【徹底比較】おすすめのロボアドバイザーを元銀行員が解説!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)スポンサーの起業家、ふっさん様です!
ペンタごん
ロボアドバイザーって、どれがいいんだろう?
亮平
おすすめを紹介するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

最近、大注目されているロボアドバイザーを徹底比較していきます。

人気No.1のウェルスナビ

今年に入り、新聞や雑誌でロボアドバイザーは頻繁に取り上げられるようになりましたね。

それに伴い、「結局どれが良いの?」とユーザーの悩みも出てきています。

そんな悩みを解決すべく、 おすすめのロボアドバイザーを紹介 していきます!

▶この記事でわかる事
  • 初めての人には、人気No.1のウェルスナビがおすすめ!
  • 1万円から始めたい人には、テオ
  • 手数料をとにかく安くしたい人には、投信工房(※ただし全自動ではない)

 

\迷ったらウェルスナビでOK!/

0.そもそもロボアドバイザーとは?

①ロボアドバイザーって?

ペンタごん
そもそもロボアドバイザーってなに?
亮平
AIによる、注目の資産運用だよ!

賢い頭脳を持ったAI(人工知能)が人のかわりに最適な運用を考え、提案してくれるのがロボアドバイザーだと思って下さい。

資産運用を自分でやってると、投資判断をまちがえてしまうケースってありますよね。

 

たとえば一時的な暴落時にあわてて売却した後、やってきた値上がりチャンスを逃してしまった…など。

人はどうしても感情に左右されてしまいがちですが、ロボアドバイザーに任せる事で、投資の判断も冷静にやってもらえる…というわけです。

ロボアドバイザー市場は物凄い勢いで広がっており、2020年までに5兆円に達するのではと言われていますよ。

ロボアドバイザーとは?元銀行員が特徴やメリット、始め方を徹底解説!

2018.04.26

 

②ロボアドバイザーには2種類ある|投資一任型とアドバイス型とは?

亮平
比較の前に、投資一任型とアドバイス型について知っておこう

ロボアドバイザーは2種類ある事を、知っていますか?

ロボアドバイザーを比較するための必須知識となりますので、この機会に覚えておきましょう!

ペンタごん
ロボアドバイザーは2種類あるんだね

ロボアドバイザーには、 『投資一任型』 と  『アドバイス型』 があります。

それぞれについて、詳しくお話しますね。

  •  『投資一任型』 :運用提案から買い付け、リバランス(運用配分の組直し)まですべてやってくれる。全自動なのでその分、手数料もかかる
  •   『アドバイス型』 :運用提案までで、買い付けやリバランスは自分で行う。手間が必要な分、手数料は安い

 

②-1 投資一任型(ラップ口座)

亮平
投資をまとめてやってもらえるよ!

まずは  『投資一任型(ラップ口座)』  について。

投資の運用を、ラップのように包んでまとめて依頼する方法だと思って下さい。

ロボアドバイザーは現在、こちらの  『投資一任型』  が主流となっています。

 

最大のメリットとして全部お任せで投資ができるので、忙しい人にもおすすめですね。

手数料は 『アドバイス型』 に比べて高いですが、それでも年1%程度と、低めに設定されているのも魅力ですよ。

▶主な投資一任型

 

②アドバイス型

亮平
アドバイスまでで、運用は自分でやるよ!

もう一つが、 『アドバイス型』 

ポートフォリオ提案は行ってくれますが、実際の買い付けやリバランスは自分で行う必要があります。

 『投資一任型』 より手数料が低く、NISAも使えるというメリットがありますが、その分手間が増えてしまうというわけですね。

▶主なアドバイス型

【投資一任型とアドバイス型の違いは?】ロボアドバイザーで必須の知識!

2018.04.29
ペンタごん
なるほど、投資一任型とアドバイス型に分けて比較する必要があるんだね
亮平
うん、そういう事!

 

1.なぜロボアドバイザーの比較が必要?

ペンタごん
ところで、ロボアドバイザーの比較って、なんで必要なの?
亮平
今はロボアドバイザーもたくさんあるからなんだ

それでは、なぜロボアドバイザーの比較が必要なのでしょう?

