【100記事目】ブログで日常を変えるという事

(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)1000円から始められる仮想通貨投資!

亮平って、そんなにインドアだったっけ?

 

同棲している彼女から、ふとそんな事を言われた。

 

そうかな?なんで?

ううん、前は何かと外に出てた気がするから。

夏頃から、少し変わったよね。

 

休みの日は、ずっと家にいるようになったし。

朝起きたらすぐにパソコン見てるし、夜も遅くまで…。

 

24時間のほとんどを一緒に過ごしている彼女から言われた言葉は、客観的な現実そのものだろう。

少し、話を巻き戻したい。

 

夏。

俺はブロガーとして、大きく舵を切った。

 

きっかけは単純だった。

前から興味を持っていたブログに、真剣に取り組んでみたかったからだ。

 

ブログはもともと、大好きだった。

ブログが好きと言うより、読むのが好きな人間だ。

部屋に山積みされている本の収納には、いつも困っている。

 

数え切れないほどの人達のブログも、もう何年も前からずっと読み漁ってきた。

想像を働かせる楽しさは、他の媒体では味わえない。

 

そして銀行を退職して時間に余裕ができた事により、読む側から書く側の立場に回ってみたくなったのが率直な気持ちだろう。

ブログは遊びの延長で書いていたので、初心者程度の知識は持っていた。

 

ただ暇つぶしに書くのか、本気で取り組んでみるのか。

どちらも同じブロガーには違いない。

資格の無いこの世界では、どう名乗ろうが個人の自由の範疇だ。

 

たった一つの違いは、「意識の差」。

そしてそれが、成長速度と結果の差に大きく表れると、俺は身をもって知った。

 

ブログで日常は、大きく変わった。

自身で経営している法人事業以外を、すべてブログに充てる日々が始まった。

 

仕事の無い日は極力、予定を入れないようになった。

自宅に籠って記事を書き、気分転換に場所を変えてはカフェで作業する。

 

時間があれば、他の人のブログを読み、そしてブログに役立ちそうな本を読み漁る。

意識は結果にもあらわれ、PV数も以前と比較にならないほど伸びるようになった。

 

確かにもともとは、外に出たり誰かと話したりするのが習慣だった。

家にいても本を読むくらいしかない、というのが今までの自分だっただろう。

しかしそれほどアウトドアだった人間も、ほんの些細なきっかけで日常が変わる。

 

いつも隣にいる彼女の眼に、引き籠りのようにまで映る自分は確かに異様かもしれない。

インドアなんて言葉、人生で一度も言われた事はなかった。

少し、笑いがこぼれそうになる。

 

ねえ、聞いてる?

あぁ、大丈夫だよ。ブログが楽しくてさ

 

ブログが楽しいか?と聞かれれば、俺は間違いなく首を縦に振る。

半年取り組んでみて、正直つまらないと思った事は一度もない。

 

書く事が、ここまで楽しいと思わなかった。

 

自分でも異常だと思うほど、今は四六時中ブログの事を考えている。

次に書きたい記事や、見直したい記事、他の人の読みたい記事など…。

 

そして拍車をかけたもう一つの要因が、まだ自分はブログを何も知らなかった事。

ライティング、雑記、特化、SEO、構成、キーワード、収益化…。

 

そんな言葉の羅列すら、本当は何も知ってはいなかった。

思い通りにいかない事が、かえって関心を引き起こした。

誰かに教えて貰うでもなく、試行錯誤で仮説と過程を積み重ねていく。

 

昔ハマっていた、ファイナルファンタジーを思い出した。

攻略本を見ずに、自分なりにゲームを進めていく。

 

そう、これはゲームだ。

だから、どこまでも楽しめる。

 

そうこうしているうちに、100記事を書き上げた。

ブログに本腰を入れた7月から今日までで、70記事あまりを綴ってきた。

 

真剣に向き合って、初めて感じる。

ここは孤独な世界だ。

 

外部との物理的な接触は一切無く、すべてが完結する。

時間も日付も忘れてしまうほど、何にも縛られない自由で広大な世界だ。

 

ブログを続けた先に、どうしたいかは正直定まってはいない。

「発信力が欲しい」なんてかっこいい言葉を使いたくもなるが、単純に自分のブログが、多くの人に読んで貰えれば充分幸せだ。

 

亮平って、そんなにインドアだったっけ?

 

汗ばむ季節が終わり、少しずつ冷えだしてきた。

ブログを始めて、半年が経った。

 

 

 

 

 

 

ようやく、ブロガーとしてのスタート地点に立った気がする。

 

▼ブログで日常を変えたい方は、こちらもどうぞ▼

あわせて読みたい
(左)スポンサー「アフィリの賢者」なかじ様です!(右)銀行同期・友人推薦の転職サイト