【徹底比較】おすすめのロボアドバイザーを元銀行員が解説!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!

元銀行員ブロガーのRyoheiです。

最近、大注目されている 『ロボアドバイザー』 を比較していきます。

 

今年に入り、新聞や雑誌でロボアドバイザーは頻繁に取り上げられるようになりましたね。

あなたもどこかで聞いて、興味を持ったと思います。

 

目覚ましい進歩をとげている人工知能(AI)は、資産運用でも一気に広まっていますね。

それに伴い、数多く出てきたロボアドバイザーですが、「結局どれが良いの?」とユーザーの悩みも出てきています。

 

それを解決すべく、この記事で徹底比較し、僕がおすすめするロボアドバイザーを紹介していきますね。

これからロボアドバイザーを始めるなら、是非参考にして下さい。

ロボアドバイザーとは?

人工知能を利用して、資産管理や資産運用のアドバイスを行うサービスです。

いくつかの質問に答えることで、資産規模やリスク許容度を自動的に判定し、分散投資などに関する情報を提供してくれます。

>>参考:ロボアドバイザーとは – コトバンク

1. なぜロボアドバイザーの比較が必要?

そもそも、なぜロボアドバイザーの比較が必要なのでしょう?

これは先ほど少し触れましたが、資産運用においてロボアドバイザーが数多く出てきたからなんですね。

 

個人向けにロボアドバイザー投資が本格的にスタートしたのは2016年頃と言われており、2017年に多くのメディアで取り上げられ、利用者はずいぶん増えました。

なのでロボアドバイザーの数自体が増えたのもつい最近なので、新しく出てきたロボアドバイザーも含めて比較が必要というわけですね。

 

2. ロボアドバイザーの比較ポイント

さて、ではロボアドバイザーの 比較ポイント について話していきますね。

おそらくあなたが一番気になるのは、「どこが一番儲かるの?」という事でしょう。

その気持ちはとても分かりますが、一概には言えません。

 

ロボアドバイザーのプログラミングは企業秘密になっており、誰も判断ができないからです。

ある一定期間での利回りで比べるという手もありますが、そもそも各ロボアドバイザーで投資対象(ポートフォリオ)が異なっているので、あまり意味がないと思います。

 

なので、今回は以下の3点に注目してロボアドバイザーを比較していきます。

  1. 最低投資額
  2. 手数料
  3. 提供している金融機関

これなら明快にはっきりと分かりますし、投資するイメージも湧きやすいですよね。

では、この3つのポイントに注目して、各ロボアドバイザーを解説していきます。

 

3.【徹底比較】おすすめのロボアドバイザー解説

さて実際に、ロボアドバイザーを比較していきます。

ロボアドバイザー自体は現在、数え切れないほどのサービスがあるので、僕がいろいろ調べた中で注目度の高い5つを比較していきますね。

ロボアドバイザーには、『アドバイス型ロボアド』という、助言だけで実際の運用は自分でやるタイプもありますが、このサービスは本記事では省略します。

(自動で運用までやって貰えるのが、ロボアドバイザーの最大のメリットだと思うので)

 

①ウェルスナビ

  1. 最低投資額:30万円(年内は10万円キャンペーン中)
  2. 手数料(3000万円まで):1%(利用手数料)
  3. 提供している金融機関:ウェルスナビ株式会社(SBI証券も提供中)

まずはいちばん有名であろう、 『ウェルスナビ』 から。

預かり資産、ユーザー数でNo.1となっている人気のロボアドバイザーですね。

 

ここは僕も愛用してますが、とても使いやすいです。

まさに初めての方にピッタリ。

ネット証券最大手のSBI証券が提供に関わっているのも安心ですね。

(SBI証券がロボアドバイザーの中から特に注目して、提携を組んだようです)

 

最低投資額が30万円からとやや敷居が高いですが、12月まで10万円キャンペーン中なので是非登録だけでも済ませておきたいサービスです。

手数料は1%(+0.11~0.14%の運用手数料)で、もっと手数料が安いロボアドバイザーは他にあります。

 