これは先ほど少し触れましたが、資産運用においてロボアドバイザーが数多く出てきたからなんですね。

個人向けにロボアドバイザー投資が本格的にスタートしたのは2016年頃と言われており、現在も多くのメディアで取り上げられ、利用者はずいぶん増えました。

一番人気のウェルスナビはテレビCMも始まり、さらにロボアドバイザーの認知度も上がっていますね。

利用者の増加にあわせて、新しく出てきたロボアドバイザーも含めて比較が必要なのです。

 

2. ロボアドバイザーの比較ポイント

ペンタごん
ロボアドバイザーはどうやって比較するの?
亮平
ポイントを整理しておこうか

さて、ではロボアドバイザーの比較ポイントについて話していきますね。

おそらくあなたが一番気になるのは、「どこが一番儲かるの?」という事でしょう。

その気持ちはとても分かりますが、一概には言えません。

 

ロボアドバイザーのプログラミングは企業秘密になっており、誰も判断ができないからです。

ある一定期間での利回りで比べるという手もありますが、そもそも各ロボアドバイザーで投資対象(ポートフォリオ)が異なっているので、あまり意味がないと思います。

なので、今回は以下の4つに注目してロボアドバイザーを比較していきます。

★比較ポイント
  • 最低投資額
  • 手数料
  • 提供している金融機関
  • その他の注目機能

これなら明快にはっきりと分かりますし、投資するイメージも湧きやすいですよね。

では、この4つのポイントに注目して、各ロボアドバイザーを解説していきます。

 

3.【徹底比較】おすすめのロボアドバイザー!【投資一任型】

亮平
まずは投資一任型から!
ペンタごん
お願いします!

先ほど紹介した通り、ロボアドバイザーには  『投資一任型』  『アドバイス型』 という2種類があります。

なのでまずは、  『投資一任型』 のロボアドバイザーの比較をしていきますね。

すべて自動でやってくれるので、ロボアドバイザーの需要はほぼこちらの  『投資一任型』 に集まっていますよ。

▶主な投資一任型

 

①WealthNavi(ウェルスナビ)

★ポイント
  • 最低投資額:10万円
  • 手数料:実質0.5%程度(DeTAX機能後。公式ページには利用手数料1%と記載)
  • 提供している金融機関:ウェルスナビ株式会社(SBIやJAL、ANA、その他銀行も提供中)
  • その他:長期割でさらにコストを抑えられ、キャンペーンもあり!

まずは人気No.1のウェルスナビから。

預かり資産、ユーザー数でNo.1となっており、テレビCMも始まりました。

ウェルスナビの大きなメリットは、さまざまな独自の機能です。

たとえば手数料については、『DeTAX』(自動税金化サービス)』にて、 事実上の手数料は0.5%程度 になるとの事です。

これにより、 『投資一任型』 のなかでは一番手数料が安くなります。

>>参考:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

また大手金融のSBI意外とも、ウェルスナビは提携しています。

ANAやJAL、その他銀行も提供に関わっているので安心ですね。

さらに50万円以上投資できる方には 長期割でさらに手数料を安くできます。 

キャンペーンも毎月行っているので、お得に始める事ができますよ!

ウェルスナビで毎月の運用実績を更新していますが、パフォーマンスも良いですよ。

自信をもっておすすめできるので、ぜひ最初のロボアドバイザーとして試してみて下さい。

当ブログ『BANK ACADEMY』は、ウェルスナビとタイアップキャンペーン中です!

以下からお申込み頂くと、タイアップ特典で1,000円の現金がもらえます。

>>【無料】ウェルスナビを試してみる

②THEO(テオ)

★ポイント
  • 最低投資額:1万円
  • 手数料:1%(利用手数料)
  • 提供している金融機関:株式会社お金のデザイン(THEO+SBI証券、THEO+住信SBIネット銀行、THEO+JAL、THEO+docomoもあり)
  • その他:投資ポートフォリオが豊富

続いて、こちらも人気のTHEO

THEOは国内のロボアドバイザーでは、2016年の2月一番早くスタートしたと言われています。

 

