【インタビュー】話題のフィスコ仮想通貨取引所の越智社長と中川取締役へ取材!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)スポンサーの起業家、ふっさん様です!

元銀行員ブロガーの亮平です。

いま話題のフィスコ仮想通貨取引所へ、インタビューしてきました。

「フィスコ仮想通貨取引所って正直どうなの?」

「フィスコの強みはなに?」

「今後増やす銘柄は?ユーザーにとって気になる手数料は?」

「話題になったZaifへの金融支援の背景は?Zaifとは今後はどうしていくつもり?」

これらの気になるところを、すべて聞いてきましたので、まとめておきますね。

実は初めてのインタビュー取材でしたが、フィスコは個人的に非常に注目している取引所なので、今回色々と伺ってきました。

いま最もホットな取引所であるフィスコ、ぜひじっくり読んでみて下さい!

 

\上場企業グループの安心セキュリティ!/
フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

0.フィスコ仮想通貨取引所へ行ってきました

表参道駅から歩いてすぐの、こちらのお洒落なビル。

取材場所は、なんとこのビルの2階。

仮想通貨取引所とは思えない、アート色が強めです

オフィスにお邪魔すると、会議室もお洒落なデザイン。

アート色が強めで驚きました。

いきなりフィスコの意外な一面を見つつ、さっそくインタビューを始めさせて頂きました。

 

1.フィスコ仮想通貨取引所の越智社長と中川取締役へインタビュー取材!

左奥が越智社長、手前が中川取締役

  • 越智 直樹代表取締役様
  • 中川 博貴取締役 営業企画部 部長様

当日は上記2名の方にご挨拶させて頂きました。ありがとうございました。

①フィスコが仮想通貨取引所に参入した経緯

亮平
ではさっそくですが、2016年に貴社が仮想通貨取引所に参入した経緯を教えて下さい
中川取締役
キーワードとして「パワーシフト」と我々は呼んでいますが、今までフィスコグループが行っていた金融メディア(記事配信)の事業とは別に、今後の成長分野はどこか、と考えていました。

その時、金融の世界では仮想通貨業界に注目の的が変わっていっている流れが見え始めたのが2015年頃です。

金融業界の最前線にいたバンカーのアイデアや知見が仮想通貨に向かう匂いを感じ、フィスコグループとしても仮想通貨の分野で何かできないかと考え、取引所への参入を決めたのが大まかな経緯です

亮平
国内で仮想通貨が盛り上がる前から、すでに動き出していたという事ですね
中川取締役
ただ当時の我々には、仮想通貨に関するノウハウがまだありませんでした。

そこでフィスコグループとして、Zaif取引所を運営していたテックビューロ社と資本業務提携を締結。

Zaif取引所のOEM(ここではZaifの取引システムをフィスコ仮想通貨取引所が使用するという意味)により、取引所をスタートしました

 

②フィスコ仮想通貨取引所の現状、そして今後のメインターゲット層は

亮平
では、フィスコ仮想通貨取引所のメインターゲットについて教えて下さい。

先日、FDAG(フィスコデジタルアセットグループ)の田代社長のインタビュー動画でも、Zaifへの金融支援の背景としてターゲット層の違い(Zaif取引所は個人、フィスコ仮想通貨取引所は法人)をお話されていました

越智社長
やはり、親会社フィスコの子会社という所もあって、フィスコの情報配信におけるターゲットはどちらかというと、すでに株式投資を何年もやっているような方々でした。

B to C(Business to Consumer:個人向けサービス)でいう個人のイメージは、プロのような投資家の方々です。

またフィスコグループの顧客として、すでにBtoB(Business to Business:法人向けサービス)も多かったため、既存の顧客と仮想通貨の掛け算は面白いのではと思っていたのが、当初の構想です

亮平
今後のターゲットとしてはいかがでしょうか?
越智社長
今回のZaif取引所との話も含めて、現状はまだ流動的な部分もあります。

2018年からは個人顧客向けの仮想通貨取引所として、力を入れていこうとも考えていますので

 

③フィスコ仮想通貨取引所の強みは?

