【2018年】元銀行員がおすすめのソーシャルレンディングを徹底比較!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)スポンサーの起業家、ふっさん様です!
ペンタごん
おすすめのソーシャルレンディングが知りたい!
亮平
どこよりも丁寧に比較するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

ソーシャルレンディングを調べ尽くした上で6社に投資している自分が、 おすすめを徹底比較 します。

 

2018年になり、注目度がより増してきたソーシャルレンディングですが、「ぶっちゃけどこが良いの?」と気になりますよね。

自分もかなり調べてから投資先を選んでいったので、ぜひ参考にして下さい。

ユーザー目線で、自信をもっておすすめできるソーシャルレンディングを紹介します!

▶この記事でわかる事

\迷ったらOwnersBookでOK!/OwnersBook

0.ソーシャルレンディングとは?

ペンタごん
そもそもソーシャルレンディングってなに?
亮平
『ネットでお金を貸し借りする仕組み』だね

 ソーシャルレンディングは、お金の貸したい人と借りたい人のマッチングサイト だと思って下さい。

日本ではまだあまり聞き慣れないですが、欧米ではすでに注目の投資運用として拡大が続いています。

ポイントとしては、銀行を通さずに自分たちでお金の貸し借りができるんですね。

 

ソーシャルレンディング事業者が間に入って、ネット上でお金を貸したい人と借りたい人をマッチングしてくれます。

 貸し手は、金利をもらえるのがメリット で、あなたもお金を貸す事で資産運用ができる、というわけです。

 

ソーシャルレンディングは年5~10%の金利収入も珍しくないので、10万円投資していれば5~10,000円の儲けが狙えるんですね。

銀行預金よりずっと大きな投資リターンが期待できるのが人気を呼んでいます。

ソーシャルレンディングは、『投資型クラウドファンディング』とも言われます。

この機会に覚えておきましょう。

1.2018年、なぜソーシャルレンディングの比較が必要?

ペンタごん
ソーシャルレンディングの比較ってなんで必要?
亮平
知っておくべきポイントが増えてるからだよ

近年、ソーシャルレンディング業者は市場の拡大とともに、さらに増えつつあります。

ユーザーから見ると、「どれがいいの?」と迷う事が多くなってしまいますね。

 

また2018年に入って、最大手のmaneoが行政処分を受けたりと、今年知っておくべきポイントが増えています。

なので最新の情報をもとに、チェックしておく必要がありますね。

知識をアップデートしながら、いまもっともおすすめのソーシャルレンディングを知っておきましょう。

 

2.【前提】おすすめソーシャルレンディングの比較ポイント

▶比較ポイント
  1. 最低投資額:いくらから始められるか
  2. 予想利回り:平均的な利回りは年率どのくらいか
  3. リスク度:高・中・低の3段階を個人的に判断
  4. 使いやすさ:サイトの使い勝手はどうか
亮平
この4つで比較するね
ペンタごん
分かりやすい!

各ソーシャルレンディングの比較ポイントは、上記の4つで行います。

実際に投資するユーザーにとって、気になる点をまとめました。

 

また比較ポイントと一緒に、自分が色々調べた上でのコメントも載せておきます。

ぜひ、投資を考える上での参考にして下さい。

 

3.おすすめソーシャルレンディングを徹底比較!

①OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook
  1. 最低投資額:1万円
  2. 予想利回り:5~6%
  3. リスク度:『低』
  4. 使いやすさ:かなり使いやすい
亮平
迷ったらOwnersBookで間違いね

まず一番おすすめしたいのが、OwnersBookです。

1万円から始められて、利回りもそこそこ良く、サイトの使い勝手もかなり良いので全体的に高評価です。

 

そして何より注目なのが、 低リスクで運用できる 点です。

OwnersBookはソーシャルレンディング界では貴重な上場企業の運営であり、さらに全案件に不動産担保がついています。

投資先を検討する上で、もっとも大事なのはリスクを抑える事なので、OwnersBookはまず1社目に使って欲しいですね。

>>【無料登録】OwnersBookを試してみる

 

②Crowd Bank(クラウドバンク)

クラウドバンク
  1. 最低投資額:1万円
  2. 予想利回り:6.78%
  3. リスク度:『中』
  4. 使いやすさ:使いやすい
亮平
2社目にはクラウドバンクが良いよ!

