ゼロからSEO1位を3か月で達成した、検索流入の実践書

 

元銀行員ブロガーのRyoheiです。

ありがたい事に、3月に立ち上げたブログ『BANK ACADEMY』でSEOの1位を取る事ができた。

これもひとえに、当ブログを読んで頂いた方々のおかげだ。

 

SEOとは?

”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉。

自分のWebサイトが、ネット検索で上位に表示されるための取り組みの事だと、基本的に思って欲しい。

 

さて本記事では、僕が普段、どうやってSEO上位を狙っているかの具体的な話をしていきたい。

 

SEOについてのベースの知識を話す『入門書』は、ネットで検索すればいくらでもある。

しかし今回は、僕が実際にゼロからSEO1位を獲得できた例を含め、『SEOの実践書』としてより詳細に話していくのが目的だ。

 

あなたがブロガー、アフィリエイターとして活動しているなら、今回の話はきっと役に立つ事だろう。

いくら良い記事を読んでも、読み手に届かなければ意味が無い。

 

SEO対策に気を付ける事は、より多くの読者へメッセージを届けるための、必須の取り組みなのだ。

 では、早速進めていきたい。

 

1.なぜ、SEOを意識する必要があるのか?

 

さて、あらためての話になるが、なぜSEOを意識する必要があるのかをまず説明していきたい。

これは、特に初心者のブロガーやアフィリエイターに向けての話となるので、じっくりと読んで欲しい。

 

あなたは、スマホなどで知りたいものを調べる時、どうやっているだろうか?

 

おそらく半分程度の人はGoogleで調べ、残り半分はツイッターやFacebookなどのSNSを使っていると思う。

そう、現代では基本的に、ネットで『情報を得る』時の流れは、ほとんどこの2種類しか無いのだ。

 

対して、ブロガーやアフィリエイターは、『情報を発信する側』だ。

なら、自分の書いた記事を多くの人に届けるために、GoogleかSNSでたくさん表示される事を考えるのは、自然な流れと言えるだろう。

 

SNSについては、例えば、自分のアカウントのフォロワー数が1万人いるなら、何も困る事はないだろう。

記事をアップして、SNSで「ブログ更新!」と発信するだけで、その記事は1万人に届き、多くの人に読まれるのだから。

 

しかし、初心者のブロガーやアフィリエイターはそうは行かない。

SNSからの流入は、たかが知れてるからだ。

少なくとも、フォロワー数が1,000人を超えるくらいからでないと、たいして効果は期待できない。

 

そこで、SEOを意識する重要性の話になってくる。

まずは、自分の記事がGoogle検索で上位に表示され、多くの人に読まれるのを狙う事が大事になるのだ。

 

このSEOで上位表示させる方法は、知識によるところが非常に大きい。

つまり、やり方を知っているか知っていないかで、大きな差になってくるのだ。

 

SEOで上位を勝ち取り、多くの人に読まれるようになれば、あなたのSNSのフォロワーも自然と増え、

SEO上位→SNSへの流入が加速する好循環が生まれていく。

 

その為にも、まずはSEOを意識した運営を心がけて行こう。

 

2.僕が3か月で1位を達成した、SEOの実践書

①SEO上位はスモールワードから狙っていけ

あなたは、ビッグワード、ミドルワード、スモールワードについてご存じだろうか?

普段聞き慣れない言葉なので、とまどう人もいるだろう。

だが、安心して欲しい。

 

これはいたってシンプルで、ネットで何かを調べる時の、検索ワードの話しだ。

 

a.ビッグワード:ざっくりとした調べものに使われ、検索回数が多いワード
例:「銀行」

b.ミドルワード:より明確な調べものに使われ、検索回数もそこそこ多いワード
例:「銀行 辞める」

c.スモールワード:さらに明確な調べものに使われるが、検索回数が少ないワード
例:「三菱東京UFJ銀行 辞める」

 

例えばあなたが、「銀行ってなんだろう?」と思った時は、ざっくりした調べ方をするので、「銀行」というビッグワードで検索をするだろう。

一方で、「銀行を辞めようかな」と思った時は、より明確な調べ方をするので、「銀行 辞める」と検索をする。

 

