会社を辞めたいなら『石の上にも三年』なんて言葉は即刻捨てるべき

こんにちは、元銀行員ブロガーのRyoheiです。

約3年9か月勤めた三菱東京UFJ銀行を辞め、現在は独立して自由気ままに過ごしています。

 

あなたがサラリーマンなら、少なくとも一度は、

 

「会社を辞めたい…」

 

と思った事はないだろうか?

 

もしあなたが一度もないというなら、相当な幸せ者だ。

あるいは、もしかしたら思考を停止させてしまっている不幸者かもしれない。

どちらにせよ、とても珍しい人である事は間違いないだろう。

 

誰だって、会社を辞めたいと思う事はある。

今この瞬間にも、辞めたくて仕方ない人は沢山いるだろう。

 

ただ、その中で実際に辞める人はどれくらいいるだろうか?

おそらく、10人いてせいぜい1人か2人だろう。

もしかしたらゼロ人と、全くいないかもしれない。

 

みんな、会社を辞めたいとは思うものの、さまざまな葛藤や迷いが邪魔をして、結局踏み出す事が出来ない。

 

「周りが何というか…」

「自分がいないと職場に迷惑をかける…」

「辞めてもまた次の仕事に就ける保証なんてない…」

 

これらの『辞めない理由』は、珍しくないだろう。

 

特に、今回僕が話したいのは、20代前半の若手が抱く、最もありがちな理由についてだ。

つまらない仕事、ワクワクしない日々に辞めようかと思うが、みんなこう思いとどまるだろう。

 

「まだ3年も働いてないし…もうちょっとだけいよう」

「石の上にも三年、と言うしな。もう少し働いたら、仕事が楽しくなるかもしれない」

 

そんな発想を、誰でも一度は抱き、仕事を辞める判断を先延ばしにしていると思う。

しかし、この際、はっきりと伝えておきたい。

 

この考えは絶対的に間違いだ。

 

僕は身をもって、それを経験した。

貴重な20代前半の時に決断しなかった事を、強く後悔している。

この記事では、仕事における『石の上にも三年説』に反論を唱えたいと思う。

 

1.楽しい事を見つけるのに3年もかかるわけがない

「まだ3年も働いていないから」

この『辞めない理由』は、新社会人や、若手社員に本当に多く見受けられる。

 

しかし、なぜ3年なのか?

 

僕が思うに、おそらく『石の上にも三年』という格言が日本にあるからだろう。

3年間、がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえだ。

 

この格言は誰もが知っているほど常識的な言葉なので、上司も会社を辞めようとしている若手には、この言葉で引き止める。

 

「石の上にも三年という言葉があるだろう。今は辛くても、3年働けば仕事は楽しくなってくるものだ。もう少し頑張ろう」

 

と言われると、なんだか説得力があるような気がするだろう。

この説得力こそ、格言が持つ魔力である。

「まあ確かにそうだな…」と思い、みんな結局辞めずに続けてしまう。

 

僕もそうだった。

1年目、2年目の頃から、サラリーマンというものに徐々に嫌気が刺し始め、退職を考えるようになった。

しかし、そんな自分を引き止めていたのは、『石の上にも三年』という言葉だった。

 

「まだ若手だし、勉強中の身だ。石の上にも三年。もう少し働いたら、仕事が好きになるかもしれない」

 

そんな思いで仕事を続けたが、結局仕事を好きになる事なんて一切ないまま、最後は自分で決断して退職をした。

今思えば、もっと早く会社を辞めておけばよかった、と強く思っている。

 

なぜか。

 

あなたがこれから、好きな事を仕事にしたいと少しでも思っているのなら。

一つ、あなたにたずねたい。

 

あなたは、何かを好きになるのに、今まで3年かかった事があるだろうか?