ただ、僕の周りの金融仲間の評判も良いので、僕はウェルスナビ一択で使っています。

使い勝手も非常に良いので、おすすめですよ。

>>関連記事:【始めてみた】WealthNavi(ウェルスナビ)の10万円キャンペーン

 

②THEO(テオ)

  1. 最低投資額:1万円
  2. 手数料(3000万円まで):1%(利用手数料)
  3. 提供している金融機関:株式会社お金のデザイン(SBI証券も提供中)

続いてこちらも人気の 『THEO』 

THEOもSBI証券とコラボしていて、注目度の高さが伝わりますね。

 

THEOは国内のロボアドバイザーでは、一番早くスタートしたと言われています。

(それでも2016年の2月ですが)

 

最大の特徴は、最低投資額が1万円からである事。

なので、まずはほんの少しのお金で始めたい人にはお勧めです。

ただ1万円だとあまりに少額なので、運用とは言えないかもしれませんが…。

 

ロボアドバイザー初心者は、ウェルスナビとTHEOで迷う人が多いようですね。

大きな違いは、投資対象がTHEOの方が圧倒的に多い事でしょう。(積極的に各国へ分散して投資)

ただこれは少し複雑な話になるので、ロボアド初心者は特に気にしなくて良いと思います。

 

個人的には、ロボアドバイザーは最低でも10万円以上は投資した方が良いと思うので、それより少額でやりたい人はTHEOが向いているでしょう。

 

③マネックスアドバイザー

  1. 最低投資額:5万円
  2. 手数料:0.5%前後
  3. 提供している金融機関:マネックス証券株式会社

続いて大手証券会社である、マネックス証券の 『マネックスアドバイザー』 

何と言っても、手数料率が破格ですね。

業界最低水準と言われており、手数料を押さえたい人にはピッタリです。

 

まだサービス開始が2017年の10月と、最近なのも注目ですね。

最低投資額も5万円なので始めやすく、マネックス証券の提供なので安心感があります。

僕はウェルスナビとマネックスアドバイザーで悩んだので、おすすめですよ。

 

④楽ラップ

  1. 最低投資額:10万円
  2. 手数料(固定報酬型):0.99%(最大)
  3. 提供している金融機関:楽天証券株式会社

こちらも大手の楽天証券が提供している、 『楽ラップ』 

手数料率が1%未満な事を売りにしていますが、先ほど紹介したマネックスアドバイザーの方が手数料率は優れていますね。

楽天ユーザーなら、楽天ポイント還元もあるので良いかなと思います。

 

⑤トラノコ

  1. 最低投資額:無し
  2. 手数料:0.3%+月額300円
  3. 提供している金融機関:TORANOTEC株式会社株式会社

最後に、こちらもメディアに良く出ている 『トラノコ』 

おつりを投資に回そう、という気軽なコンセプトが好評のようですね。

ただ、結論から言うと月額300円の利用手数料がかなりネックです。

 

年額だと3,600円なので、仮に10万円の投資だと年間3.6%の手数料率ですね…高い。

マネーフォワードと連携して使うものなので、家計簿アプリを使っている方には良いかなと思います。

 

4. まとめ:ロボアドバイザーを比較して、まずは1つ選ぼう

いかがだったでしょう。

結論としては、僕は以下の2つのロボアドバイザーをお勧めします。

おすすめのロボアドバイザー
  • ウェルスナビ:業界No.1で評判も良い。操作性もバツグン
  • マネックスアドバイザー:手数料が業界最安値。まだスタートしたばかりで大注目

ロボアドバイザーは色々比較したうえで、まずは1つ始めてみれば良いと思います。

僕はウェルスナビで月10万円+積み立て月1万円で運用しています。

 

最初にお話した通り、ロボアドバイザーはまさにこれからのサービスです。

普及とともに、さらに利用者が増えて行く事でしょう。

気になったロボアドバイザーでさっそく始めてみましょう!

 

\今ならキャンペーン中!/

 

▼ロボアドバイザーと一緒に、話題の仮想通貨の積立もどうぞ!▼

あわせて読みたい
(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)銀行同期・友人推薦の転職サイト