【超入門】トラリピの評判と口コミ|FX初心者向けに分かりやすく解説!

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)人生初の電子書籍を出版しました!
ペンタごん
トラリピって気になるけど、どうなんだろ?
亮平
分かりやすく解説するね

元銀行員ブロガーの亮平です。

話題の資産運用型FX、『トラリピ』についてお話していきますね。

僕は1ヶ月で元手30万が、なんと314,747円(+約5%)まで増えました。

トラリピは売買注文を設定した後は、 自動で売買が行われる便利ツール です。

実際に利益は出てますし、仕事や家事などで忙しい方にもおすすめですよ。

 

そんなトラリピの評判と口コミを、本記事にて紹介しますね。

「そもそもFXってなんだっけ?」「自動売買の仕組みは?」という疑問にも、イチから説明していきます!

 

\サッと登録だけ済ませたい方はこちらへ/
マネースクエア

0.そもそもFX(外国為替証拠金取引)とは?

亮平
FXは、『外国為替証拠金取引』の事だね
ペンタごん
がいこくかわせ…しょうこきん?

FX(Foreign Exchange)は、日本語で言うと「外国為替証拠金取引」の事です。

難しい言葉が並んでますが、『外国為替』と『証拠金取引』を分ければかんたんですよ。

  • 外国為替:海外のお金の売買(日本円とドルや、ドルとユーロなど)
  • 証拠金取引:元手(証拠金)より大きな金額で取引できる

『外国為替』については分かりやすいですね。

まさにFX(Foreign Exchange:海外通貨の売買)の意味そのままといえるでしょう。

 

『証拠金取引』は聞き慣れない人も多いかと思いますが、『レバレッジ●倍で~』などの話を聞いたら、それが証拠金取引だと思って下さい。

たとえば10万円の元手(証拠金)で、レバレッジ5倍で取引するとします。

すると50万円(10万円×5倍)と元手より大きな金額で取引ができる、というわけですね。

もちろんこれは通常の取引よりハイリスクハイリターンになると覚えておきましょう。

 

1.トラリピとは?

①トラリピについて

亮平
↑トラリピが90秒で分かる動画だよ
ペンタごん
おぉ、分かりやすい!
正式名称トラップリピートイフダン
最低投資額10万円程度(1,000通貨単位)
手数料1,000通貨単位当たり50円(ドルの場合)
運営会社株式会社マネースクエア
公式サイト公式サイトリンク

FXと聞くと、なんとなくPCの前に張りついてずっと画面を見ているイメージですよね。

しかしトラリピなら、自動で売買を成立させていく設定を行う事ができます。

特許も取得しているトラリピの仕組みを、実際に見ていきましょう。

 

②トラリピの自動利益確定(売買)の仕組み

トラリピを理解するために、以下の3つを知っておきましょう。

名称の由来となっている「トラップリピートイフダン」、仕組み自体はかんたんですよ。

トラリピの仕組み
  • トラップ:いくつもの注文を、罠を仕掛けるようにまとめて設定
  • リピート:決済成立後、注文を何度もくり返す
  • イフダン:「もし●円で買えたら▲円で売る」というセットの注文を設定
ペンタごん
「安く買う→高く売る」がセットになってるって事?
亮平
うん、そんな感じだね

基本的には、トラリピは 「安く買う→高く売る」 がセットになっている自動売買ツールだと思って下さい。

たとえば、1ドル=100~110円のレンジ(幅)で、1円おきに買う設定をしておきます。

そして、購入額から1円上がったら売る(100円→101円)としておけば、後は自動で売買が行われるというイメージです。

 

そこに加えて、設定方法や金額次第でより幅広く自動運用ができるというわけですね。

設定をしたら、後はほったらかしでチャートが罠に引っかかってくれるのを待つだけでOKですよ。

2.トラリピのメリット

ペンタごん
トラリピのメリットを教えて!
亮平
一つずつ説明していくね

 

①忙しい人にピッタリ!使いやすい自動売買ツール

亮平
自動運用できるのが何よりいいね

トラリピの一番のメリットは、何と言っても自動でFX運用ができる点ですね。

「投資はしたいけど時間が無い…」という方は非常に多いのが現実です。

そんな方でも、トラリピで売買設定だけしておけば、後はほったらかしで大丈夫ですよ。

 

②10万円程度から始められて、通貨ペアも豊富

亮平
10万円くらいから始められるよ!

トラリピは、10万円程度の少額から始められます!

おこづかいから始められる、手軽さが良いですね。

また、通貨ペアも豊富で、ドルやユーロなどさまざまな種類から選べます。

まずは自分が興味ある通貨を選んでみましょう。

僕は現在、元手30万円で運用していますので、こちらもご参考に。

 

③初心者にも優しい『らくらくトラリピ(らくトラ)』もある

亮平
 初心者用の設定もあるよ!

