【資産運用おすすめ本まとめ】元銀行員が初心者向けに厳選紹介!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)人生初の電子書籍を出版しました!
ペンタごん
資産運用のおすすめ本が知りたいな 
亮平
僕が厳選して紹介するよ!

「資産運用を始めたいけど、勉強のために本が読みたい…」

そんなあなたへ、資産運用のおすすめ本を厳選して紹介しますね。

銀行員の頃から投資系の本は何十冊も読んできているので、特に良かった本をチョイスしていきます。

初心者の方にもおすすめの本を選んでいますので、ぜひご参考にどうぞ!

 

1.初心者におすすめ!資産運用の入門書

①新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

亮平
初めて読んだ時は、衝撃だった本だね 

資産形成=(収入ー支出)+(資産×運用利回り) 

資産運用を学ぶ上で、まず実際のノウハウの前にぜひ読んで欲しい本です。

以前からずっと人気で、新版となりまた好評なのが話題になってますね。

 

僕も初めて読んだのはもう5年近く前ですが、何度も何度も読み返しています。

著書の最初には、上記の方程式が説明され、お金持ちになるには次の3つの方法しかないと続きます。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 運用利回りを上げる

とにかく、分かりやすさが素晴らしいですね。

資産運用について「???」な人が読んでも、スラスラ進めると思いますよ。

僕が資産運用の本をたくさん読んできたなかで、一番最初におすすめしたい本です。

 

②はじめての人のための3000円投資生活/横山光昭

亮平
ベストセラーになった本だね

みなさん、お金の不安をなくしたいと思ってます。

しかし、ずっと節約し続けるのは辛い。

急に収入を上げることも難しい。

でも、毎月3000円を投資に使い、貯金と投資を始めてみる。それだけで、あなたの夢はかないます。

続いて、投資の入門書として大きく話題になった本です。

この本を読むと、リスクが低く、安定してお金を増やせる投資方法が分かります。

 

書店では発売以来、この本はベストセラーとして紹介されていましたが、

誰でも始めやすい投資の仕方を書いているのが人気の理由なんだと思います。

 

『投資運用本』と聞くと精神論ばかりで具体性がない本も多いですが、この本はかなり現実的に運用の始め方を紹介してくれます。

月3000円と少額から始められる実用的な方法が分かる、良本ですよ!

 

③マンガでわかるお金の教科書 インベスターZ ビジネス書版 vol.1

亮平
マンガで読みたい人には、これもおすすめだよ

「投資に勉強なんて必要ない」

「投資に勉強はいらないってそんな無茶な…なにも知らないで100億もどうやって運用するんですか?」

「じゃあ勉強って何を学ぶ気だ。そんなことをしているうちに一年なんてあっという間だ。投資は習うより慣れろ。つべこべいわずパソコンの前に座れ」

次に紹介するのが、『インベスターZ』。

『ドラゴン桜』の作者が書いた、マネーマンガのビジネス書Ver.ですね。

(本書121ページより)

マンガならサクサク読めて、楽しく学ぶ事ができますね。

投資の基礎知識が分かりやすく紹介されているので、おすすめですよ。

 

2.仮想通貨投資の資産運用おすすめ本

④いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン|大塚 雄介

亮平
仮想通貨投資の入門書にピッタリだね

ビットコインって何なの?

コピーや改ざんされる心配はないの?

ブロックチェーンってどんな技術?

これでわからなければ、ごめんなさい!

「仮想通貨の基礎知識が分かる一冊が読みたい」、という方へおすすめの本です。

一言で言って、ものすごく分かりやすいです。

 

やっぱりどうしても、仮想通貨(ビットコイン)の仕組みや構造ってなかなかイメージしづらくて、分かりづらい部分が多いんですね。

どれだけ丁寧に、イチから順番に解説してくれるかが大事だと思っています。

この本は、目次を見ただけでも明快な分かりやすさが伝わってきます。

  1. ビットコインって何なの?
  2. ビットコインの仕組みはどうなっているの?
  3. ビットコインの安全性や法整備はどうなっているの?
  4. 仮想通貨とブロックチェーンはどこまで広がるの?
  5. フィンテックが実現する未来とは?