亮平
現在、ビットフライヤーコインチェックZaifという国内大手取引所が軒並み新規登録停止となっています。

その中で、貴社が他の取引所と比べてアピールしたい強みを教えて下さい

越智社長
後ほどお話しする、Zaif取引所とのシステムの分離にも大きく関わってきますが、

我々は上場企業の傘下である仮想通貨取引所という事もあり、セキュリティに力を入れています。

セキュリティ運営についてはなかなか表現が難しいですが、もう少し詳細にお話しすると、外部の有識者・専門機関に複数依頼し、当取引所のシステムチェックを定期的に行っております。

内部管理も含めて、ユーザーの皆様に安心してお使い頂くために、ここは重要視しています

亮平
昨今、セキュリティの重要性はどの取引所も挙げていますが、実際のところは私たちユーザーからはなかなか見えませんしね。

その中で、上場企業グループとしての安心感は間違いなくあると思います

 

④銘柄数の増加については?

現状は3通貨+3トークン

亮平
今後、取引所で扱う銘柄の増加予定について教えて下さい。

現状はビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)の3通貨と、グループ会社発行のトークン(FSCC・CICC・NCXC)が3種類ですね

中川取締役
これから1年以内に3通貨は増やしたいと考えています。

イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)を予定しています。

後は順次、マーケットを見ながら拡大を考えています

亮平
今ある3種類のトークンも、今後について教えて下さい
越智社長
現時点で、すでに自社商品やサービスとトークンを交換できる施策は行っています。

あまり知られていないですが、カイカコイン(CICC)をM&A(企業の合併・買収)資金の一部に充てたりもした事があります。

今後もトークンの使用などは拡大していくつもりですが、なにぶん上場企業グループがトークン発行して取引所に流通しているというのは、日本初の試みとなっているため、そこは慎重に進めていくつもりです

 

⑤ユーザーにとって気になる取引手数料は?

2018年9月より取引手数料が改定。実質的な値上げとなった

亮平
ユーザーが敏感になる取引手数料についてもお伺いします。

2018年9月、取引所システムの分離にあたって、取引手数料も改定を発表されました。

今まで取引手数料無料としていたのを、0.1~0.3%と実質値上げとした背景を教えて下さい

越智社長
取引手数料ゼロによってユーザー拡大を狙うのは一つのプロモーションとしてはアリだと考えているんですが、

一方で重視すべきは、先ほども挙げたセキュリティ対策ですね。

 

今回の手数料改定は、セキュリティ対策にコストをかけて、安心して使って頂く為の我々の意思表示だと捉えて頂ければと思っています。

ただもちろん、手数料に敏感なお客様もいらっしゃるので、今後は取引量に応じたキャンペーンなども行っていく予定です

中川取締役
まだ今は新システムへ移行したばかりの時期です。

取引所として24時間365日安定稼働し、取引のボリュームと手数料をバランスよく随時調整していきたいと考えています

 

2.気になるZaifとの連携は?フィスコ仮想通貨取引所の今後についてもインタビュー

①Zaif取引所(テックビューロ社)への金融支援の背景について

亮平
今ホットなテーマになっている、Zaif取引所を運営するテックビューロ社への金融支援を行った背景を教えて下さい
中川取締役
仮想通貨が少しずつ認知されてきた2016年から、同業他社と互いに切磋琢磨しながら、いっしょに日本国内にてマーケットを作ってきたという思いがあります。

その中で業務提携や戦略的なパートナーとして、特に密に連携していたのがテックビューロ社でした。

テックビューロ社の方でハッキング事件が起きた次の日には我々もサポートに入りましたし、元々の関係性の中で支援を行ったのは、ごく自然な流れと考えています

 

