ロボアドバイザー

投信工房の評判・メリット・デメリット!アドバイス型のおすすめロボアドバイザー!

ペンタごん

アドバイス型でおすすめのロボアドバイザーが知りたいな

亮平

投信工房がおすすめだよ!

元銀行員ブロガーの亮平です。

ロボアドバイザーの『投信工房』について徹底解説していきます。

 

アドバイス型のなかでもおすすめのロボアドバイザーとなっており、メリットも色々とありますよ。

「アドバイス型ってなに?」と思った方も、この記事でいっしょに解説してますのでご参考にどうぞ!

  • 投信工房は、2つ目のロボアドバイザーにおすすめ
  • 年間手数料が平均0.36%とコストが安い
  • リバランスは自動でやってくれる
  • NISAにも対応している
  • 買付は自分で行う必要がある

 

\アドバイス型ならこれ一択!/松井証券

0.そもそもロボアドバイザーとは?投資一任型とアドバイス型を知っておこう

①ロボアドバイザーについて

亮平

ロボットによる、注目の資産運用だよ!

まずは、ロボアドバイザーについて簡単に説明していきますね。

賢い頭脳を持ったロボットが人のかわりに最適な運用を考え、提案してくれるものだと思って下さい。

 

資産運用を自分でやってると、投資判断をまちがえてしまうケースってありますよね。

たとえば一時的な暴落時にあわてて売却した後、やってきた値上がりチャンスを逃してしまった…など。

 

人はどうしても感情に左右されてしまいがちですが、ロボアドバイザーに任せる事で、投資の判断も冷静にやってもらえる…というわけです。

アメリカでは10年ほど前から流行しており、日本でも数年前より注目され始めました。

 

日本のロボアドバイザー市場は物凄い勢いで広がっており、2020年までに5兆円に達するのではと言われています。

それだけ、大きく注目されているサービスなんですね。

【超入門】ロボアドバイザーとは?元銀行員が特徴やメリット、始め方を徹底解説! 「ロボアドバイザーって正直どうなの?」という方に、ロボアドバイザーに関する入門知識を丁寧にまとめました。 ロボアド...

 

②ロボアドバイザーには2種類ある|投資一任型とアドバイス型とは?

亮平

ロボアドバイザーには2種類あるよ

投信工房のサービス理解について大事な知識として、ロボアドバイザーには2種類あります。

それぞれについて、詳しくお話しますね。

  • 『投資一任型』:運用提案から買い付け、リバランス(運用配分の組直し)まですべてやってくれる。全自動なのでその分、手数料もかかる
  •  『アドバイス型』:運用提案までで、買い付けやリバランスは自分で行う。手間が必要な分、手数料は安い

 

②-1 投資一任型(ラップ口座)

亮平

投資をまとめてやってもらえるよ!

まずは 『投資一任型(ラップ口座)』 について。

投資の運用を、ラップのように包んでまとめて依頼する方法だと思って下さい。

ロボアドバイザーは現在、こちらの 『投資一任型』 が主流となっています。

 

最大のメリットとして全部お任せで投資ができるので、忙しい人にもおすすめですね。

手数料は『アドバイス型』に比べて高いですが、それでも年1%程度と、低めに設定されているのも魅力ですよ。

 

②-2 アドバイス型

亮平

アドバイスまでで、運用は自分でやるよ!

もう一つが、『アドバイス型』

ポートフォリオ提案は行ってくれますが、実際の買い付けやリバランスは自分で行う必要があります。

 

『投資一任型』より手数料が低く、NISAも使えるというメリットがありますが、その分手間が増えてしまうというわけですね。

ただしまた後で話しますが、投信工房はリバランスは自動でやってくれるので、投資一任型とアドバイス型の中間に位置していると思って下さい。

【投資一任型とアドバイス型の違いは?】ロボアドバイザーで必須の知識! ロボアドバイザーには 『投資一任型』 と 『アドバイス型』 の2種類があります。 知らずにアドバイス型のロボアドバ...

 

1.投信工房とは?

①投信工房は松井証券が運営する、アドバイス型ロボアドバイザー

ペンタごん

投信工房はアドバイス型って事だね

亮平

うん、大手の松井証券が運営しているよ

投信工房は、大手企業の松井証券が運営しているロボアドバイザーです。

老舗の証券会社による運営がしっかりしていて、安心できるのも良いですね。

アドバイス型では一番人気で高い評価を得ているのが特徴です。

手数料の安さだけでなく使いやすさ、アプリ対応などさまざまなメリットもありますね。

ではサービス内容を一緒に見ていきましょう。

 

②投信工房のサービス内容

  1. 最低投資額:1万円(積立は100円から)
  2. 手数料:平均0.36%
  3. 提供している金融機関:松井証券
亮平

手数料の安さ以外にも魅力があるよ

まずは手数料の安さに注目ですね。

投資一任型の手数料は年1%が目安ですが、投信工房はアドバイス型なので0.36%と半分以下になっています。

また1万円から少額で始められる上、アプリにも対応していますよ。

ちなみに投資先については、国内の投資信託がメイン対象となっていますね。

では、メリットを一つずつ見ていきましょう。

 

2.投信工房のメリット

 

①手数料が安い

亮平

まずはなんといっても手数料の安さが魅力だね

投信工房の一番のメリットは、手数料の安さです。

ウェルスナビ、テオといった投資一任型より安いだけでなく、他のアドバイス型と比べてもコストの低さが分かりますね。

年間手数料
ウェルスナビ1%(3,000万以下)
テオ1%(3,000万以下)
投信工房0.36%
マネラップ1%未満

年率で約0.36%なので、10万円の投資でも年間360円くらいと非常に安いですね。

「できるだけ手数料を下げたい!」という方には、投信工房がおすすめと言えるでしょう。

【ロボアドバイザーの手数料比較】最も安くできる、おすすめのロボアドを紹介! ロボアドバイザーに興味を持った多くの人が、まず浮かぶ疑問は手数料だと思います。 やはり手数料はユーザーにとって大事...