 

趣味になっていたもの。

好きでたまらなく、没頭したもの。

 

いずれも、ハマったのはすぐだっただろう。

考える間もなく、気づいたら夢中になっていたはずだ。

 

お分かりだろうか。

 

自分にとって楽しい事を見つけるのに、『石の上にも三年』は長すぎるのだ。

今、楽しくない仕事が、3年後に楽しくなる保証なんてそれこそどこにもない。

この仕事をして楽しいかどうかなんて、すぐに分かってしまうものなのだ。

 

現にあなたは今まで、気づいたら何かに夢中になっていたものが何かしらあったのだから。

 

「仕事なんて、辛いものだ。楽しいわけがない」と思う人は、僕とは価値観が合わないだろう。

 

あなたが人生を最高に楽しみたいなら、好きな事、楽しい事を仕事にすべきなのだ。

それが無理だと、蓋をしているのは他ならぬ自分自身だ。

 

周りを見渡してみれば、「仕事?楽しいよ!」と胸を張って言っている人は絶対に見つかるだろう。

なら、あなたがそうなれないなんて理屈はどこにも無い。

 

想像して欲しい。

1週間のうち5日間仕事しているとして、それが楽しいものになったら、毎日はどんなに輝いて見えるだろうか。

朝起きた時のエネルギー。夜、次の日を楽しみに眠る事のワクワク、幸福感。

会社に行くまでの通勤中の景色すら、全く違う世界となって彩りを見せるだろう。

 

あなただって、そうなれるのだ。

好きな事を、仕事にしてしまえば良いだけの話だ。

 

2.あなたを止めるその人は、会社を辞めた事があるのか?

もちろん、周りの意見を耳にして、退職を思いとどまる気持ちは分かる。

かりに意を決して、「会社を辞めようと思います」と上司に言った日には、当然のごとく『石の上にも三年理論』を持ち出して止めてくるだろう。

 

だが、一つ考えてみて欲しい。

 

あなたを止めてくるその人たちは会社を辞めた事があるのか?

 

少なくとも、今の会社を辞めていないから、その人はあなたの上司でいるわけだ。

なら、辞めた事がない人からどう引き止められても、説得力なんてないだろう。

 

僕もそうだった。

銀行を辞める事を会社に伝え、ある上の人との面接になった際にぼやかれた。

 

「うちの銀行を辞めるなんて、もったいないと思うけどね」

 

思わず言い返したくなった。

あなたは辞めたことないでしょう、と本気で思ったものだ。

 

だってそうだろう。

会社を辞めた事がない人が、退職した先なんて分かるはずがない。

会社を辞める経験をしてないのだから。

 

だから、あなたを止めてくる人たちの言葉を、そのまま鵜呑みにしてしまうのは危険だ。

その言葉には、何の根拠も無いかもしれないのだから。

 

辞めた先に見える、新しい道のレールは、一歩踏み出した人しか出会えない。

 

3.一番危険なのは、『会社を辞めないリスク』だ

会社を辞める事はリスクだなんて言う人もいるが、それは間違いだ。

確かに会社を辞める事にはリスクが伴う。

しかし、そういうもっと大きなリスクがある事に気づいていない。

 

それは、会社を辞めないリスク。

有限で、何にも代えられないほど大切な『時間』を捨てて、行動をしない事のリスクだ。

 

人生は短い。

特にあなたが20代前半、半ばという年頃なら、本当に貴重な時間を今過ごしている事を知って欲しい。

 

時間はあっという間に過ぎていく。

「若い頃に別の道を選んでおけば…」と、ただ愚痴をこぼしているだけのオヤジなんて、幾らでも溢れている。

あなたには、そうなって欲しくないのだ。

 

僕はサラリーマンを辞めて独立した身として、今の生活を本当に幸せに感じている。

 

好きな時間に起き、好きな事だけをして、好きな人といつでも会える生活。

日曜日の夜に鬱になる事もない。

今までの、一日15時間も働いていた社畜生活はいったい何だったのかと思えるような、自由で素晴らしい日々だ。

 

ただ、僕も会社に退職を伝える時は、人生で初めて足が震えた。

勢い半分で、会社を飛び出したと言ってもいい。

その結果として今は、幸せな日々と出会う事が出来た。

 

これを読んで何か感じたなら、一歩踏み出してみて下さい。

会社を辞めるとまではいかなくても、今のままで良いのか。

自分に問うてみて欲しい。

 

つまらないと感じている仕事に別れを告げて、新しい道を踏み出そうとするなら。

僕はあなたの背中を押します。

 

たった一度の人生、自分の好きなように生きるべきなのだから。