投資初心者が楽しく学べる超お勧め漫画『インベスターZ』の魅力

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!

元銀行員ブロガーのRyoheiです。

今回は、ある投資漫画をあなたに紹介したい。

 

 

あなたは、『インベスターZ』をご存じだろうか?

『ドラゴン桜』で一世を風靡した三田紀房氏が著者の、投資に関する漫画である。

 

この漫画の題名の背景は、作中でも紹介されている通り、至ってシンプル。

『インベスター』(Investor)は、『投資家』という意味。

『Z』は、主人公である財前孝史の頭文字にちなんでいる。

 

漫画のストーリーとしては、天才中学生の財前君が、投資未経験者でのスタートから、投資家として学び、成長していくものである。

僕も以前から興味を持っていて、最近ようやくまとめて読む事が出来たのだが、これが非常に面白いと感じた。

 

『投資に興味はあるが、どう始めて良いか分からない』という人に是非お勧めなので、気軽な気持ちで手に取って、投資の勉強をして貰えればと思う。

漫画なのでとても読み易く、且つ投資について分かりやすく学べる良本だ。

 

それでは、『インベスターZ』の魅力について、話をしていきたい。

 

投資初心者がイチから学べる名言アドバイスの数々

『ドラゴン桜』を読んだことがある人はなんとなく分かると思うが、著者の三田氏は、主人公をゼロから成長させていくストーリー展開が非常に上手い。

 

それも、主人公はコツコツ成長するのではなく、良き指導者(先輩)の下で飛ばし気味に叩き込まれて成長させていくストーリーが三田氏は大好きなようだ。

(それこそドラゴン桜は、1年で東大合格まで持って行くようなハードさが巧みに描かれた作品だ)

 

『インベスターZ』においても、主人公である財前君は、『投資部』(作中に出てくる、学生達で構成された投資を行う部活)の先輩達の叱咤激励を受け、瞬く間に投資家として成長していく。

 

その急激な成長を助けるサポートとして、投資部の先輩達がさまざまなアドバイスをしてくれている。

このアドバイスこそ、著者の三田氏が投資において初心者が守るべき鉄則だと唱えているのだと思う。

 

このアドバイスは、初心者が投資についてイチから分かりやすく学べるものなので、以下に幾つか紹介をしたい。

 

「株は法則でやれ!」

「法則……早い話、決まりに従って売買しろということ。

一番初歩的なのが……利食いと……損切りだ。(中略)

 

自分を信じるな。自分の上に法則を置け。

 

法則こそが神!」

『インベスターZ』 コミック第2巻より

 

作中で、投資部の先輩は財前君に、法則(決まり)にのっとり、投資をしろと教える。

 

その第一歩として、利食い(利益を確定させる売買)と損切り(損失を確定させる売買)があり、初心者のラインとして、『利食い10%、損切り5%』の法則を守るように指示する。

 

確かに、これは投資を行う上で非常に大事な決め事だ。

 

投資にはお金という、誰にとっても大切な宝物を賭ける。

そこでよく起こるのが、投資に自分の感情を挟んでしまうケースだ。

 

株価が上がって利益が出れば、当然欲が出てさらに株価が上がるのを待ってしまい、結局利益確定のタイミングを逃す事はよくあるし、その逆に株価が下がった際は、損失を最小限で抑えられず、大損してしまうこともある。

 

それを避けるためにも、利食い、損切りのラインをきっちりと引いておき、自らの感情に惑わされずに投資を成功させる事が求められる。

 

これからあなたが投資を始めるなら、このアドバイスは必ず、胸にとどめておく事をお勧めする。

 

「投資は習うより慣れろ」

「投資に勉強なんて必要ない」

「投資に勉強はいらないってそんな無茶な…なにも知らないで100億もどうやって運用するんですか?」

「じゃあ勉強って何を学ぶ気だ。そんなことをしているうちに一年なんてあっという間だ。投資は習うより慣れろ。つべこべいわずパソコンの前に座れ」

『インベスターZ』 コミック第1巻より

 

投資を学ぼうとすると、ニュースの読み方やチャートの見方、日経平均株価や為替の動向など、様々なものに触れる必要が出てくる。

大抵の人は、ここで挫折してしまい、肝心の投資の実践にたどり着く事なく、辞めてしまうのが現状だ。

それでは、永遠に投資を始めることが出来ない。

 

そこで、『インベスターZ』の勧め通り、投資は実際にやりながら学んで行くことをお勧めする。

投資の内容は何でも構わない。

 

海外旅行が好きならドルを買えば良いし、自分が好きな会社があればその株を買えば良い。

好きな国があるなら、その国に関するものでもOKだ。

 

投資は言ってしまえば、ゲームと同じだ。

ゲームは始める時に、説明書を一から十まで読みこまなくても、やっているうちに分かっていくものである。

あなたも幼い頃、そんな経験があるだろう。

 

まずは気軽な気持ちで投資を始め、やりながら学んで行く事をお勧めする。

 

「過去は忘れる!」

「過去はすべて忘れて今保有している株を改めて見る。

上がりそうもない株はさっさと売って現金にして他に投資する。

 

損切りは決して失敗ではない。むしろ次の成功のためのチャンスと思え」

『インベスターZ』 コミック第2巻より

 

投資は、いつも良い事が起こるとは限らない。

儲けを出す時もあれば、損失を出してしまう時もある。

 

これは投資をしている以上、避けられない事なのである。

そんな時に、いつまでも引きずっていたり、なんとか株価が上がるのを待っていては、次の行動が何も出来なくなってしまう。

 

投資において、終わった事は全て過去と捉えて忘れ、これからを見つめる事の重要性を説いている素晴らしい名言である。

 

まとめ:『インベスターZ』を読んで投資を始めよう!

いかがだろう。

ここで紹介した言葉たちは、作中のほんの一握りに過ぎない。

 

『インベスターZ』という漫画は投資に興味があるあなたにとって、ただの投資の教科書以上の素晴らしい参考書となってくれる。

 

さらに付け加えてこの漫画の良さを語るならば、ただの投資に関するノウハウだけでなく、投資をすべき企業の見分け方、企業研究の仕方まで、作中で詳しく説明してくれるところにある。

 

元銀行員として、自分は融資先の企業の研究は仕事でよく行っていたが、それと同じ手法・着眼点をこの漫画はあなたに教えてくれる事だろう。

自分も驚いたが、銀行が企業を見る目線と同じものを、『インベスターZ』はあなたに示してくれる。

 

まだまだこの漫画の魅力は他にもあるのだが、数万字に及んでしまいそうなので、本記事ではこの辺りで締めさせて頂く事にする。

是非、この良本を手に取り、投資について楽しみながら理解を深めて行って貰えればと思う。

 

そして、是非投資に一歩踏み出し、わずかでもお金を増やしてみて欲しい。

そうすれば、もうあなたは立派な、一人の投資家となれるだろう。

 

それでは、またの更新をお楽しみに。

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)銀行同期・友人推薦の転職サイト