最大の特徴は、最低投資額が1万円からである事。

なので、まずはほんの少しのお金で始めたい人にはおすすめです。

また投資ポートフォリオも豊富で、なんと世界86の国・地域にわたり、 最終的な投資対象は11,000銘柄以上を誇っているようです。

「まずは少額でやりたい!」という人は、THEOが向いているでしょう。

THEOの運用実績もこちらで更新しています。

>>【無料】THEOを試してみる

 

③楽ラップ

★ポイント
  • 最低投資額:10万円
  • 手数料(固定報酬型):0.99%(最大)
  • 提供している金融機関:楽天証券株式会社
  • その他:楽天証券による楽天ポイント還元あり

大手の楽天証券が提供している、楽ラップ

手数料率が1%未満な事を売りにしていますが、正直そこまで他のロボアドバイザーと変わらないですね。

楽天ユーザーには、悪くないかなという評価です。

>>【無料】楽ラップを試してみる

楽ラップの評判・メリット・デメリット!手数料の安さがおすすめのロボアドバイザー!

2018.04.29

④マネラップ

★ポイント
  • 最低投資額:1,000円
  • 手数料:1%未満
  • 提供している金融機関:マネックス証券
  • その他:確定申告が必要なので面倒

続いて大手証券会社である、マネックス証券のマネラップ

最低投資額が1,000円と始めやすいのが特徴です。

マネラップは確定申告が必要

ただし、大きなネックとして、マネラップだと確定申告が必要になります。

これは微妙ですね…サラリーマンの方などは特に向いてないといえるでしょう。

>>【無料】マネラップを試してみる

マネラップの評判・メリット・デメリット!1,000円から始められるロボアドバイザー

2018.04.24

 

⑤トラノコ

★ポイント
  • 最低投資額:無し
  • 手数料:0.3%+月額300円
  • 提供している金融機関:TORANOTEC株式会社株式会社
  • その他:アプリで気軽に操作

最後に、こちらもメディアに良く出ている『トラノコ』。

おつりを投資に回そう、という気軽なコンセプトがのようですね。

ただ、結論から言うと月額300円の利用手数料がかなりネックです。

 

年額だと3,600円なので、仮に10万円の投資だと年間3.6%の手数料率ですね…高い。

これならウェルスナビの方が断然良いでしょう。

>>【無料】トラノコを試してみる

 

4.アドバイス型のロボアドバイザーを比較|投信工房がおすすめ!

 『アドバイス型』 のロボアドバイザーについても、紹介しておきますね。

ポートフォリオ提案は行ってくれますが、実際の買い付けやリバランスは自分で行う必要があります。

 『投資一任型』 より手数料が低く、NISAも使えるというメリットがありますが、その分手間が増えてしまうというわけですね。

▶主なアドバイス型
亮平
アドバイス型なら投信工房だね!

 『アドバイス型』 なら、松井証券の投信工房がおすすめですよ。

買い付けは自分でやる必要がありますが、投信工房はアドバイス型で唯一、その後のリバランスを自動で行ってくれます。

手数料も、年0.36%程度と安いのも良いですね、

 

NISAも利用できますし、100円からの積立で始められるのも魅力でしょう。

「コストをとにかく下げたい!」という方には、手間がかかりますが良いと思います。

>>【無料】投信工房を試してみる

投信工房の評判・メリット・デメリット!アドバイス型のおすすめロボアドバイザー!

2018.05.01

 

5.おすすめのロボアドバイザー比較まとめ

亮平
おすすめを分かりやすく紹介したよ!
ペンタごん
さっそく始めます!

いかがだったでしょう。

結論としては、 迷ったらウェルスナビを選んでおけば間違いない ですよ。

ダントツのNo.1人気ですし、独自の機能も多いので。

あなたもロボアドバイザーをさっそく始めてみましょう!

当ブログ『BANK ACADEMY』は、ウェルスナビとタイアップキャンペーン中です!

以下からお申込み頂くと、タイアップ特典で1,000円の現金がもらえます。

 

\今ならキャンペーン中!/

▼その他のロボアドバイザーも一緒に見ておきましょう▼

【4コマ漫画】ウェルスナビに100万投資したら…

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)外貨預金はGMOあおぞらネット銀行
【外貨預金】GMOあおぞらネット銀行