【ウェルスナビの損失対策】暴落時の対応方法は?運用実績とあわせて検証する

2019年2月20日追記:ウェルスナビがプラスに回復しました。

結論から言って、暴落対応としてコツコツ積立がおすすめです。

元銀行員ブロガーの亮平です。

2018年12月、人気ロボバイザーであるウェルスナビが暴落しました。

2018年12月24日時点

僕の運用実績だと、円ベースでは9.9%のマイナスです。

ロボバイザーは一度運用を始めればほったらかしでOKな分、マイナスが出ると「本当にこのまま運用していて良いのか…」と不安になりますよね。

なので、この記事で実際に自分が考えた対策をまとめて紹介します!

当ブログ『BANK ACADEMY』は、ウェルスナビとタイアップキャンペーン中です!

以下からお申込み頂くと、通常のキャンペーンといっしょにタイアップ特典もつくのでお得ですよ!

 

\限定のタイアップ特典あり!/

1.ウェルスナビで損失。運用実績を検証

2018~元手(万円)実績損益利回り
4/1100
4/301001,006,767+6,7670.6%
5/311001,003,289+3,2890.3%
6/301031,037,141+7,1410.7%
7/311061,102,466+42,4664.0%
8/311091,121,701+31,7012.9%
9/301121,170,408+50,4084.5%
10/311151,135,360▲14,640▲1.3%
11/301181,183,914+3,9140.3%
12/311211,100,809▲109,191▲9.0%
2019~ 
1/311241,207,733▲32,267▲2.6%
2/281271,280,294+10,294+0.8%
3/311301,321,591+21,591+1.7%
スマホからは横にスクロールして下さい。

6月からは月3万円積立しているので、元手が徐々に増えてます。

追記:2018年12月24日時点で大きくマイナスになりましたが、2019年2月20日にはプラス回復し、今は右肩上がりです

僕は2018年4月から運用を始め、運用実績を月次で管理しています。

上記の通り、2018年12月での暴落が顕著にあらわれていますね。

ポートフォリオ(2018年12月24日時点)

今までは米国株が大幅にプラスだったので、トータルでも結構利益が出ていたんですが、今はNYダウ(日経平均株価の米国版と思って下さい)の暴落にもある通り厳しい状況ですね…。

日経平均も急落しており、株式市場自体も悪い流れとなっています。

もちろんウェルスナビだけでなく、他の投資信託などを買っていても、下落は避けられなかったでしょう。

やはり損失が出ている方が後を絶たないようです。

ウェルスナビはFXでは無いのでロスカットはしませんが、不安な方のために過去実績も次に見ていきましょう。

 

2.【参考】ウェルスナビの過去実績は?損失はあったのか

上記が、ウェルスナビがスタートした2016年1月から2018年11月までの過去実績です。

灰色の直線が累積元本(毎月3万円設定)ですが、リスク許容度1~5の設定いずれも元本を上回りプラスになっている事が分かりますね。

この実績を見ると、やはりウェルスナビは凄い…と思うかもしれません。

参考:SBI証券-NYダウ

ただ、同時期でのNYダウの推移を見てみると、同じように右肩上がりが続いていたので、まずもって株式市場が良好だったという見方がどうしてもあるでしょう。

なので現在のように足元で急落し、今後も市場回復の見込みが立たないと仮定した際には、ウェルスナビも同じようにプラスに転じる可能性はしばらく低くなってくるかもしれません。

ウェルスナビのリスク許容度とポートフォリオの変化

また、これは後ほど説明しますが、ウェルスナビのリスク許容度によるポートフォリオは上記のようになっています。

たとえば一番右のリスク許容度『5』にすると、33.7%を米国株(VTI)に投資するので、やはり今回のように米国市場の影響をだいぶ受けてしまうんですね。

 

では、このまま何もしないでほったらかしにしておくのが正解なのか。

対策を考えてみたので、いっしょに見ていきましょう。

 

3.ウェルスナビの損失対策暴落時の対応方法は?

