【実体験】生活費の削減(節約)まとめ|固定費を減らすコツを徹底解説!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)スポンサーの起業家、ふっさん様です!
ペンタごん
楽して節約できる方法は無いかな…
亮平
固定費の削減が大事だよ!

節約ブロガーの亮平です。

「とにかく楽して節約したい…」という方へ、生活費の削減方法をまとめて紹介しますね。

結論から言うと、まずは固定費を減らす事を最優先で考えましょう。

たとえば携帯代で言うと、格安SIMに変えるだけで【月1万円⇒5,000円】にまで削減できますよ。

 

今回は僕が実際に体験した中で、本当におすすめできる節約方法を厳選してお伝えしますね。

一度やるだけで、その後はずっとコスト削減できるので、ぜひ試してみて下さい!

0.生活費の削減(節約)には、固定費を減らすのが最優先!

ペンタごん
固定費って聞いた事あるけど何だっけ?
亮平
毎月かかってくるコストだと思ってね
  • 固定費:毎月かならず支払っているコスト

家賃・携帯代・電気代・水道代・車代など…

  • 変動費:その月によって変わりやすいコスト

食費・日用品代・交際費・趣味代など…

生活における固定費とは、毎月かならず支払っているコストだと思って下さい。

家賃や携帯代、電気代など…ほぼ同じ費用をあなたもその月ごとに払っているでしょう。

 

生活費の削減(節約)には、この固定費を抑える事が何より大事です。

なぜかというと、 固定費は一度下げてしまえば、その後はずっと楽に節約できる んですね。

 

逆に変動費を抑えようとすると、食費を削ったりで精神的にもあまり良くない事が多いのです。

同じように「1円でも安いスーパーへ行こう!」などを実践していると、たいてい疲れてきますからね。

 

では、固定費を減らすための具体的な方法をお話しますね。

どれもまったく難しくはないので、気になったら詳細な記事に飛んで読んでみて下さい。

 

1.生活費の削減:①スマホ(携帯)代の節約で固定費を減らす

ペンタごん
スマホ代って高すぎる!
亮平
すぐに格安SIMに乗り換えよう!

まずはコスト的にも大きな効果があって取り組みやすいのが、スマホ代の節約です。

あなたも聞いた事あると思いますが、格安SIMに乗り換えるだけで半額程度にコスト削減できますよ。

僕も以前までは1万円近く毎月払っていましたが、LINEモバイルに変えた事で今は月4,800円にまで下がりました。

さらに携帯代も払い終わったので、今後は1,900円のみですね。

格安SIMに変えようか悩んでいた方も、ぜひこの機会にチャレンジしてみましょう!

 

2.生活費の削減:②電気代の節約で固定費を減らす

ペンタごん
電気代も節約できるの?
亮平
今は電力会社が自由に選べるんだよ

2016年からの「電力自由化」にて、今は多くの電力会社の中から選べるようになりました。

電力会社を乗り換える事で、今より電気代が安くなる可能性がありますよ。

住んでいるエリアや電気の使用量にもよりますが、年間3,000円程度はオトクにする事も可能です。

電気をこまめに消す節約より、こちらの方が手間もかかりませんしおすすめですよ。

まだやった事ない方は、さっそく試してみましょう!

 

3.生活費の削減:③車代の節約で固定費を減らす

ペンタごん
車代も本当バカにならないよな~
亮平
最近はカーシェアも普及したね!

車に50年乗ると4,000万円ほどかかるというデータは知っていますか?

車両代やガソリン代、駐車場代や税金など…本当にさまざまなコストがかさみますよね。

話題のカーシェアリングでは、基本的に乗った分だけの料金のみ払えばOKです。

最大手のタイムズカープラスでは、15分で206円と非常にシンプルな料金体系ですね。

僕も毎週乗るほど愛用しているので、ぜひ試してみて下さい!

 

4.生活費の削減:④ポケットWifi代の節約で固定費を減らす

ペンタごん
ポケットWi-Fiも地味にお金がかかる!
亮平
レンタルWi-Fiを知っておこう

レンタルWi-Fiを知っていますか?

あまり知られていませんが、違約金無しのユーザーにとってはありがたいポケットWi-Fiです。

レンタルWi-Fiで一番おすすめのSPACE Wi-Fi

僕もSPACE Wi-Fiを愛用していますが、月額3,680円のみで他はいっさいかかりません。

さらに初期費用や契約手数料、解約手数料もゼロで2年間の縛りなども無いので違約金もかかりませんよ。

料金体系も非常にシンプルなので、ぜひチェックしてみて下さい!

 

5.生活費の削減:⑤ATMの手数料も節約して固定費を減らす

ペンタごん
ATMの手数料も避けたい!
亮平
住信SBIネット銀行を使おう!

ATMや振込の手数料を減らすには、ネット銀行が良いと聞いた事がありませんか?

そんな中でも住信SBIネット銀行は非常に優秀ですよ。

ATM出金他行宛振込
GMOあおぞらネット銀行2回まで無料
(セブン銀行のみ)
1回まで無料
ソニー銀行4回まで無料
(セブン銀行とイオン銀行は何度でも無料)
1~11回まで無料
新生銀行108円 / 回
(新生スタンダード)
1~10回まで無料
住信SBIネット銀行2~15回まで無料
(セブン・ローソン・ファミマなどでOK)
1~15回まで無料

上記の表で、人気のネット銀行をまとめましたが、住信SBIネット銀行の良さが分かりますね。

僕も10年愛用しているので、自信をもっておすすめできますよ。

ネットからの無料登録で完了するので、さっそく口座開設してみましょう。

 

6.生活費を削減(節約)できたら、家計簿アプリも試してみよう

ペンタごん
家計簿アプリって何がおすすめ?
亮平
大人気のマネーフォワードが良いね

最後に、コスト削減を記録できる家計簿アプリを試してみましょう。

僕もいろいろと試しましたが、大人気のマネーフォワードが一番おすすめですね。

複数の銀行口座やクレジットカードと連携できて、食費や光熱費などのカテゴリも自動で分けてグラフ化してくれます。

無料でも十分使えるので、ぜひ試してみて下さい!

 

7.【実体験】生活費の削減(節約)まとめ|固定費を減らすコツを徹底解説!

ペンタごん
これなら僕にも節約できそう!
亮平
どれも実体験からおすすめできるよ!

いかがだったでしょう。

生活費の削減(節約)方法は、一度手続きするだけで、あとはずっとおトクになりますよ。

 

今回紹介したものを実践すれば、あなたも固定費を減らす事が出来るでしょう。

この機会にさっそく、試してみて下さい!

>>スマホ代の節約をもう一度見る

>>電気代の節約をもう一度見る

>>車代の節約をもう一度見る

>>ポケットWi-Fi代の節約をもう一度見る

>>ATM手数料の節約をもう一度見る

>>家計簿アプリをもう一度見る

 

▼節約の次は資産運用にチャレンジ!▼

【4コマ漫画】ウェルスナビに100万投資したら…

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)お金を貸せるソーシャルレンディング!
OwnersBook