウドファンディング「Jointoα」です。

東証一部というパワーワードに惹かれ、第一号案件に50万円してみました。

具体的な運営はこれからなのでまだ様子見ですが、貴重な上場企業運営なので期待したいですね。

 

⑥【LCレンディング】LCGF592号 3か月運用型

ついにLCレンディングに初投資しました。

今まであまり投資対象の中身が見えずに避けていたんですが、JASDAQ上場企業のLCホールディングスの保証付の信頼性を選んで投資してみようと。

 

とりあえず3ヶ月の短期で運用してみて、その後また様子見するつもりです。

クリック競争が無いのは良いですね、再投資しやすいので上手く複利で回していけたら面白いと思います。

>>【無料登録】LCレンディングを試してみる

 

⑦投資できなかった・投資しなかった案件

新しく出てきて注目を集めてる不動産クラウドファンディングのLANDNET Fundingに申込しましたが、見事落選しました。

実はセミナーまで行ってたんですが…残念です。

ただサービス的には結構信頼度高いと思いますし、利回りもなかなかなので次の案件にも投資したいですね。

 

また、既存の利用事業者で投資しなかったのは、OwnersBookやSBIソーシャルレンディングなどソーシャルレンディングなど大手のソーシャルレンディング業者ですね。

OwnersBookは案件自体がやや微妙になってきたのと期間が12ヶ月以内の案件が出ない事、SBIソーシャルレンディングは匿名化の対応が微妙だったので様子見しています。

しばらくはFundsや不動産クラウドファンディング系をメインに利用する事になりそうですね。

(ただ事業者ごとでもう少し分散投資もしたいので、他の事業者も随時チェックします)

 

2019年5月のソーシャルレンディング運用実績

①業者別投資総額と利回り

 元本
(前月比)
利回り
OwnersBook10万 4.0%
クラウドクレジット10万9.8%
LENDEX10万9.00%
クラウドバンク5万6.4%
SBIソーシャルレンディング3万 3.2~4.7%
Funds
(台東区XEBEC)
60万4.3~5.0%
Funds
(世田谷区MIJAS)
100万5.0%
Funds
(イントランス)
100万
(+100)
4.5%
CREAL230万
(+100)
4.0~4.2%
FANTAS
funding
250万
(+150)
8.0%
Jointoα50万
(+50)
4.0%
LC
レンディング
180万
(+180)
5.0%
合計
単純平均
1,008万5.2%

というわけで、今月総投資額が1,000万をこえました。

業者の分散はだいぶできてきましたね、ただ案件数がどれもまだ限られているので、今後は案件ごとの投資額をもう少し分散していきたいです。

 

利回りの単純平均も年5.2%とまずまずですね。

年5%は維持していきたいなと思っています。

 

②業者別投資額ポートフォリオ

投資額1,000万円のポートフォリオが上記ですね。

Funds、CREAL、Fantas fundingで75%を占めているのでだいぶ集中投資になっています。

 

Fundsはファンド組成企業ごとに分散できているので、CREALとFantas fundingの不動産クラウドファンディング2社の比率をもう少し減らしたいですね。

既存のソーシャルレンディング業者にもう少し分散したいんですが、今のところ微妙なんですよね。

ただこのままだと不動産系の案件にも偏ってしまうので、調整をしていく予定です。

 

また今後としては、Funds、CREAL、Fantas fundingにクラウドクレジットを入れた4社に、現時点では進んで投資を考えています。

(クラウドクレジットは匿名化が解除された時点で追加資金を入れる予定です)

おすすめのソーシャルレンディング事業者も以下の記事で一新しているので、参考にして下さい。

【2019年】元銀行員がおすすめのソーシャルレンディングを徹底比較! ソーシャルレンディング投資家の亮平です! ソーシャルレンディング事業者を念入りに調べて投資している自分が、おすすめ...

 

③案件別投資額ポートフォリオ

案件別のポートフォリオは上記になります。

LCレンディングとFundsについては、社債というくくりでまとめました。

 

不動産クラウドファンディングへの比重がやはり大きくなっているので、ソシャレン業者とクラウドクレジット(海外業者)の比率がそれぞれ10%くらいになるようにしたいですね。

このあたりは今後の案件を様子見ながら、調整していくつもりです。

 

④期間別ポートフォリオ

投資期間は現状、12ヶ月以内の案件のみに投資するようにしています。

やはり短期間の案件を選ぶだけで、投資リスクはグッと抑えられますからね。

 

ただその点で期間が長めのOwnersBookへの投資がしづらくなっていますが…。

クラウドクレジットも比較的長めなので、どうしようか少し悩みどころです。

いずれにせよ、基本的には12ヶ月以内の案件を引き続き選んでいきます。

 

2019年5月のソーシャルレンディング分配金の実績

 当月分配金累計分配金
OwnersBook0円2,964円
クラウドクレジット0円0円
LENDEX589円4,415円
クラウドバンク13円1,593円
SBISL72円397円
Funds
(台東区XEBEC)
818円818円
Funds
(世田谷区MIJAS)
0円0円
Funds
(イントランス)
0円0円
CREAL0円0円
FANTAS
funding
0円0円
Jointoα0円0円
LC
レンディング
0円0円
合計
単純平均
1,492円10,259円

クラウドクレジットは投資終了後にまとめて分配金をもらうので、毎月の分配金はゼロです。

OwnersBookは3ヶ月に一度(1・4・7・10月)、分配されるスケジュールです。

4月から投資額をかなり増やしたので、まだ足元の分配金は少なめです。

2019年4月から投資額を増やしたので、来月からはだいぶ増えてくると思います。

楽しみに待っておきましょう。

 

運用実績を踏まえた、今後のソーシャルレンディング投資予定先

  • Funds、CREAL、Fantas fundingをメインに使う予定は変わらず
  • ただし事業者への分散投資を考えたいので、既存のソシャレン業者も見ていく
  • ランドネットやJointoαなど、新規の不動産クラウドファンディング業者もチェック

現状のポートフォリオは、事業者がだいぶ集中しているので正直満足はしていないです。

不動産業系以外のソーシャルレンディング業者にもう少し分散できるようになると良いですね。

 

海外系だとやはりクラウドクレジットを利用する事になると思います。

OwnersBook、SBIソーシャルレンディング、クラウドバンクあたりの既存の大手ソーシャルレンディング業者にはもう少し頑張って欲しいですね。

 

これからソーシャルレンディングを始めてみたいという方は、とりあえずFunds、CREAL、Fantas fundingあたりから利用すると良いですよ。

僕も積極的に使っていくので、ぜひ試してみて下さい。

>>【無料登録】Fundsを試してみる

>>【無料登録】CREALを試してみる

>>【無料登録】FANTAS fundingを試してみる

 

\イチ押しは上場企業に投資のFunds!/

Funds

▼Fundsの詳細はこちら▼

【元銀行員が解説】Funds(ファンズ)の評判・メリット・デメリット|貸付ファンドのオンラインマーケット! ソーシャルレンディング投資家の亮平です! 話題の貸付ファンドのオンラインマーケット、『Funds(ファンズ)』につ...

▼おすすめのソシャレン比較!▼

【2019年】元銀行員がおすすめのソーシャルレンディングを徹底比較! ソーシャルレンディング投資家の亮平です! ソーシャルレンディング事業者を念入りに調べて投資している自分が、おすすめ...
【4コマ】ウェルスナビに100万円投資したら…