元銀行員が教えるバランスシート(貸借対照表)の見方

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!
Ryohei
ペンタごん、バランスシートの見方は知ってるかい?
ペンタごん
ばらんす…しーと?  
Ryohei
これが分かれば、投資に役立つよ。大好きなお魚が食べまくれるかもね
ペンタごん
是非、教えて下さい!

 

あなたは、バランスシートの見方は知っているだろうか?

 

恐らく、多くの人が、『損益計算書』と共に聞き慣れない言葉になっていると思う。

企業の決算書で、絶対にチェックが必要なのが、『バランスシート(貸借対照表ともいわれる)』と『損益計算書』だ。

 

株式投資を学んでいきたい初心者にとっては、バランスシートは、投資先の企業を知るうえで必須となる資料である。

 

ただ、何も知らない初心者が、いきなりバランスシートを見ても、「なんのこっちゃ」で終わってしまうだろう。

なので、今回はバランスシートの見方を、元銀行員の自分ができるだけ丁寧に説明していきたいと思う。

 

僕が銀行員時代の諸先輩方から学んだ教えも、あなたとシェアしたいと思うので、ぜひ、じっくりと読んでみて欲しい。

それでは、早速進めていきたい。

損益計算書の見方については、『元銀行員による、投資家の為の損益計算書の見方』を参考にして欲しい。

 

1.バランスシートとは?

ペンタごん
バランスシートって言うからには、何かがバランスしているの?  
Ryohei
そうだよ!お金のバランスをあらわしているんだ!

 

そもそもバランスシートとは何か。

銀行員としては、これほどなじみ深い言葉はないが、一般的にはほとんど聞きなれない言葉だと思う。

ネットで検索した際の意味としては、このようになっているだろう。

 

バランスシートとは、一定時点における企業の財政状態を示す一覧表のこと。 貸借対照表ともいう。

企業の「資産」と「負債」「資本」を対照表示することによって、企業の財政状態を明らかにする報告書である。

 

バランスシート(ばらんすしーと)とは – コトバンク

ペンタごん
何を言ってるのか全然分からないぞ…  
Ryohei
大丈夫。とても簡単な話だよ

バランスシート(貸借対照表)とは、要するに、

 

『お金のバランスをあらわしたもの』

と思って頂きたい。

では、具体的には何のバランスなのか?

 

バランスシートは、以下の3つで成り立っている。

資産:自分が持つ全財産。お金、もしくは売ればお金になるもの。

負債:いわゆる借金。ローンや、人から借りているお金。

資本:全財産から、借金を引いて手元に残る分。つまり、本当に自分が持っているお金。

 

なので、バランスシートの『バランス』とは、

 

資産負債資本

 

この左右のバランスが成り立っている事だと思ってもらえばOKだ

考え方としては非常にシンプルで、自分の所持金すべて(資産)から、返さなくてはいけない分(負債)を差し引いて、残った分が自分が持っているお金(資本)である。

ペンタごん
なるほど!すごく簡単な話だね!  
Ryohei
バランスシートの見方は、本当に全然難しくはないよ

自分が持っているお金(資本)を知る方法としては、自然な流れだろう。

バランスシートという言葉を知らなくても、これくらいの事なら、あなたも普段からやっているかもしれない。

 

これは今回に限らず、銀行用語となると、やたら横文字の難しそうな言葉が飛び交うが、その意味は割と簡単な事が多いので、安心して欲しい。

 

バランスシートのざっくりとした内容については、これで理解頂けたと思う。

 

バランスシートは本来、企業が決算期などに、自社のお金の状態を明確にするために用いるものだ。

その為、企業にお金を貸す銀行員にとっては、その会社の良し悪しを判別する非常に重要な参考資料となる。

なのでもちろん、投資家にとっても大事な資料になる、というわけだ。

 

2.バランスシートの覚えやすいコツは?

