どんな働き方でも、人生楽しんでいる人が無敵だと思う

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!

「もうこれで、俺たちは勝ち組だな」

 

僕が銀行に入る時、ある同期が言っていた言葉だ。

就職活動における厳しい競争の中で内定を勝ち取った事で、自然と出た言葉だったんだろう。

僕のなかには、何か引っかかるものがあった。

 

その3年後、僕は『勝ち組』から、離れる事を決めた。

もう自分が、何のために働いているかも分からなくなったからだ。

 

世間から見た『勝ち組の働き方』のイメージと、僕の実際の心境はまったく別なところにあった。

僕は最後まで、仕事を楽しむ事はできなかった。

 

 

思えば、社会人に限らず、多くの人は肩書で生きていると思う。

 

「あの人は●●の大学に通っていて…」

「あの人は大手企業の役員で…」

「あの人は退職してフリーランスになったみたいで…」

 

こんな世間話は、日常であふれている会話だ。

そしてその肩書に合わせて、「あの人は成功している」、「あの人は失敗した」などという話も自然と出てくるだろう。

 

そんな会話と一緒に、世間の多くの人は「大企業こそ勝ち組」と言うし、フリーランスで稼いでいる人は「サラリーマンはオワコン」と言う人もいる。

 

だが、退職をして、メガバンクからフリーランスになった人間にだからこそ思う。

 

サラリーマンやフリーランスの良い悪いの評価なんて、本当にどうだっていい。

 

フリーランスになった人の中には、「サラリーマンはオワコン。早く辞めた方が良い」と言っている人も見かけるが、正直いかがかと思う。

どっちが良いとか悪いとか、そんな話自体が不毛だ。

 

確かにサラリーマンの中には仕事に悩みを抱えて、日々辛い思いをしながら働いている人も多いかもしれない。

だが、一方で仕事を楽しんで、何不自由なく働いている人だって、僕は見てきた。

 

働いているその人自身がやりがいや幸せを感じているなら、もうそれ以上周りが言える事はないだろう。

それなのに、一つの働き方自体をひとくくりにして、悪いと決めつけるのは乱暴だと思う。

 

結局、働き方における良いか悪いかの基準なんて、この一つに尽きるんじゃないか。

 

「どんな働き方でも、人生を最高に楽しんでいる人が無敵」だと。

 

自分で楽しく働いている人は、勝ちだとか負けだとか、働き方が良いとか悪いとか、そもそもそんな判断は頭にないだろう。

ただ楽しいから、自然と働いている。

そこには勝ち負けを決める、敵なんていないのだ。

 

だからこそ、人生を楽しんでいる人が『無敵』だと思う。

 

勝ち組とか負け組とか、しょせんは世間と言うよくわからないものがぼんやりと決めたものだ。

もっと言えば、『他人が決めている評価』にすぎない。

 

そこには具体的な定義なんて何も無いし、そんなものにこだわる事自体が無意味なのかもしれない。

 

だから僕が言いたいのは、『幸せの評価は、自分で決めて行こう』という事だ。

幸せの価値観なんて人それぞれだ。

他人の評価に惑わされる必要なんかない。

 

この『働き方』という話においては、「自分が良ければ良いんだ」という気持ちを大事にして選んでいけばいいんじゃないか。

それが何より、ベストな選択肢な気がする。

 

周りの意見なんか気にしないで欲しいし、楽しそうに働いている人の働き方を非難する事も無くなれば良いと思う。

 

僕からは以上だ。

 

 

▼理想の働き方を見つけたい方へ▼

あわせて読みたい
(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)銀行同期・友人推薦の転職サイト