MacBookおじさんに群がる若者は、『たらちゃん』ではいけない

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!

 

あなたも、もうすでに見ているかもしれない。

いまTwitter界隈で、「#MacBookおじさん」なるハッシュタグが話題になっているのを。

 

このタグの主旨は、非常にシンプルだ。

大なり小なり、すでに成功している方たちが、将来有望な若者に成功のきっかけを与えるべく、PCのMacBookを無償で提供するという企画だ。

 

もうこんなサイトも立ち上がっている。

>>参考:MacBookおじさん.com

 

それどころかもうすでに、MacBookを送られた人もいるようだから驚きだ。

このムーブメント自体は、とても良いと思う。

意欲はあるが、ツールが無く悩んでいた若者を助けるという目的は大変素晴らしい。

僕も、学生の頃に出会いたかったと強く思った。

 

 

ただ、自分が危惧したのは、タダでPCが貰えるというおもらい根性だけで、ひたすらにMacBookおじさん達にDMを送る者が出てくると言う事だ。

 

予想通り、コピペしてひたすら送っている人も出ているようだが、そんな事をしても時間と労力の無駄だろう。

MacBookおじさん達に群がる若者達に、あえて警鐘を鳴らしたい。

残念な事実だが、この企画は「すでに行動していた人にしか権利はない」と思う。

 

まさしく、やぎぺーさん、ヒトデさんが上記のツイートをしている通りだ。

仮にPCが手元にない環境でも、すでになんらかの行動をしていた人しか、成功者たちは評価しくれないと僕は思う。

 

「準備が出来たら動きます」

「勉強が終わったら行動します」

「時期が来たら」

「情報を集めたら」

 

たら、たら、たら。

そんな人は『たらちゃん』と呼ばれる。

マンガの世界と一緒だという揶揄を込めてだ。

 

あなたがもし『たらちゃん』になってしまっているなら、まずMacBookおじさんに頼るより、自分で行動を起こさないといけない。

 

PCが無い、もしくはボロボロのPCを使っていても、いまここまで行動しているんだと。

ブロガーを目指しているなら、毎日大学の図書館に通って、記事を書いているんだと。

 

柔らかい卵を、自分なりに作っているんだと。

この卵を孵化させたい、そのためにはMacBookが要るんだと。

 

そんな説得力ある話が必要だろう。

MacBookおじさんに頼むなら、『たらちゃん』ではいけない。

まずは今の環境で始められる事を考え、行動して行く事からだろう。

 

もうひとつ。

タダでもらえると聞いて、安易に飛び乗るのは僕は反対だ。

 

『貰う事は、十字架を背負う』と僕は思う。

 

PCを貰った人がやっちゃいけないのは、自分から「やめます」と言ってしまう事だろう。

 

たとえば自分で買ったPCで好きにブログを書いているなら、いつ辞めたってかまわない。

個人の自由だからだ。

 

しかし、今回の企画でおじさんから貰うPCには、おじさんの期待がのっかっている。

 

おじさんがあなたの夢に投資をしてくれたのだ。

その期待をぜったいに裏切ってはいけないと、僕は思う。

 

『たらちゃん』になるな。

目先の利益だけに動くな。

 

それが、僕から若者に伝えたい警鐘である。

僕からは以上だ。

 

あわせて読みたい

 

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)銀行同期・友人推薦の転職サイト