ロボアドバイザー

ロボアドバイザーでNISAは使える?利用可能なロボアドバイザーを比較しながら紹介!

ペンタごん

ロボアドバイザーってNISAは使えるの?

亮平

利用できるものもあるよ!

「ロボアドバイザーでNISAは使えるかな?」と疑問に思ったあなたへ。

結論からいうと、NISAを使えるロボアドバイザーはあります。

 

ただし、ウェルスナビやテオなど人気のロボアドバイザーは使用できません。

NISAが使える中でおすすめのロボアドバイザーもあわせて紹介しますので、ご参考にどうぞ。

  • ウェルスナビやテオなどの『投資一任型』 は現状、NISA利用不可
  • 『アドバイス型』はNISA利用OKだが、全自動にはならない
  • NISAが使えるロボアドバイザーだと、投信工房がおすすめ

 

\NISA対応ならこれ一択!/松井証券

1.そもそもNISAとは?

ペンタごん

NISAってそもそもなんだっけ?

亮平

少額投資非課税制度だね

NISAは「Nippon Individual Savings Account」の略で、少額投資非課税制度といわれています。

簡単に言うと、投資における税金の優遇制度ですね。

 

株式や投資信託などで投資で得た利益には、通常約20%の税金がかかってきます。

そこでNISAを利用すると、一定の条件内で税金20%がかからなくなり、その分オトクになるというわけです。

現在、NISAにはいくつかの種類があるので、以下にまとめておきますね。

  • NISA:毎年120万円の非課税投資枠が設定
  • ジュニアNISA:未成年者(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定
  • つみたてNISA:年間40万円までの積立に対応。非課税期間は20年間などの条件あり

 

2.ロボアドバイザーでNISAは使える?投資一任型とアドバイス型を知っておこう

 

ペンタごん

早くNISAが使えるロボアドバイザーを教えて!

亮平

じゃあ前提知識として、投資一任型とアドバイス型について知っておこう

ロボアドバイザーは2種類ある事を、知っていますか?

NISAが使えるロボアドバイザーを知るための必須知識となりますので、この機会に覚えておきましょう!

「そもそも、ロボアドバイザーの税金ってどうなってるの?」と気になる方は、こちらの記事も読んでみて下さい。

【ロボアドバイザーの税金まとめ】確定申告は必要?特定口座と一般口座の違いもあわせて解説! 元銀行員ブロガーの亮平です! ロボアドバイザーで気になる税金の話について、まとめていきますね。 結論...

 

①投資一任型とアドバイス型とは?

亮平

ロボアドバイザーには2種類あるよ

ロボアドバイザーには、『投資一任型』と 『アドバイス型』があります。

それぞれについて、詳しくお話しますね。

  • 『投資一任型』:運用提案から買い付け、リバランス(運用配分の組直し)まですべてやってくれる。全自動なのでその分、手数料もかかる
  •  『アドバイス型』:運用提案までで、買い付けやリバランスは自分で行う。手間が必要な分、手数料は安い

 

①-1 投資一任型(ラップ口座)

亮平

投資をまとめてやってもらえるよ!

まずは 『投資一任型(ラップ口座)』 について。

投資の運用を、ラップのように包んでまとめて依頼する方法だと思って下さい。

 

ロボアドバイザーは現在、こちらの 『投資一任型』 が主流となっています。

最大のメリットとして全部お任せで投資ができるので、忙しい人にもおすすめですね。

手数料は『アドバイス型』に比べて高いですが、それでも年1%程度と、低めに設定されているのも魅力ですよ。

 

①-2 アドバイス型

亮平

アドバイスまでで、運用は自分でやるよ!

もう一つが、『アドバイス型』

ポートフォリオ提案は行ってくれますが、実際の買い付けやリバランスは自分で行う必要があります。

『投資一任型』より手数料が低く、NISAも使えるというメリットがありますが、その分手間が増えてしまうというわけですね。

【投資一任型とアドバイス型の違いは?】ロボアドバイザーで必須の知識! ロボアドバイザーには 『投資一任型』 と 『アドバイス型』 の2種類があります。 知らずにアドバイス型のロボアドバ...

 

②NISA対応しているのは、現状アドバイス型のみ

NISAのご利用はできません。

当社のサービスは最低投資額を設定させていただいていること、年2回のリバランスが実施されることの2点から、年間

累計の買い付け金額がNISAで上限となっている120万円を超えることが多いと想定されるためです。

WealthNavi-よくあるご質問より

亮平

投資一任型は、NISAに対応していないようだね

 『投資一任型』で大人気のウェルスナビも、上記の通りNISAには対応していません。

残念ですが、自動で買い付けやリバランスを行ってくれるという仕組み上、NISA上限の金額を超えてしまう可能性が出てきてしまうので難しいみたいですね。

逆に、自分で買付などを行う『アドバイス型』ならNISAの利用はOKというわけですね。

 

3.NISAが利用可能なロボアドバイザーを比較|おすすめは投信工房!

ペンタごん

NISAが使えるおすすめのロボアドバイザーを知っておきたいな

亮平

任せて!

『アドバイス型』なら、松井証券の投信工房がおすすめですよ。

買い付けは自分でやる必要がありますが、投信工房ならその後のリバランスは自動で行ってくれます。

NISAだけでなく、つみたてNISAにも対応しており、100円からの積立で始められるので相性が良いですね。

手数料も年0.36%程度と安いので、「NISAも活用してコストをとにかく下げたい!」という方には、投信工房を試してみて下さい!

>>【無料登録】投信工房を試してみる

投信工房の評判・メリット・デメリット!アドバイス型のおすすめロボアドバイザー! 元銀行員ブロガーの亮平です。 ロボアドバイザーの『投信工房』について徹底解説していきます。 アドバイ...

 

4.ロボアドバイザーのNISA利用まとめ

  • ウェルスナビやテオなどの『投資一任型』 は現状、NISA利用不可
  • 『アドバイス型』はNISA利用OKだが、全自動にはならない
  • NISAが使えるロボアドバイザーだと、投信工房がおすすめ
ペンタごん

ロボアドバイザーとNISAの関係がよくわかったよ!

亮平

上手く活用しながら、賢く投資をしていこう!

いかがだったでしょう。

『アドバイス型』のロボアドバイザーは手間がかかる分、NISAには対応しているというメリットがあります。

 

『投資一任型』 を試した後に、『アドバイス型』でNISAを活用してみるのも良いですね

NISAなどのオトクな制度を使っていきながら、投資を楽しんで行きましょう!

 

\NISA対応ならこれ一択!/松井証券

▼ウェルスナビとテオを細かく比較!▼

【徹底比較】ウェルスナビとテオ(THEO)の共通点と違いをイチから解説! 元銀行員ブロガーの亮平です。 ウェルスナビとテオにそれぞれ100万円投資している自分が、両者を比較していきますね。...

▼ウェルスナビの実績を全公開▼

【2019年】ウェルスナビの運用実績を元銀行員がデータ公開! 2018 元手 (万円) 損益 利回り 4/1 100 - - 4/30 100 ...