②Zaif取引所のOEMから分離、独立した経緯

亮平
Zaif取引所でハッキングが起こる2日前に、貴社はZaif取引所のOEMから新システムへ分離・独立していましたが、改めてシステム独立の背景を教えて下さい
中川取締役
今後、仮想通貨取引所に力を入れていこうと考えていたのは先ほどお話した通りですが、Zaif取引所のOEMからの独立については、今後の展開を見据えての判断です。

さまざまな点を複合的に考えて、新システムへの移行を検討したのが背景です

亮平
と、いう事は結果として貴社は偶然的に、Zaif取引所へのハッキング被害による影響を回避したという事で宜しいでしょうか
越智社長
結果としては仰る通りで、我々の方はまったく影響を受けていません。

ただ偶然として免れたのは、あくまでも取引所に力を入れていくために新システムへ移行しようと考えていた背景があるという事です

 

③Zaif取引所とフィスコ仮想通貨取引所の今後の連携について

亮平
Zaif取引所とフィスコ仮想通貨取引所が合併する構想というのは、現時点では無いという認識でよろしいでしょうか
越智社長
はい、現時点では考えておりません
亮平
であれば、今後の連携についてはいかがでしょうか。

たとえばZaifで人気だった積立機能『Zaifコイン積立』が、フィスコ仮想通貨取引所の銘柄でも使えるようになる…などあれば、話題性が出て面白いかなと思っています

越智社長
そういったお話も、いろんな所から声は頂いております。

ただ、まだこれからの部分が多いので、具体的な連携については全体を見ながら考えていこうと思っております

亮平
(さすがに答えてくれなかったが、ここは何かありそう。

Zaifとの連携については今後、非常に注目ですね…)

亮平
では最後に、改めてユーザーの方へフィスコ仮想通貨取引所の魅力をお願いします
越智社長
当取引所のセキュリティについては、お話した通り安心して使って頂ければと思っております。

あとはこれから取引所のサービス拡大を進めるために、色々と手を打っていくつもりです

中川取締役
具体的な取り組みとして考えているのは、レンディングサービスやレバレッジ取引などの開始ですね。

もう一つはまったく新しい施策として、ビットコイン担保ローンなども考えているので、ぜひ楽しみにしていて下さい

今回の取材にあたり、中川取締役の著書「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」を頂きました。

予想されうる法定通貨から仮想通貨へのシフト、その背景と未来像について検証されています。

ぜひ、こちらもお読みください。

 

3.【おまけ】フィスコ仮想通貨取引所の意外な一面

インタビュー後は、越智社長にオフィス内を案内して頂きました。

冒頭でも触れましたが、フィスコ仮想通貨取引所には意外な一面が結構ありました。

オフィス1階にはバイクも展示されており、関連企業のネクスグループは鈴鹿8耐レースにも参戦されているとの事です。

隠れ家的なバー「WALL

また外からはまったく気づかないですが、オフィス1階のある扉の向こうには、なんと隠れ家的なバーがあります。

WALL」というバーで、一般の方も利用できるそうなので、是非探してみて下さい。

(パッと見は全然分からない、扉の先にあります)

 

4.【まとめ】話題のフィスコ仮想通貨取引所へのインタビュー取材!

いかがでしょうか。

話題のフィスコ仮想通貨取引所について、色々とインタビューさせて頂きました。

越智社長様、中川取締役様、この度はありがとうございました。

 

取材した感想としては、今後フィスコ仮想通貨取引所は、大きく動いていく予感がしました。

取引所に力を入れて運営していくそうなので、Zaifとの連携含め、今後に注目ですね。

ぜひあなたも、フィスコ仮想通貨取引所を試してみて下さい!

 

\セキュリティも安心!/
フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

▼フィスコ仮想通貨取引所の詳細はこちら▼

【4コマ漫画】ウェルスナビに100万投資したら…

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)外貨預金はGMOあおぞらネット銀行
【外貨預金】GMOあおぞらネット銀行