Ryohei
せっかくだから、バランスシートと損益計算書の覚えやすいコツも、話しておこうか
ペンタごん
おお!助かります!  

つまづきがちな、バランスシートと損益計算書の違いもかんたんにしようと思う。

さほど難しい話ではないので、安心して読み進めて欲しい。

 

バランスシートは『輪切り』と考えよう

Ryohei
企業のお金の状態を、輪切りにしたのがバランスシートだよ!

B/Sはある一時点の財務状態なので、いわゆる『輪切り』と表現される。

企業の財務をスパッと切って、その時の状態を見るのでそう呼ばれるのだ。

この輪切りにするタイミングは、ほとんど決まっており、3月に決算をする企業であれば、3月31日時点で輪切りにした財務状態が、決算書に載るイメージだ。

 

そのほかにも、3か月に一度(『四半期』と言う)のペースで出る企業の報告書でも、輪切りにされたバランスシートが載っている。

3月決算先なら、3,6,9,12月のタイミングである。

 

このように、バランスシートは、ある日の時点でスパッと切った企業の財務状態を見る為に役立つのである。

 

損益計算書は『バスタブのお湯』と考えよう

Ryohei
時間をかけて、バスタブに貯めたお湯が損益計算書だよ!

対して、損益計算書は通常、一年間で、どれだけ収入があって、どれだけ支出があったかを見るものなので、『輪切り』では無く、『一定の期間』で見るものと言う違いがある。

 

なので、イメージとしては、時間をかけてバスタブに貯めたお湯、と考えれば分かりやすいだろう。

勿論、バスタブは底の栓が抜けていたら、お湯は貯まらない。

これと損益計算書は同じで、お金をたくさん稼いでも、その分使ってしまったら、結局儲けは残らないのだ。

ペンタごん
なるほどー、バランスシートと損益計算書は全然違うんだね!  
Ryohei
うん、ただ二つには大事な繋がりがあるんだ

 

バランスシートを繋ぐのが損益計算書

Ryohei
バランスシート同士をつなぐのが、損益計算書の役割だね

上記の図を見て欲しい。

左のバランスシートから、1年後経ったのが、右のバランスシートである。

 

1年間で、損益計算書上で100万円の利益があったならば、それはそのまま、資本のところにドバドバと入ってくるイメージだ。

そしてバランスシートは必ず左右対称になるので、その分だけ資産も増える、という流れになる。

 

このように、損益計算書は、バランスシートを繋ぐ役目もあるのだ。

ペンタごん
ふむふむ。なんとなくイメージはつかめたぞ。 
Ryohei
とりあえず今は、この簡単なイメージだけつかんでおけばOKだよ!

 

3.バランスシートの見方

Ryohei
バランスシートは、下から見るのがコツだよ!
ペンタごん
下から…? 

 

こちらが、簡単なバランスシートの図なので、資産と負債のところをより細かく見ていきたいと思う。

 

資産について
  • 流動資産:1年以内に現金に出来る見込みのあるもの (現金や預金、在庫など)
  • 固定資産:現金にするのに1年以上かかる見込みのもの (土地や工場、オフィスなどの建物)

 

負債について
  • 流動負債:1年以内に返済を終えなければいけないもの (1年以内に返済期限がくる借金を短期借入金という)
  • 固定負債:返済を終えるまで、1年以上かかる見込みのもの (返済期限がまだ1年以上ある借金を長期借入金という)
Ryohei

資産も負債も、分類のコツは、お金になりやすいものほど上に置くのがポイントだよ!

例えば、現金は資産の一番上とかだね。

ここで、バランスシートを見るコツとしては、下から見ていくのがポイントである。

 

上記のバランスシートで言えば、固定資産(土地と建物)2,000は、何でバランスをとっているだろうか?

