ふるさと納税

【ふるさと納税のQ&Aまとめ】ブログに送られた質問を随時更新中!

ふるさと納税に関するQ&Aをこちらにまとめておきます。

ブログに送られた質問を随時更新していくので、追加で聞きたい事あればこちらの質問箱よりどうぞ。

>>質問箱で分からない事を聞いてみる

▼「そもそもふるさと納税とは?」という方はこちら▼

【元銀行員が解説】やさしいふるさと納税の始め方|メリット・デメリット・評判まとめ! 元銀行員ブロガーの亮平です。 ふるさと納税の始め方を、この記事で丁寧に解説していきますね。 結論から...

1.寄付前に関する、ふるさと納税Q&A

10,000円の寄付だと、2,000円が実質負担で、8,000円が税金前払いという認識ですか?

また年収に対して、 いくらまでが妥当なんでしょうか。

はい、10,000円の寄付だと、2,000円が実質負担で、8,000円が税金前払いになります。

さらに追加で寄付する際は、寄付額がそのまま税金の前払い(所得税還付+住民税控除)となるのでお得ですよ。

(20,000円の寄付だと、18,000円が税金の前払いになるイメージ)

 

年収からの控除上限額の目安計算は、シミュレーションを使うのが一番いいですね。

で、少し控えめにしておくのがいいですよ。 (寄付上限の目安が5万円と出たなら、4万円で抑えておく)

>>ふるなびで控除上限額のシミュレーションしてみる

 

50,000円寄付して50,000円分の返礼品が貰えるって事は、100%バックってことでいいですか?

確かに5万円寄付したら5万円分の返礼品がもらえるのですが、正確には100%バックにはならないです。

ふるさと納税には「還元率」というのがあり、たとえば5万円の寄付で1.5万円のがもらえるなら、還元率は30%です。

つまり、そもそも『5万円分の返礼品』=『5万円相当の価値』にはならないというわけですね。

【図解あり】ふるさと納税の還元率とは?計算方法やおすすめランキングも解説! 「ふるさと納税の還元率について知りたい!」という方へ。 本記事にて分かりやすくまとめていきますね。 ...

この還元率はふるさと納税で返礼品を選ぶにあたって非常に重要です。

還元率が高いと、わたし達にとってはお得感が出るからですね。

 

ふるさと納税サイトはどこを使えばいいですか?

迷ったら、Amazonギフト券コードの還元があるふるなびが一番おすすめですよ。

ふるさと納税は寄付額も大きめになるので、ポイント還元があるサイトだとかなりお得ですね。

各ふるさと納税サイトの比較は、こちらの記事にまとめました。

【徹底比較】おすすめのふるさと納税サイトを元銀行員が解説! 元銀行員ブロガーの亮平です。 人気のふるさと納税サイトを徹底比較していきます。 今年に入り、ふるさと...

 

おすすめの返礼品はありますか?

ベタですが、お米とお肉あたりですね。

僕も毎年かならず頼んでいるので、ふるさと納税で頼むとお得ですよ。

 

お米は特に、割と保存が効きますしね。

また、ふるさと納税の肉系だとすき焼きとハンバーグ、牛タンあたりがおすすめなので、ぜひ試してみて下さい。

>>ふるなびでお米を探してみる

>>ふるなびでお肉を探してみる

 

 

ふるさと納税の申し込みは12/31までとなってますが、申込んだ時点で今年分として取り扱われるんでしょうか?

はい、仰る通りでその年の申し込みは12/31までですね。

ちなみにワンストップ特例制度では、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」は2018年分における寄付後、2019年1月10日必着で提出しなければいけなかったので、2019年分で申し込む人も注意が必要ですね。

 

特別口座(源泉徴収あり)で、株の配当を年間20万円以下もらっています。

会社員として年末調整していますが、住民税申告は必要でしょうか?

また住民税申告が必要な場合、ワンストップ特例制度は利用できないでしょうか?

今回でいうと住民税申告不要で、ワンストップ特例が適用されます。

株の配当は住民税も併せて源泉されるはずなので。

(ただ申告の話は、税務署に問合せ下さい)

ただし例えばブログでの副収入などだと、住民税申告必要→ワンストップ特例不可ですね。

 

2.寄付後に関する、ふるさと納税Q&A

寄附金受領証についてです。これは、返礼品とともに郵送されてくるんでしょうか?

そして、必ず確定申告までには届くものと考えて良いのでしょうか?

(駆け込み納税したら受領証発送が遅れて確定申告期間に間に合わない?)

寄付金受領証明書は比較的早く来ます。

返礼品とは別に早めに送られてくるので、経験的には、2週間前後くらいですかね。

なので、駆け込みでふるさと納税しても基本的にはまず間に合うと思いますよ。

 

いつ税金は返ってくるのですか?

所得税は寄付をした翌年の確定申告後、1ヶ月後くらいに還付されます。

住民税は翌年の6月以降の控除となります。

(ワンストップ特例制度利用の場合は、すべて住民税からの控除ですね)

 

実際に税金が控除されたか確認する方法は、以下の記事にまとめました。

寄付して終わりにならないよう、最後までチェックしましょう。

【画像で解説】ふるさと納税の税金控除額の確認方法|金額やいつから確認できるかも紹介! ふるさと納税を寄付して終わりになっていませんか? 実際に税金が控除(こうじょ)、つまり少なくなっているかを確認する...

Q&Aは随時更新しているので、質問あればこちらからどうぞ。

>>質問箱で分からない事を聞いてみる

 

\Amazonギフト券がもらえる「ふるなび」がおすすめ!/

▼ふるさと納税サイトを徹底比較▼

【徹底比較】おすすめのふるさと納税サイトを元銀行員が解説! 元銀行員ブロガーの亮平です。 人気のふるさと納税サイトを徹底比較していきます。 今年に入り、ふるさと...
【確定申告者向け】ふるさと納税の手続き方法~返礼品の注文から税額控除まで(個人事業主・フリーランス)元銀行員ブロガーの亮平です。 個人事業主・フリーランス向けのふるさと納税の手続き方法である、『確定申告制度』について解説します。 ...
【会社員(サラリーマン)向け】ふるさと納税の手続き方法|返礼品の注文~税額控除(ワンストップ特例制度)元銀行員ブロガーの亮平です。 会社員(サラリーマン)向けのふるさと納税の手続き方法である、『ワンストップ特例制度』について解説しま...