【元銀行員が解説】ふるなびの評判・メリット・デメリット|Amazonギフト券の還元が超お得!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)スポンサーの起業家、ふっさん様です!
ペンタごん
ふるなびって気になるけど、どうなんだろ?
亮平
分かりやすく解説するね

元銀行員ブロガーの亮平です。

話題のふるさと納税サイト、『ふるなび』についてお話していきますね。

結論からいうと、他のふるさと納税サイトと比べて ふるなびは非常におすすめ です。

超お得なAmazonギフト券がもらえる!

まず第一に、大人気のAmazonギフト券が返礼品にあるのが、ふるなびなんですね。

さらにふるなびは、 +1%のAmazonギフト券コードのプレゼント もあるのも人気の理由です。

 

僕も色々とふるさと納税サイトは調べましたが、ふるなびは自信をもっておすすめできますよ。

2018年も残りわずかなので、早速見ていきましょう!

▶この記事でわかる事
  • 結論:ふるなびは非常におすすめ
  • Amazonギフト券の返礼品が大きなメリット
  • 1%のAmazonギフト券コードの還元もある(12月31日まではなんと2%に!)
  • 上場企業運営の老舗サイト

 

\Amazonギフト券がもらえる!/

0.ふるさと納税とは

ペンタごん
まずはふるさと納税について教えて!
亮平
自治体との流れを頭に入れておこう

ふるさと納税は、『地方の自治体(市区町村)に寄付ができる制度』だと思って下さい。

ふるさとという名前がついていますが、生まれ育った地域以外でも寄付は可能です。

 

そして寄付をしたら、自分が住んでいる地域の自治体に税額の控除(こうじょ)通知があり、税金が安くなるという仕組みです。

さらに、 寄付した自治体からお礼の返礼品がある ので、その分お得だと言われているんですね。

 

これがふるさと納税の簡単な流れです。

いっけん難しく思われがちなふるさと納税ですが、実は 『寄付をする』と『申請書の提出』だけで終わり なんですね。

この流れは、『ワンストップ特例制度』という仕組みで、確定申告が不要なケースです。

フリーランス・個人事業主などの方向けの『確定申告制度』のケースは別にあるので、詳細はこちらをどうぞ。

>>関連記事:【元銀行員が解説】やさしいふるさと納税の始め方|メリット・デメリット・評判まとめ!

 

1.ふるなびとは?

亮平
↑ふるなびのテレビCMだよ
ペンタごん
老舗のふるさと納税サイトなんだね…!
名称ふるなび
ポイント還元Amazonギフト券
自治体数200
運営会社株式会社アイモバイル(東証一部)
公式サイト公式サイトリンク

ふるなびは2007年に設立された、東証一部上場企業運営のふるさと納税サイトです。

自治体数は200とそれほど多くはないですが、なんと言ってもAmazonギフト券コードによるポイント還元が特徴ですね。

 

さらに12月31日まで、Amazonギフト券コードの還元が通常1%→2%になっています。

なので1万円の寄付をしたら、200円分のAmazonギフト券コードがもらえるというわけですね。

 

2.ふるなびのメリット

ペンタごん
ふるなびのメリットを教えて!
亮平
順番に説明していくね

 

①Amazonギフト券コードの還元あり

亮平
利用するとAmazonギフト券がもらえるよ

ふるなびの大きなメリットとしては、 Amazonギフト券コードでの1%還元 があります。

たとえば1万円で、100円分のAmazonギフト券コードがもらえるイメージですね。

このようなポイント還元は他のサイトにもありますが、ふるなびはAmazonギフト券なので大変使いやすいですね。

  1. ふるなび会員(登録無料)にご登録済みでログインされた状態で行われた寄附
  2. ふるなび関連サービスのサイト上から行われた寄附
  3. クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

条件としては、上記の3つがあります。

③のクレジットカードでの決済のみ気をつければ、基本的には問題無さそうですね。

 

さらに12月31日まで、Amazonギフト券が通常1%→2%還元になっています。

なので1万円の寄付をしたら、200円分のAmazonギフト券コードがもらえるので大変お得ですよ。

 

②【早期終了の可能性あり】Amazonギフト券が返礼品にある

亮平
Amazonギフト券自体も返礼品にあるんだ

ふるなびには、 大人気のAmazonギフト券(還元率40%)が返礼品 であります。

これは本当にお得ですよ、特に欲しいものが無かったらこのギフト券を選んでおけばいいですからね。

 