(本書5ページより)

『ビットコイン→ブロックチェーン→フィンテック(ファインシャルテクノロジー)』徐々に枠組みを広げて教えてくれるので、とても理解がしやすいですね。

口コミや評判も、かなり良いですよ。

「仮想通貨投資をこれからやりたい!」という人はまずこちらをどうぞ。

自信をもっておすすめできる一冊です。

【やさしい仮想通貨の始め方】取引所の口座開設~ビットコインの買い方

2017.12.16

 

⑤ビットコイン投資やってみました! |たまきちひろ/大塚雄介

亮平
マンガで分かりやすく知りたい人へはこちら!

コミックエッセイ

投資ビギナー、おひとりさまの私にもここまでできた!?

仮想通貨ってなんか難しそう…マンガで教えて」という人へ。

こちらも先ほどのコインチェック大塚さんが監修をされていますが、より噛み砕いて、分かりやすく説明するためにマンガ形式になったんだと思います。

マンガはやっぱり良いですね、サクサク読めます。

(本書27ページより)

「マンガだから読みやすい!」という口コミや評判がやっぱり多いですね。

楽しくスラスラと読めていけると思います。

この本のもう一つの特徴は、仮想通貨を取り巻く流れが2016年から時系列で理解できる事です。

著者の方がどうやって大金を掴んだのか、その一喜一憂のイベントが題材になっています。

 

いつどんな通貨が出来たのかや、暴騰暴落の出来事なども。

なので、仮想通貨の歴史や流れを学びたい方にも、是非おすすめですよ。

 

3.ロボアドバイザーの資産運用おすすめ本

⑥ロボアドバイザー投資1年目の教科書

亮平
ロボアドバイザーの教科書だね!

低リスク、ほったらかしで“全自動”でお金が増える!!

さて、次に話題のロボアドバイザーのおすすめ本を紹介します。

「ロボアドバイザーってなに?」という方は、ぜひ入門書としてこちらを読んで下さい。

 

一言でいって、めちゃくちゃ分かりやすいですよ。

ロボアドバイザーの基礎知識から、大手サービスをずらっと比較しておすすめを教えてくれます。

僕も何度も読み返して、ロボアドバイザーの知識を身につけました。

 

ロボアドバイザーはまさに、『新時代の資産運用』と言われており、これからさらに注目が増していくでしょう。

ぜひ、この本で勉強してみて下さい!

【徹底解説】WealthNavi(ウェルスナビ)のキャンペーンとメリット・評判!

2017.11.02

 

4.ソーシャルレンディング(クラウドファンディング)の資産運用おすすめ本

⑦クラウドファンディングではじめる1万円投資

亮平
ソーシャルレンディングの本も読んで置こう!

年利5%。自分が共感できる企業・プロジェクトへの投資

最後に、注目のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)のおすすめ本を紹介しますね。

ソーシャルレンディングとは、ざっくりいうと『ネットを通じて、お金の貸し借りをする仕組み』だと思って下さい。

 

日本ではまだあまり聞き慣れないですが、欧米ではすでに注目の投資運用として拡大が続いています。

大きなポイントとしては、『銀行を通さない』でお金の貸し借りができるんですね。

ソーシャルレンディング事業者が間に入って、ネット上でお金を貸したい人と借りたい人のマッチングを行っています。

 

事業者と匿名組合契約を結んだ貸し手は、金利収入をもらえるのがメリットですね。

なのであなたのようないち個人も、お金を貸す事で投資運用ができる、というわけです。

 

後ほどメリットでまた話しますが、ソーシャルレンディングは年5~10%の金利収入も珍しくありません。

銀行預金よりずっと大きな投資リターンが期待できるのが人気を呼んでいます。

月1万円から始められるものもあるので、手軽でおすすめですよ!

【超まとめ】OwnersBook(オーナーズブック)の評判と口コミを元銀行員が解説!

2018.04.04

 

5.初心者に最適!資産運用のおすすめ本まとめ

亮平
資産運用本に関して特におすすめな本を厳選したよ
ペンタごん
ありがとう!さっそく読んでみるよ

いかがだったでしょう。

「資産運用ってどうやれば…」という悩みは、これらの本で簡単に解決できますよ。

どれも非常に分かりやすく、参考になる本ばかりです。

 

投資初心者の方も、「これなら始められそう!」と思ってもらえると思います。

資産運用について学んでいく為に、まずこの記事で紹介した本から読んでみましょう!

 

おすすめの資産運用を始めていきましょう▼

あわせて読みたい

⇒【2018年版】おすすめの資産運用を元銀行員が解説!初心者は10万円から始めよう

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!