【COMSA上場まとめ】チャートやユーザーの反応、今後の価格予想

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!

元銀行員ブロガーの亮平です。

以前から注目していた、 COMSA がついに上場しました。

 

国内最大のICO(仮想通貨の新規売り出し)だったCMSトークンの販売により、100億円以上の資金調達で一躍話題になりましたね。

12月4日、晴れて上場したCOMSAのチャートやユーザーの反応、今後の価格予想などをまとめておきます。

 

1. そもそもCOMSAとは?

COMSAはざっくり言うと、仮想通貨のICO(新規売り出し)を手伝ってくれるサービスです。

ICOを行うには、ブロックチェーン技術などいろいろな準備が必要ですが、COMSAがサポートする事により、ICOがスムーズに行えると話題になりました。

 

そこで、COMSAを開発したテックビューロ社が、まず自社で『CMSトークン』をICOとして売り出したのが、上場に至る流れです。

>>関連記事:【COMSAの購入方法】登録・買い方・注意点まとめ

 

2.12月4日、COMSA上場

COMSAは12月4日、予定通り上場しました。

ただ夕方になっても何のアナウンスも無かったので、僕も少し不安になりましたが…。


アクセスが集中したか、サーバーも一時落ちていましたね。

(Zaifはサーバーの弱さで有名ですね…)

 

3.COMSA上場後のCMSトークンのチャート

COMSA上場で、2つのトークン(通貨のようなもの)が発行されました。

XEM(ネム)ベースと、ETH(イーサリアム)ベースの2つですね。

COMSAは、強固なNEMプロトコルと、強力なEtheremのスマート・コントラクトを活用し非中央集権化されたアプリケーションを開発することによって、相互代替性を実現する全く新しいソリューションで、CMSトークンも、CMS:XEMとCMS:ETHの2種類が発行されます。

-COMSA公式ページより

 

こちらが『CMS:XEM』(ネムベース)のチャート

12月5日11時現在で、150円前後で動いています。

昨日は190円くらいまで高値をつけていましたね。

 

こちらが『CMS:ETH』(イーサリアムベース)のチャート

昨日は95円前後で推移してましたが、ジリジリと上がって来てますね。

 

ちなみに、僕は『CMS:XEM』で1,600CMSトークンほど持っています

1CMSトークン=1ドル(110円くらい)にて当初受け取っているので、150円で推移している現在は大幅に含み益が出ていますね。

まだ利確はしておらず、しばらく保有する予定です。

 

4.COMSA上場後のユーザー反応

ユーザーの反応はさまざまですね。

まだひとまずは様子見…という声が多いと思います。

 

5.今後のCMSトークンの価格予想

これは僕の予想ですが、CMSトークンが値上がりする可能性は十分あると思います。

COMSA経由で他のICOが話題になれば、CMSトークン自体も注目されるので。

 

後はやっぱり仮想通貨市場全体が右肩上がりで推移してますからね…早めに売ると後で悔やみそうなので。

 500円くらい には行って欲しいな…という希望を抱えておきます。

まだまだ目が離せないCOMSA上場後の動き、今後も注目していきましょう!

 

CMSトークンの取引には、Zaif登録をどうぞ。

本人確認に時間がかかるため、早めをお勧めします。

 

\CMSトークンはZaifだけ!/

 

▼Zaifで仮想通貨積立、始めませんか?▼

あわせて読みたい

 

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)銀行同期・友人推薦の転職サイト