ロボアドバイザー

【投資一任型とアドバイス型の違いは?】ロボアドバイザーで必須の知識!

ペンタごん

『投資一任型』と『アドバイス型』って何が違うんだろう?

亮平

分かりやすく説明するね!

ロボアドバイザーには 『投資一任型』  『アドバイス型』 の2種類があります。

知らずにアドバイス型のロボアドバイザーを使っていて、運用は自分でやるハメに…なんて方もいる事でしょう。

そうならないよう、投資一任型 とアドバイス型の違いをこの機会に知っておきましょう!

  • 『投資一任型』なら全部おまかせでOK
  • 『アドバイス型』は手数料が安いが、自分で運用しなければいけない
  • NISAが使えるのは現状、『アドバイス型』のみ
  • 投資一任型ならウェルスナビ、アドバイス型なら投信工房がおすすめ!

当ブログ『BANK ACADEMY』は、ウェルスナビとタイアップキャンペーン中です!

以下からお申込み頂くと、通常のキャンペーンといっしょにタイアップ特典もつくのでお得ですよ!

 

\ウェルスナビが一番おすすめ!/

1.ロボアドバイザーには2種類ある|投資一任型とアドバイス型とは?

①投資一任型とアドバイス型とは?

亮平

ロボアドバイザーには2種類あるよ

ロボアドバイザーは2種類ある事を、知っていますか?

それぞれについて、詳しくお話しますね。

  • 『投資一任型』:運用提案から買い付け、リバランス(運用配分の組直し)まですべてやってくれる。全自動なのでその分、手数料もかかる
  •  『アドバイス型』:運用提案までで、買い付けやリバランスは自分で行う。手間が必要な分、手数料は安い

 

②投資一任型(ラップ口座)

亮平

投資をまとめてやってもらえるよ!

まずは 『投資一任型(ラップ口座)』 について。

投資の運用を、ラップのように包んでまとめて依頼する方法だと思って下さい。

 

ロボアドバイザーは現在、こちらの 『投資一任型』 が主流となっています。

最大のメリットとして全部お任せで投資ができるので、忙しい人にもおすすめですね。

手数料は『アドバイス型』に比べて高いですが、それでも年1%程度と、低めに設定されているのも魅力ですよ。

 

③アドバイス型

亮平

アドバイスまでで、運用は自分でやるよ!

もう一つが、『アドバイス型』

ポートフォリオ提案は行ってくれますが、実際の買い付けやリバランスは自分で行う必要があります。

『投資一任型』より手数料が低く、NISAも使えるというメリットがありますが、その分手間が増えてしまうというわけですね。

 

2.投資一任型とアドバイス型の違いを比較

投資一任型アドバイス型
買い付け自動手動
リバランス自動手動
手数料
NISAなしあり
ペンタごん

 『投資一任型』と『アドバイス型』の違いってなに?

亮平

比較して説明していくね

 『投資一任型』と『アドバイス型』には大きな違いがあります。

まとめると上記の通りですが、分かりやすく説明していきますね。

 

①買い付けやリバランスが自動か手動か

亮平

投資一任型なら、ぜんぶ自動でやってくれるよ!

これが決定的な違いですね。

 『投資一任型』なら、買い付けやリバランスを自動で行ってくれます。

資産運用を、そのままお任せできるというわけですね。

 

一方で、『アドバイス型』だとポートフォリオ提案はしてくれるのですが、実際の運用は自分でしないといけません。

これだと、正直ロボアドバイザーのメリットが活かせないんですよね…。

なので基本的には、 『投資一任型』を選んでいきましょう。

 

②手数料はアドバイス型の方が安い

亮平

アドバイス型は手数料が安いね

『投資一任型』との手数料はだいたい年1%程度ですが、『アドバイス型』は年0.5%以下で利用できるものもあります。

ただし、『手数料=サービスの幅』だと考えれば当然ですね。

 

『アドバイス型』だと実際の運用は自分でやるので、運営側にとってはその分コストがかからなくて済みますし。

全部任せられる『投資一任型』で手数料が年1%なら、個人的には良心的かなと思います。

【ロボアドバイザーの手数料比較】最も安くできる、おすすめのロボアドを紹介! ロボアドバイザーに興味を持った多くの人が、まず浮かぶ疑問は手数料だと思います。 やはり手数料はユーザーにとって大事...