さらに先ほどお話した通り、ふるなびは+1%のAmazonギフト券コード(12月31日まで2%)がもらえるので、さらに破格の還元となりますね。

しばしば終了している返礼品なので、すぐに探してみる事をおすすめします。

>>【早期終了の可能性あり】ふるなびでAmazonギフト券を探す

ペンタごん
還元率ってなんだっけ?
亮平
↓以下の記事でまとめたから参考にしてね

 

③上場企業運営の安心感

亮平
上場企業運営の安心感があるね

ふるなびを運営しているのは、東証一部上場企業の㈱アイモバイルです。

なので運営元もしっかりしているので、ユーザーとしては安心して使う事ができますね。

 

3.ふるなびのデメリット

 

①自治体数が少ない

ペンタごん
自治体が少ないという事は、返礼品の数も多くないということか
 ポイントなど自治体数
ふるなびAmazonギフト券200
楽天ふるさと納税楽天ポイント480
さとふる480
ふるさとチョイス1,300

上記が自治体数を他のサイトと比較した表ですが、最大手のふるさとチョイスなどと比べて自治体数は少ないですね。

自治体数が多いと返礼品の豊富さに繋がってきますね。

 

ただ僕も実際に使ってきたので分かるのですが、返礼品の種類が多すぎると逆にかなり迷ってしまうんですよね…。

むしろふるなびは厳選して返戻品を用意してくれているので、個人的にはこれは大したデメリットではないと思います。

 

②返礼品の到着が速くはない

亮平
返礼品の到着は、だいたい2ヶ月前後かかるね

これはふるなびに限ったデメリットではないですが、返戻品の到着にだいたい2ヶ月前後かかります。

年末などの駆け込み時期だと、やや遅くなる可能性もありますね。

 

「そんなに待てない!」という方は、さとふるを試してみて下さい。

商品の発送手続きもすべて行ってくれているので、早ければ1~2週間程度で到着しますよ。

>>【到着が速い】さとふるを試してみる

 

4.ふるなびの評判

評判1
Amazonギフト券コードの還元はありがたい!
評判2
悩んだら返礼品をAmazonギフト券にすればいいから助かるわ
評判3
上場企業運営も安心だね
評判4
もう少し返戻品が豊富な方がいいかな

ふるなびのよくある評判をまとめました。

ふるさと納税初心者は基本的には、ふるなびを使えばいいと思います。

早く返礼品が欲しい際にはさとふるを使う…という風に使い分けられるといいですね。

 

5.ふるなびのおすすめ返礼品を紹介!

ペンタごん
おすすめの返礼品を教えて!
亮平
順番に紹介するね

それでは、ふるなびのおすすめの返礼品を紹介しますね。

40~50%程度の還元率がある、お得な商品を厳選しました。

 

①Amazonギフト券(還元率40%)

亮平
ダントツでおすすめだね

まずは先ほども紹介した、Amazonギフト券。

静岡県小山町の返礼品ですが、これは以前から大人気ですね。

 

Amazonならほぼ何でも購入できるので、実質2,000円の負担でゲットできますからね…。

早期終了しているかもしれないので、すぐに探してみる事をおすすめします。

>>【早期終了の可能性あり】ふるなびでAmazonギフト券を探す

 

②日本旅行ギフトカード(還元率50%)

亮平
驚異の還元率50%!

日本旅行ギフトカードはなんと還元率50%(!)。

切符や宿泊、国内海外旅行など日本旅行が取り扱っている商品ならほぼ使えるので、こちらもかなり幅広く利用できます。

期間限定との事なので、こちらもお早めにどうぞ。

>>【期間限定】ふるなびで日本旅行ギフトカードを探す

 

サーティワンの「アイスクリームギフト券」(還元率40%)

最後は、サーティワンの「アイスクリームギフト券」(500円×8枚)。

ふるなびで総合ランキング1位と人気のようですね。

500円×8枚で4,000円分なので、こちらも還元率40%とかなり高いのでおすすめですよ。

>>【総合ランキング1位】ふるなびでアイスクリームギフト券を探す

 

6.ふるなびの評判・メリット・デメリットまとめ

ペンタごん
ふるなびについてよくわかったよ!
亮平
さっそく試してみよう!

いかがだったでしょう。

僕もふるさと納税は色々と試していますが、 ふるなびは非常におすすめできるサイト です。

 

初心者の方も、まずはふるなびから始めてみると良いと思いますよ。

この機会にさっそく、試してみて下さい!

 

\Amazonギフト券がもらえる!/

▼ふるさと納税サイトの比較はこちら▼

【4コマ漫画】ウェルスナビに100万投資したら…

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)外貨預金はGMOあおぞらネット銀行
【外貨預金】GMOあおぞらネット銀行