 

②リバランスは自動でやってくれる

亮平

国内初!リバランスは自動のアドバイス型なんだ!

これがもう一つの大きなメリット。

アドバイス型ロボアドバイザーで、自動リバランス機能を導入するのは投信工房が国内初なのです。

 

なので、買い付けだけを手動でやればOKというイメージですね。

これなら手間も減って、楽に管理できて良いですね。

 

③積立は100円からでOK

亮平

積立も100円からでOKだよ

投信工房は、積立のハードルも低いですね。

100円からスタートできて、積立方法も毎日・毎週・毎月と幅広く選べます。

僕も複利効果を狙って、積立をやっているのでおすすめですよ。

 

④NISAにも対応!

亮平

NISAにも対応してるね

ウェルスナビやテオなどと違い、投信工房はNISAにも対応しています。

これで20%かかる税金を、非課税にする事ができるので節税メリットは大きいですね。

通常のNISAだけでなく、つみたてNISAなどにも対応していますよ。

ロボアドバイザーでNISAは使える?利用可能なロボアドバイザーを比較しながら紹介! 「ロボアドバイザーでNISAは使えるかな?」と疑問に思ったあなたへ。 結論からいうと、NISAを使えるロボアドバイ...

 

⑤スマホアプリもあり

投信工房

投信工房

松井証券株式会社無料posted withアプリーチ

亮平

投信工房はアプリもあるよ

ロボアドバイザーでアプリがあるサービスはまだ少ないのですが、投信工房はすでにアプリをリリースしています。

他にアプリがあるロボアドバイザーは、ウェルスナビテオくらいですからね…素晴らしい。

さすが松井証券の運営だけあって、使いやすさも抜群ですね。

 

3.投信工房のデメリット

 

①元本割れのリスクはある

亮平

元本割れのリスクは承知しておこう!

他のロボアドバイザーと同様に投信工房には、もちろん元本割れのリスクがあります。

ポートフォリオの分散投資などでリスク回避を行っておりますが、マイナスになる可能性も頭に入れておきましょう。

 

②買い付けは自分でやる必要がある

亮平

完全に自動にはならないね

投信工房は、ポートフォリオの買い付け自体は自分で行わないといけません。

これはやっぱり結構手間なんですよね。

ロボアド初心者には、完全にお任せでできるウェルスナビなどから始めるのが良いと思います。

>>【無料診断】全自動のウェルスナビ公式ページへ進む

 

③DeTAX機能(自動税金最適化)がない

亮平

これはウェルスナビの機能だね

『DeTAX』は、簡単に言うと税金の負担を軽減(先送り)してくれるサービスです。

含み損が発生している資産を売却する事で、税金の負担を軽くしてくれます。

 

ウェルスナビ代表の柴山CEOによると、このDeTAX機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上の手数料は0.5%程度になるとの事です。

これは素晴らしいですね、他のロボアドバイザーに無い強みと言えるでしょう。

【ロボアドバイザーの税金まとめ】確定申告は必要?特定口座と一般口座の違いもあわせて解説! 元銀行員ブロガーの亮平です! ロボアドバイザーで気になる税金の話について、まとめていきますね。 結論...

 

4.投信工房の評判

ペンタごん

やっぱりウェルスナビやテオと比較したが多いね

亮平

投資一任型に慣れたら、使ってみると良いね

僕のおすすめとしては、初めての人はまず投資一任型のウェルスナビでスタートするのが良いでしょう。

やっぱりすべてをほったらかしでできるのが、ロボアドバイザーの最大の魅力と言えるので。

 

その上で、ロボアド投資に慣れてきたら、アドバイス型の投信工房を使ってみると良いですね。

手数料の低さやNISA対応など、多くのメリットもあるので中級者以上の方はぜひ使ってみて下さい。

 

5.投信工房の評判・メリット・デメリットまとめ

亮平

アドバイス型なら、投信工房で間違いないね!

ペンタごん

メリットがよく分かりました!

いかがだったでしょう?

僕もロボアドバイザーはかなり調べてきましたが、投信工房はアドバイス型の中でおすすめできるサービスです。

 

「コストをとにかく下げたい!」という方にも試してみてほしいですね。

ウェルスナビなどの投資一任型で慣れたら、2つ目のロボアドバイザーとして使ってみましょう!

>>【無料診断】全自動のウェルスナビ公式ページへ進む

 

\アドバイス型ならこれ一択!/松井証券

▼ウェルスナビとテオを細かく比較!▼

【徹底比較】ウェルスナビとテオ(THEO)の共通点と違いをイチから解説! 元銀行員ブロガーの亮平です。 ウェルスナビとテオにそれぞれ100万円投資している自分が、両者を比較していきますね。...

▼ウェルスナビの実績を全公開▼

【2019年】ウェルスナビの運用実績を元銀行員がデータ公開! 2018 元手 (万円) 損益 利回り 4/1 100 - - 4/30 100 ...
【4コマ】ウェルスナビに100万円投資したら…