これは、すぐに分かると思うが、資本500固定負債(長期借入金)1,500である。

 

固定負債は、基本的に固定資産を支えるものと考えられているので、上記の図では、きちんとバランスがとれていると考えられる。

 

そして、流動資産(現金と定期預金)1,000は、流動負債(短期借入金)1,000とバランスがとれているので、上記のバランスシートは良い形になっていると言っていい。

一方で、以下のバランスシートはいかがだろうか。

このバランスシートでは、固定負債(長期借入金)が大きすぎて、固定資産をはみ出し、流動資産まで支えてしまっているので、あまりバランスの形が良いとは言えない。

 

僕がこの会社に銀行員として話をするなら、固定負債(長期借入金)を少し減らすと良いかもしれませんね」と言うだろう。

長期借入金は、金利も高めなので)

 

ペンタごん
なるほど、バランスシートは下から見るのか  
Ryohei
うん、それでお互いに何を支えあってるのかを見るのが大事だよ

実際のバランスシートはもっと複雑でさまざまな項目が出てくるのだが、ひとまず初心者の内は、全体のバランスを見ておけばOKだ。

そのためにも、下から見ることで、バランスの良し悪しが分かるようになると思う。

 

4.バランスシートは自己資本比率もチェック!

ペンタごん
思ったんだけど、この資本って大きいほど良いのでは? 
Ryohei
その通り!それを見るのが、自己資本比率だよ!

最後に、投資家になる上で超大事な自己資本比率の話をしておきたい。

あなたも少し、きづいていたと思うが、資本は大きければ大きいほど良い。

なぜなら、資本こそ、純粋に手元に残るお金だからである。

 

長年続く企業は、毎年の利益を積み重ね、資本に貯めていく事で、ちょっとやそっとじゃつぶれない会社を作っているのである。

なので、この自己資本比率は、その会社を見る上で非常に大事になる。

自己資本比率の計算式は非常に単純である。

 

資本÷総資産(負債資本)×100%=自己資本比率

 

では、以下のバランスシートの会社の自己資本比率は、いくらになるだろうか?

資本500÷総資産4,000(負債3,500資本500)×100%=自己資本比率12.5%

 

となり、自己資本比率は12.5%となる。

これが30~40%くらいになると、ピカピカの優良企業と考えていいだろう。

逆に、自己資本比率がひとケタになっていると、少し危ない企業として見て良いと思う。

この自己資本比率は、その企業だけで見るのではなく、ライバル会社と比較して見るのが大事だ。

Ryohei
この自己資本比率によって、その会社の『健全性』が分かるようになるよ!

 

5.バランスシートの見方まとめ

バランスシートの見方まとめ
  • バランスシートは『輪切り』と考えよう
  • 損益計算書は『バスタブのお湯』と考えよう
  • バランスシートを繋ぐのが損益計算書
  • 資産負債資本のバランスは、下から見てどうなっているのか。
  • バランスシートは自己資本比率もチェック!
ペンタごん
ありがとう、バランスシートがだいぶ分かるようになったよ 
Ryohei
実際はもっと奥が深いけど、まずは入門編として頭に入れておいてね

いかがだっただろうか。

今回は、初心者の投資家向けにバランスシートの紹介をした。

 

一見、敬遠しがちなバランスシートだが、まずは簡単な数字のチェックから始めると良いと思う。

 

資産負債資本のバランスは、下から見てどうなっているのか。

自己資本比率はいくらで、ライバル会社と比べてどうなのか。

 

そうすれば、少しずつバランスシートの理解も深まり、企業を研究するのが楽しくなってくるはずだ。

企業の研究が楽しくなれば、あなたはもう立派な、投資家の一人となるだろう。

 

▼話題の仮想通貨で投資を始めてみませんか?▼

あわせて読みたい

⇒元銀行員が思う、仮想通貨は『長期目線の積立』がお勧めという話

⇒COMSAを購入。登録方法・買い方・注意点まとめ【仮想通貨】

 

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)銀行同期・友人推薦の転職サイト