①解約して他の運用に回す

まずは最初に浮かぶ案は、ウェルスナビを解約して、他の運用に回す方法ですね。

ウェルスナビのメリットとして、すぐに全額出金できる点があります。

同じロボバイザーサービスのTHEO(テオ)だと10万円の資金を残さないと出金できないので、その点ウェルスナビは融通が利いて良いですね。

テオの2018年12月24日時点

ちなみにテオも足元では▲3.18%の損失ですね。

ロボバイザーは株や債券などをユーザーの代わりに購入して運用するサービスなので、どれを使っていても下落は避けられなかったでしょう。

 

ただ、ロボアドバイザーは長期運用をあらかじめ想定しているので、すぐに解約するのはもったいないですよ。

株式市場の流れが悪くても、今後回復する見込みはじゅうぶんにあります。

 

②リスク許容度を変える

リスク許容度『1』と『5』の比較

ではウェルスナビでの運用続けるとして、次に出てくる選択肢はリスク許容度の変更ですね。

ウェルスナビはリスク許容度を『1』~『5』に変える事で、ポートフォリオを変化させる事ができます。

ざっくりいうとリスク許容度が上がるにつれ、低リスク低リターンの債券から、比較的ハイリスクハイリターンの株の比重が増えると思って下さい。

僕は今、リスク許容度を『5』にしているのでもう少しリスクを抑えるなら『1』に近づけるという選択肢がありますね。

ただ、僕は米国株への投資を多めにしておきたいので、これも変更はしない方針です。

基本的に、米国企業の成長が今後も続くと考えている為ですが、『2』に設定すると米国債券とのバランスが多くなるので、初心者はリスク許容度『2』がおすすめです。

 

③ウェルスナビの自動積立機能を活用する

最後の選択肢である自動積立が、個人的には最良の選択肢と思っています。

 相場が安い時にコツコツ買っておけば、その分値上がり時に利益が狙いやすくなる からですね。

 

僕も毎月3万円積立をしていますが、やはり相場が大きく動いたときは積立しておいてよかったと思えますよ。

ウェルスナビの積立は1万円からできますので、ぜひ試してみて下さい。

ウェルスナビは積立をすべきか?という疑問を持つ方は多いですが、結論としては相場の上がり下がりでドキドキしてしまう人は積立がおすすめです。

ただし、積立は決して万能ではなく、一方的に上昇する場合は最初に一括で投資した方がリターンは高くなりますよ。

4.【損失から2ヶ月後】ウェルスナビがプラス回復!暴落時の対応方法を改めて検証

▼2019年2月20日追記▼

ウェルスナビの損失から約2ヶ月が経ちましたが、見事にプラス回復してくれました。

一時はどうなる事かと思いましたが、少しずつ戻ってくれましたね。

 

損失時も変わらず、月3万円をコツコツ積立していましたが、やはりこの選択は正しかったと思います。

暴落している時に安く買う、当たり前ですが自分ではなかなか出来ない事ですからね。

これからウェルスナビを始める方も、積立機能をいっしょに使う事をおすすめします。

>>【無料登録】ウェルスナビを試してみる

 

5.まとめ:【ウェルスナビの損失対策】暴落時の対応方法は?運用実績とあわせて検証する

いかがでしょうか。

暴落時にマイナスになると、どうしても慌ててしまいますが、それではウェルスナビ(ロボバイザー)の良さが引き出せません。

いったん仕切り直しで出金してしまう…という決断もアリだと思いますが、長期で運用してこそメリットが発揮されるので。

 

自分の中で選択肢を持っておきながら、冷静に判断するように心がけましょう。

僕は相場変動を気にせずコツコツ積立という選択肢を取っているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

当ブログ『BANK ACADEMY』は、ウェルスナビとタイアップキャンペーン中です!

以下からお申込み頂くと、通常のキャンペーンといっしょにタイアップ特典もつくのでお得ですよ!

 

\限定のタイアップ特典あり!/

▼おすすめのロボアドバイザーを比較!▼


上記3つの中からお好きな方法をクリックしてください。

当ブログ管理人の小林亮平が直接お答えしますので、何でもどうぞ!

【4コマ漫画】ウェルスナビに100万投資したら…

(左)投資初心者はウェルスナビから!(右)上場企業に投資できるFunds!