【注目ICO】ASOBI COIN(アソビコイン)とは?将来性・今後の予想【仮想通貨】

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)人生初の電子書籍を出版しました!

元銀行員ブロガーの亮平です。

注目のICO、ASOBI COIN(アソビコイン)の解説をしていきますね。

 

「ブロックチェーンテクノロジーを活用し、 デジタルコンテンツの保護流通プラットフォームを提供します」

そんなプロジェクト概要を掲げているASOBI COINですが、「デジタルコンテンツ?保護流通って?」と疑問を持つ方も多いと思います。

なので今回はASOBI COINについてイチから解説した上で、鍵となるデジタルコンテンツや、さらに将来性・今後の予想までお話します!

個人的にかなり注目しているICOなので、ぜひご参考に!

 

ICO投資にはリスクがつきものです。

僕もICO案件は吟味をした上で紹介していますが、ご自分でも公式サイトやホワイトペーパーを熟読の上、自己責任にてお願い致します。

1.ASOBI COIN(アソビコイン)とは?

①ASOBI COIN(アソビコイン)について

通貨名ASOBI COIN
ICOプレセール2018年7月4日15時〜
発行上限枚数3億枚(プレセールにて50%販売)
運営会社アソビモ株式会社
公式サイト公式サイトリンク
ホワイトペーパーホワイトペーパーリンク

ASOBI COINの詳細はこちらです。

日本発のプロジェクトとして注目が集まっていますね。

 

ICOは、7月4日からスタートのようです。

次に、運営会社について見ていきましょう。

 

②運営するアソビモ株式会社について

会社名アソビモ株式会社
社員数550人
資本金4億8050万円
所在地東京都豊島区池袋3-1-2
設立 2003年

アソビモ株式会社は、15年以上のオンラインゲーム運営実績がある企業なんですね。

なので運営元としてしっかりしており、安心できそうで良いですね。

オンラインゲームでは結構有名なようですね…。

代表作の「アヴァベルオンライン」は、なんと累計売上約 200億の大ヒットなので驚きです。

なので見方としては、オンラインゲームの実績豊富な国内企業が、ブロックチェーン業界に参入してきたというわけですね。

 

2.ASOBI COIN(アソビコイン)の特徴|デジタルコンテンツの二次流通とは?

①デジタルコンテンツの二次流通について

ASOBI COINは、ブロックチェーンを活用して何をするのが狙いなのでしょうか?

その説明の前に、まずは『デジタルコンテンツの二次流通』についてざっくり頭に入れておきましょう。

 

『メルカリ』や『ヤフオク』は、あなたも使った事があると思います。

一度使った中古品の売買に主に使われており、これがいわゆる『二次流通』なんですね。

では、『デジタルコンテンツの二次流通』とはどういう事か。

たとえば電子書籍やダウンロードした音楽は、中古販売なんて見た事ないですよね。

 

理由はシンプルで、デジタルだと複製(コピー)が容易にできてしまうから。

それを解決しようとしているのが、まさにASOBI COINなのです。

 

②ブロックチェーン技術を活用し、複製を防いで流通できるようにするのがASOBI COINの狙い

「ブロックチェーンはデータの改ざんを事実上、不可能にしている」という話は、あなたも聞いた事があると思います。

なのでブロックチェーン技術を活用すれば、デジタルコンテンツの複製も防いで流通できるようになる…というのがASOBI COINの狙いなんですね。

うーんなるほどですね…一度使用した電子書籍や音楽、オンラインゲームのアイテムを売買していくためには、たしかにブロックチェーンは相性が良いとは思います。

アソビモ株式会社は、すでにオンラインゲームのノウハウがあるので、ゲーム内でもASOBI COINを利用可能にしていくようですね。

これは将来性を感じますね、非常に勢いがあるロックチェーンゲームとも相性が良いでしょうし、期待できると思います。

 

③『ASOBI MARKET』にて、二次流通市場の拡大を目指す

この『デジタルコンテンツの二次流通』が普及した先にある構想が、『ASOBI MARKET』ですね。

これはイメージしやすいですが、ゲームやソフトウェア、音楽や動画にいたるまで、さまざまなデジタルコンテンツを中古して売買し、再利用していく場だと思って下さい。

 

たしかに、映画などでもコピー作品はよく問題になっていますし、電子書籍なども一回読み終えたら終わり…というのももったいないですしね。

実現できれば、私たち一般ユーザーにとっては、価値ある市場ができると思います。

 

3.ASOBI COIN(アソビコイン)の評判は?

では、ASOBI COINの評判を見ていきましょう。

さすがにスキャムではなさそうですし、プロジェクト自体は非常に面白そうですよね。

 

ただ、ICOは海外で行うようですね。

すでにアソビモへインタビューをされている方もいるので、紹介しておきますね。

ASOBI COINへの投資を考えている方は必読ですよ。

>>参考:アソビモ社にブロックチェーン参入(ASOBI COIN)について突撃インタビュー!(外部リンク)

 

4.ASOBI COIN(アソビコイン)のICO情報

  • トークン:ERC20
  • ソフトキャップ:約5億円(500万ドル)
  • ハードキャップ:約50億円(5000万ドル)
  • 発行枚数:3億枚(プレセールにて50%販売)
  • プレセール:7月4日の15時スタート

現時点でのICO情報の詳細をまとめてみました。

プレセールは7月4日からで、発行枚数の半分を予定しているようですね。

上記を見る限りでは、エアドロップも行われるようですね。

このあたりの情報については、今後も随時リリースがあると思います。

 

5.ASOBI COIN(アソビコイン)の将来性・今後の予想

ASOBI COINのロードマップとしては、2018年中にASOBI COINをまず自社・他社ゲームで利用可能にしていくようですね。

その上で、二次流通のプラットフォームとなるASOBI MARKETも開始していくとの事です。

 

個人的に思うハードルとしては、二次流通市場が果たして思うように広がっていくか…という心配はあります。

技術的な課題もそうですし、電子書籍や音楽、ゲームなどさまざまな商品があるので展開が難しそうですよね…。

ただプロジェクト自体は面白いと思うので、期待したいと思います。

 

6.まとめ:ASOBI COIN(アソビコイン)とは?将来性・今後の予想

いかがだったでしょう。

「デジタルコンテンツの二次流通」が普及していく事により、私たちユーザーにとっては便利な環境になる事は間違いないと思います。

 

メルカリなんて今では当たり前のように使われてますし、それだけASOBI COINにも期待できるといえるでしょう。

興味がある方は、ぜひ参加してみて下さい!

 

▼仮想通貨投資と一緒に、他の資産運用もどうぞ▼

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)スポンサードリンク