続いておすすめなのが、老舗のクラウドバンク

こちらも1万円からでOKで、利回りが少し高めな上に使いやすいので、バランスが良いですね。

 

ただクラウドバンクは、OwnersBookのような上場企業運営では無いので、事業者リスクが少し心配です。

過去に一度、行政処分を受けた経歴もありますが、今は特段問題は無さそうです。

 

また先ほどのOwnersBookはかなり人気が高く、募集もすぐ埋まってしまうので、なかなか投資がしづらいです。

そんな時には、こちらのクラウドバンクを使ってみて下さい。

>>【無料登録】クラウドバンクを試してみる

 

③Crowdcredit(クラウドクレジット)

クラウドクレジット
  1. 最低投資額:1万円
  2. 予想利回り:5.9~12.2%
  3. リスク度:『高』
  4. 使いやすさ:使いやすい
亮平
高利回り狙いならクラウドクレジット!

もっと高い利回りを希望の方には、クラウドクレジットが良いでしょう。

年10%前後の案件もあり、ハイリターンを狙えますよ。

 

ただ利回りが高い分、リスクも高くなるので気を付けましょう。

一点集中するよりは、他のソーシャルレンディングとの分散投資をおすすめします。

>>【無料登録】クラウドクレジットを試してみる

 

④LENDEX(レンデックス)

LENDEX
  1. 最低投資額:2万円
  2. 予想利回り:8~10%
  3. リスク度:『中』
  4. 使いやすさ:使いやすい
亮平
短期投資なら、LENDEXだね

短い期間で投資したいなら、LENDEXが良いですよ。

半年~1年と短めの案件も多いのが特徴ですね。

 

まだ2017年にできたばかりで、高利回りな分リスクが気になりますが、短期投資なのでリスク度は『中』にしました。

長期間の運用はあんまり…という方は、ぜひ使ってみて下さい。

>>【無料登録】LENDEXを試してみる

 

⑤SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング
  1. 最低投資額:1万円
  2. 予想利回り:3.2~10%
  3. リスク度:『低』
  4. 使いやすさ:使いづらい
亮平
SBIソーシャルレンディングはあんまりおすすめできないかな

気になる方も多いと思うのが、SBIソーシャルレンディング

大手金融のSBIグループ運営と安心なので、リスク度は『低』と考えています。

 

ただ、大きなネックとしては非常に使いづらいです。

サイトの使い勝手がびっくりするほど良くないんですよね。

初心者には分かりづらい商品説明も見られるので、正直あまりおすすめできないですね…。

>>【無料登録】SBIソーシャルレンディングを試してみる

 

⑥【要検討】maneo(マネオ)

maneo
  1. 最低投資額:2万円
  2. 予想利回り:5.0~8.0%
  3. リスク度:『高』
  4. 使いやすさ:使いづらい

※2018年7月に行政処分を受けている

最後に、ソーシャルレンディング最大手のmaneo

本来であればもっと上位で紹介するのですが、2018年7月に行政処分を受けたばかりなので、『要検討』としました。

 

利回りもそこまでですし、サイトも使いづらいのでこちらもおすすめはしていません。

maneoについては、今後の業務改善に期待ですね。

>>【無料登録】maneoを試してみる

 

4.【2018年】おすすめソーシャルレンディングの徹底比較まとめ

ペンタごん
おすすめがよくわかったよ!
亮平
さっそく始めてみよう!

いかがだったでしょう?

迷ったらまず、最初に紹介したOwnersBookから始めておけばOKです。

 

ソーシャルレンディングは、少額から気軽に始められるのがメリットですよ。

気になったサービスから、まずは試してみましょう!

>>OwnersBookをもう一度見る

>>クラウドバンクをもう一度見る

>>クラウドクレジットをもう一度見る

>>LENDEXをもう一度見る

 

\迷ったらOwnersBookでOK!/OwnersBook

▼投資実績をデータ付きで紹介してます▼

【4コマ漫画】ウェルスナビに100万投資したら…

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)外貨預金はGMOあおぞらネット銀行
【外貨預金】GMOあおぞらネット銀行