発信力の重要性と、その身につけ方について話したい

Ryoheiです。

僕が最近思う、『発信力』の重要性について今日は話したい。

確か、この言葉を見たのは、有名ブロガーであるやぎぺーさんのTwitterアカウントでだったが、とても良い言葉だと思った。

 

恐らく、あなたはまだ、この『発信力』という言葉は聞き慣れないかもしれない。

しかし、あなたが今後ブログなど、ネットで稼いで行こうと少しでも思っているなら、今回の話をじっくり読んで欲しい。

 

僕が思う、『発信力について』。

そのままの意味は、『発信する力』、つまり『影響力』と言っても良い。

もう少し踏み込んで言うなら、『自分の考えや意見を、どれだけ多くの人に届けられるか』と思って欲しい。

 

少し前から、影響力がある人は『インフルエンサー』と呼ばれているが、インフルエンサーこそ、まさに『発信力』が強い人達と言って良いだろう。

今回は、この『発信力』の重要性と、その身につけ方について僕の考えを話していきたい。

ネット世界で活躍したい人、影響力を高めて行きたい人は、参考にしてもらえると幸いだ。

では順を追って説明していく。

 

1.『発信力』は、現代の武器であり資産だ

今の時代、発信力は何よりの武器であり、お金を生んでくれる資産でもある。

かつてのブロガーにとっては、Google検索で上位に検索される事こそ、何よりも追求すべきものであり、どのようにすればGoogleに好まれる記事となるかが必死に議論されていた。

(文字数が多い方が良い、外部リンクが多い方が良い…など)

 

しかし、時代は大きく変わった。

今では、SNSこそ、一般人にとっての情報源となっており、多くの人がSNSから知りたい情報を得るようになってきている。

(お勧めの店、読みたい本、ダイエット、お金、美容…などだ)

 

このSNSの勢いはすさまじく、とどまるところを知らない。

今現在も、驚異的なスピードでSNSによる情報網が広まっているのだ。

 

あなたもよく、見かけるだろう。

近頃、暇なときにネットサーフィンではなく、『SNSサーフィン』をしている人達を。

 

そして、それと同時に台頭してきたもの。

それこそ、一個人の『発信力』なのである。

 

例えば、Twitterのフォロワーが4桁あれば、ビジネスチャンスは幾らでも広がっている。

その一例が、ブログによるアドセンスやアフィ、note等の有料商材、オンラインサロンによるクローズド空間の会費などだ。

 

まさに、SNSの爆発的な普及が、一個人をメディア化する流れを呼び、多くのインフルエンサー(影響力を持つ人)が出現した。

なら、これからのブロガーも、Googleからの流入は大事にしつつも、最終的なゴールは、大きな『発信力』を身につける事と言っても過言では無いだろう。

 

2.発信力を身につけるには、ファンを増やせ

さて、ではその『発信力』を身につけるには、どうすれば良いか?

僕が思う最適解は、『多くのファンをつける』事だと思う。

 

ファンをつけるには、その人が自分を評価し、また共感してくれるような発信を続けて行かなければならない。

そのファンのつけ方こそ、発信力の身につけ方に直結していくのだ。

 

例えば、ブログを書くなら、当たり障りの無い意見は書かない。

差しさわりの無い主張をしても、読者には響かないだろう。

 

むしろ尖った、偏った意見こそ、1人のファンを確実につかむ事が出来る。

「そうそれ!僕も思ってたんだよ」と、強い共感を生んで貰える。

だからこそ、ブログの主張は明確に、はっきりと発信すべきだ。

 

また、もう一つ僕が思うポイントは、とにかくgive&giveを続ける事。

中途半端なところで収益目当てに走らない。

 

僕がいま、ブログの無料相談を継続して受け付けているのは、率直に言って『ファンをつける事』が目的だ。

見返りを求めず、giveを重ねる事でファンが増える。

自分を指示してくれる人が出来上がるのだ。

 

以下は、僕がブログ添削をした方から頂いた、ありがたいメッセージだ。

 

3.まとめ:ファンを増やすために、まずは『1対1』を意識しよう

いかがだったろう。

僕が思う、発信力の重要性と、身につけ方について話してきた。

 

最後にもう一つ。

発信力を身につける、すなわちファンを増やすために、僕が気を付けた事を話したい。

 

あなたは、ブログを書くときに、「この記事を読んでいる皆さんは~~~」と書いていないだろうか?

つまり、『1対多数』で書いていないか?

 

僕が意識して大きく成果が出たのは、『1対1』を意識して書く事だ。

「あなたは、こう思っていないか?今悩みを持っていないか?」

というように。

 

つまりは、読み手との対話を、イメージして書いてみて欲しい。

そうすれば、さらに読者に刺さる文章となり、強いメッセージを書く事が出来る。

 

これは小さな発想の違いだが、大きな変化が生まれるのでぜひ試して欲しい。

そうすれば、あなたの発信力は、大きく向上していくだろう。

 

それでは、またの更新をお楽しみに。

あわせて読みたい

⇒ゼロからSEO1位を3か月で達成した、検索流入の実践書