『やりたい事がない』と言う人は、ただ周りに流されているだけだ

上記の言葉は、僕が銀行を辞める最終日に、職場のある人からもらった言葉だ。

ちょうど最後のあいさつで、職場でお世話になった人に、一人ずつお礼を伝えていた時だった。

 

「やりたい事が無く、それでも働かないと(生きていかないと)いけないから、ここに座っているだけなんだ」

 

その言葉は、退職して月日が経った今でも、僕の頭から離れる事は無い。

言葉以上に、切ない言葉だった。

 

いま、改めて、『やりたい事』について考えてみたいと思う。

あなたが、「やりたい事なんて無い」と悩んでいるなら、ぜひじっくりと読んでみて欲しい。

 

1.「やりたい事が無い」と言う人は、ただ流されているだけだ

僕の考える結論から言うと、『やりたい事』なんて誰にでもあると思う。

ここで言う、『やりたい事』をそんな大げさにとらえる必要はない。

 

夢だとか、目標だとか、そんなものよりもっと小さいスケールで考えれば良い。

すなわち、『楽しそうな事、ワクワクする事』だ。

 

面白そうだと思ったら、とにかくやってみる。

やって楽しいかどうかなんて、直感ですぐに分かるだろう。

 

直感が分からないと言うなら、『トリハダが立ったか』程度の判断で良い。

 

だからこそ、思う。

『やりたい事が無い』は、嘘だ。

 

正確に言うと、『やりたい事はあるが、自分にはできないとフタをしている』のだと思う。

 

なぜ、人は、やりたい事にフタをしてしまうのか。

それは、『つい空気を読んでしまう事』にあると思う。

 

2.人生の大事な決断は、空気なんて読んではいけない

僕もそうだった。

周りに流されて、自分で決めずに人生を選んできてしまった。

 

たとえば、真っ先に思いつくのが就活だ。

僕は、大学を出て企業に就職する事に、なんの疑いも無かった。

 

『周りがそうしているから、そうしよう』

『周りが大企業を目指しているから、僕も目指そう』

『周りが、周りが…』

 

そう、まさに周りに流され続け、人生の大事な決断を、他人にゆだねてきたのだ。

会社を辞めて、独立をした今だからはっきり言える。

 

人生の大事な決断をする時は、空気なんて読まない方が良い。

 

『周りに合わせる』のと、『周りに流される』のは違うのだ。

 

本当に自分の将来を真剣に考えた時は、とことん自己中な人間になるべきだ。

周りの意見は、参考程度にしかすぎない。

 

これは自分の人生。決めるのは、自分なのだから。

あなたが本当に楽しくて、やりたい事があるなら、周りに流されて空気なんて読まず、自分の道を選んでしまえば良い。

 

それこそ、僕が、学生の時に気づいておきたかった事だ。

 

3.突き抜けられる人と、諦めてしまう人の違い

もう一つ。

好きな事に背を向けてしまい、フタをしてしまう人の大きな特徴。

 

それは、『できない理由から考えるのか』、『できる理由から考える』のかだと思う。

 

誰だって可能性はある。

未来の事なんて、誰にも分からない。

 

他人が成功しているのに、あなたが成功しない絶対的な理由なんて存在しないのだ。

 

『自分にはできない』と、可能性にフタをしてしまうと、次第に欲望のサイズまで小さくなってしまう。

やりたい事が、浮かんでこなくなってしまうのだ。

 

これは、能力や才能の差なんかじゃない。意識の問題だ。

 

たったわずかな意識の差だけで、将来の成功をフイにしてしまうなんて、あまりにもったいないと思うだろう。

周りに流されてばかりいると、自分の可能性すら見えなくなってしまうが、それで良いのかと、あなたも改めて考えてみて欲しい。

 

4.『このまま』を変えられないあなたへ

僕が、ブログを書く目的の一つは、『かつての自分のような人を変えたい』という強い思いがある。

僕は、銀行員として3年9か月を過ごし、貴重な20代前半を、愚痴と不満、そして絶望で過ごしてしまった事を、とても後悔している。

 

そして、まさにその頃の僕は、周りに流され、自分にはこの生き方しかないと思い込んでいたのだ。

あなたも、もしかしたら、今まさにそんな思いがあるかもしれない。

 

悲しい事実だが、多くのサラリーマンの心境は、同じものだろう。

だからこそ、伝えたい。

 

『このまま』を変えられないあなたへ。

 

『このまま』では、ずっと、『このまま』だ。

 

行動の先に価値がある。

あなたが少しでも、今より豊かな人生を望むなら、まずは自分の好きな事、やりたい事を見つめなおして欲しい。

 

そして、それに向かって、今から行動を始めていって欲しい。

 

たった一度の人生は、自分の好きなように生きるべきだ。

『やりたい事が無い』なんてつまらない人生を、『やりたい事だらけで溢れる』人生に変えていこう。

 

あわせて読みたい

⇒独立したいサラリーマン(会社員)は、全力で朝活副業すべきだ