 

③投資一任型はNISAが対応していない

NISAのご利用はできません。

当社のサービスは最低投資額を設定させていただいていること、年2回のリバランスが実施されることの2点から、年間

累計の買い付け金額がNISAで上限となっている120万円を超えることが多いと想定されるためです。

WealthNavi-よくあるご質問より

亮平

投資一任型は、まだNISAに対応していないね

『アドバイス型』はNISA(少額投資非課税制度)に対応していますが、『投資一任型』はまだNISA対応していません。

個人的には、『投資一任型』でNISA対応してくれたら最高なんですが、今後の改善を期待しましょう。

ロボアドバイザーでNISAは使える?利用可能なロボアドバイザーを比較しながら紹介! 「ロボアドバイザーでNISAは使えるかな?」と疑問に思ったあなたへ。 結論からいうと、NISAを使えるロボアドバイ...

 

3.投資一任型とアドバイス型で、おすすめのロボアドバイザーは?

①投資一任型はWealthNavi(ウェルスナビ)

亮平

投資一任型はウェルスナビで間違いないね!

『ロボアドバイザーは『投資一任型』を選ぶべき!』という理由が分かってもらえたかと思います。

では、『投資一任型』ではどのサービスがおすすめでしょうか。

 

僕も色々使っていますが、間違いなくウェルスナビが一番良いでしょう。

預かり資産、運用者数ともに1位で、朝日新聞やNHKなどさまざまなメディアにも取り上げられています。

ウェルスナビは、ロボアドバイザーで初めてテレビCMもスタートするようですね。

税金最適化機能や専用アプリなど、ウェルスナビならではサービスもあって非常に使いやすいですよ。

さまざまなロボアドバイザーの利回りを比較したリターン部門で、ウェルスナビは堂々の第1位!

最大20%前後のプラス実績も出ているので、本当にすごいですね。

 

ウェルスナビは毎月のキャンペーンもあるので、お得に始められますしね。

僕も愛用しているので、自信を持っておすすめできますよ。

>>【無料診断】ウェルスナビを試してみる

【元銀行員が解説】WealthNavi(ウェルスナビ)の評判・メリット・デメリット|運用実績も公開! 元銀行員ブロガーの亮平です! 人気No.1のロボアドバイザー、ウェルスナビについて紹介していきます...

 

②アドバイス型は投信工房

亮平

アドバイス型なら投信工房だね!

『アドバイス型』なら、松井証券の投信工房がおすすめですよ。

買い付けは自分でやる必要がありますが、投信工房ならその後のリバランスは自動で行ってくれます。

手数料も、年0.36%程度と安いのも良いですね、

 

100円からの積立で始められるのも魅力でしょう。

「コストをとにかく下げたい!」という方には、投信工房を試してみて下さい!

>>【無料登録】投信工房を試してみる

投信工房の評判・メリット・デメリット!アドバイス型のおすすめロボアドバイザー! 元銀行員ブロガーの亮平です。 ロボアドバイザーの『投信工房』について徹底解説していきます。 アドバイ...

 

4.投資一任型とアドバイス型の違いまとめ

  • 『投資一任型』 なら全部お任せでOK
  • 『アドバイス型』は手数料が安いが、自分で運用しなければいけない
  • NISAが使えるのは現状、 『アドバイス型』 のみ
  • 投資一任型ならウェルスナビ、アドバイス型なら投信工房がおすすめ!
ペンタごん

 『投資一任型』と『アドバイス型』の違いがよくわかったよ!

亮平

まずは投資一任型から始めていこう!

いかがだったでしょう。

『アドバイス型』は手数料が安かったりのメリットがありますが、全部自動で任せられるロボアドバイザー最大のメリットが活かせません。

なので、基本は『投資一任型』で始めていくのが良いでしょう。

 

『投資一任型』 なら、まずは人気No.1のウェルスナビから始めれば間違いないですよ。

さっそく、試してみて下さい!

当ブログ『BANK ACADEMY』は、ウェルスナビとタイアップキャンペーン中です!

以下からお申込み頂くと、通常のキャンペーンといっしょにタイアップ特典もつくのでお得ですよ!

 

\無料診断は3分で終わります!/

▼ウェルスナビとテオを細かく比較!▼

【徹底比較】ウェルスナビとテオ(THEO)の共通点と違いをイチから解説! 元銀行員ブロガーの亮平です。 ウェルスナビとテオにそれぞれ100万円投資している自分が、両者を比較していきますね。...

▼ウェルスナビの実績を全公開▼

【2019年】ウェルスナビの運用実績を元銀行員がデータ公開! 2018 元手 (万円) 損益 利回り 4/1 100 - - 4/30 100 ...
【4コマ】ウェルスナビに100万円投資したら…