「難しいことはよくわからない!」という方へ。

『らくらくトラリピ(らくトラ)』を試してみて下さい。

 

通貨ペアやレンジ(幅)を決めるだけで、サクッと始める事ができる初心者向け機能です。

まずは、らくトラから始めて、慣れていくのが良いでしょう。

 

3.トラリピのデメリット

ペンタごん
デメリットもやっぱりある?
亮平
ちゃんと知っておこう

 

①手数料が比較的高い

亮平
手数料が他と比べて少し高いかな

トラリピは、手数料が比較的高いと言われています。

たとえば、似たようなFX自動売買ツールで『トライオートFX』があります。

トラリピが1,000通貨単位あたり50円(1万通貨未満)のところ、トライオートFXだと20円で済みますしね。

 

ただしトライオートFXはやや使い勝手が難しいので、初心者は多少手数料が高くてもトラリピをおすすめしたいです。

まずはトラリピで慣れてから、手数料が安いツールも試してみましょう。

9月29日まで手数料無料のキャンペーン中です!

この期間中に設定しておけば、キャンペーン終了後も手数料無料が続きますよ。

②相場によって逸失リスク・損失リスクが伴う

亮平
 リスクはちゃんと知っておこう

トラリピは自動売買ツールなので、安く買った後に大きく値上がりしても、途中で売り抜けてしまいます。

すると、その後の値上がり益を得る機会を逃す(逸失)リスクがありますね。

 

また、購入後に大きく値下がりしてしまったら、売る事ができずに損をしてしまいます。

自動売買には便利なメリットがある反面、デメリットもある事をきちんと知っておきましょう。

 

4.【体験】トラリピを始めてみた感想

ペンタごん
さっそく始めてみました!
亮平
まずは『らくトラ』でやってみよう

僕もさっそくトラリピを始めています。

 サイト上でのこまかいサポートもある ので、使い方には特に困らないですね。

原資30万円で始めて、すでに15,000円近くの利益が出ています…素晴らしいですね。

アプリもあるので、初心者の方にもおすすめですよ。

【トラリピアプリの登録方法・使い方】FX自動売買をスマホで楽しもう

2018.07.21

10万円程度で始められますが、欲を言うと30万円ほどは資金が欲しくなりますね。

それだけ、レンジを幅広くして注文しておけるので。

 

初めての方は、先ほど紹介した『らくトラ』から始めてみましょう!

元手が少ない方は、「ハーフ&ハーフ」という手法がおすすめなので、是非こちらもどうぞ。

5.トラリピの評判と口コミは?

トラリピの評判は結構良いですね。

特許を取っている信頼性と、初心者にも優しい使いやすさが特に好評です。

 

手数料が高くても使いたい、という人も多かった印象ですね。

口コミも良い感じなので、ぜひ一度触ってみて下さい。

 

6.今ならキャンペーン中!さっそくトラリピを始めてみよう

①FX新規口座開設キャンペーン

亮平
今ならキャンペーン中だね!
ペンタごん
おぉ、太っ腹!
  • エントリー&初回入金で『実践 FX トラリピの教科書』(扶桑社刊 エンスパ編集部(著))をプレゼント!
  • 新規成立50万通貨ごとに10,000M2Jポイントをプレゼント!

現在、トラリピが お得なキャンペーン中 です。

一つ目は、口座開設キャンペーン。

「トラリピの教科書」と、最大50,000のM2Jポイントがもらえます。

M2Jポイントの交換商品、めちゃくちゃ豪華で驚きました…。

ポイント目当てで利用してても良さそうなレベルですね。

 

②トラリピ手数料無料キャンペーン

ペンタごん
手数料も無料!

「手数料が高い」というのがトラリピのデメリットでしたが、なんと今なら手数料が無料です。

つまり、実質的にメリットだらけで利用できるというわけですね。

9月29日までなので、いまのうちにぜひ使ってみて下さい!

 

7.トラリピの評判と口コミまとめ

ペンタごん
トラリピについてよくわかりました!
亮平
さっそく始めてみよう!

いかがだったでしょう。

自動売買ができるトラリピ、忙しい人にもピッタリです。

僕も資産運用は色々と手を出していますが、 かなりおすすめしたいツール です。

 

初めての人にもおすすめですよ。

この機会にさっそく、試してみて下さい!

 

\今ならキャンペーン中!/マネースクエア

▼トラリピの登録手順へ進みましょう▼

【4コマ漫画】ウェルスナビに100万投資したら…

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)スポンサードリンク