これがビッグワード、ミドルワード、スモールワードの話だ。

もちろん、ビッグワードのSEO上位はそう簡単に取る事はできない。

「銀行」と検索しただけでも、各銀行のホームページが出てくるので、個人のサイトなど当然、その後に表示される事になる。

なので、図に示したように、最初は『スモールワード』を狙う事が大事なのだ。

 

② 僕が実践した、スモールワードの狙い方について

僕が、ブログ『BANK ACADEMY』のなかで、『三菱東京UFJ銀行』と固有名詞を出して記事を書いたのは、完全にスモールワードでのSEOが目的だ。

 

このブログでは、『仕事に悩む人』をターゲットにもおいているが、このままではターゲットは広すぎるので、自分と同じ『銀行員で悩む人』に絞って狙うようにした。

そして、さらに銀行の中でも『三菱東京UFJ銀行で働いていて悩んでいる人』と絞る事で、明確なスモールワードにしたのだ。

 

このような二つと存在しない固有名詞は、スモールワードで上位検索されやすい。

さらに、『〇〇(大企業名) 辞めたい』と検索してくる人は多くいるので、非常に流入も狙いやすいと思ったのだ。

(ちなみに僕の場合は、このブログを元の職場の人に見られても、特に問題は無いと思ったので会社名を出す事にした)

 

案の定、このスモールワードは、すぐにSEOでひとケタをとれるようになった。

すると、「メガバンク 辞める」、「銀行 辞める」といったミドルワードでも、上位が見えてくるようになり、そのぶん検索流入も増えていく見込みが立つ、という流れができている。

 

難しく聞こえるかもしれないが、話はとても簡単だ。

記事を書くときは、何のスモールワードで検索してもらうかを、意識すれば良い。それだけだ。

 

例えば、海外旅行についてブログを書くなら、

 

「海外旅行」⇒「海外旅行 ツアー」⇒「海外旅行 ツアー ロサンゼルス」

 

とスモールワードを絞って行けば、ターゲットが明確になり、且つ記事も書きやすくなっていく、というわけだ。

 

複数のワードで検索をするのは、何かを明確に知りたいときに行う普通の行動だ。

その複数のワードを、自分の記事に当てはめるイメージで書いてしまえばよい。

 

僕は、2つか3つの検索ワードを、かならずタイトルと本文に盛り込むようにしている。

明確な検索流入のターゲットを、自分で定めているのだ。

 

③文字数は最低2,000字は書こう

記事を書くにあたって、気を付けなければいけない事をもう一つ。

 

一つの記事の文字数は、最低2,000字は書く事を意識して欲しい。

これには、理由が2つある。

 

まず、それなりの文字数で記事を書いた方が、『SEO的に上位に表示されやすい』という傾向があるのだ。

これは、必ずしも全てに当てはまるわけでは無いが、文字数はそこそこあった方がSEO的にベターとされている。

 

文字数という『量』を用意する事で、Googleにとっても『これは文字数も多いし、良い記事だろう』と思ってもらいやすいのだ。

(ただし、長々と書けば良いというわけでは無い)

 

そしてもう一つの理由は、『読み手が読んだ時に、あっさりした感想を持たせないため』である。

あるデータでは、読み手にとって一番心地よいのは、2,000字前後とされている。

 

詳しくはこちらのリンク2つをご覧頂きたいが、人が1分で読める文字数は400~600文字という統計がある。

読者は、一つの記事に最低でも3分は付き合ってくれると考えると、

 

400~600文字/分×3分=1,200~1,800文字となり、だいたい2,000字前後は書いておきたいという考えだ。

 

参考:2000字と3分…ウェブ媒体記事の適切文字量…の呪い

参考:人は1分間に何文字読めるの?スキマ時間で読まれる文字数を推測してみよう。

 

つまり、あまり短すぎると、『なんだ、中身の無い記事だな』と読者に思われかねないのだ。

 

かく言う僕も、普段は最低2,000~3,000字で書くようにしており、特に気合入れた時は5,000字は書くようにしている。

あなたも記事を書くときは、あまりに短くならないよう、文字数には気を付けてみて欲しい。

 

④何より、『誰に』『何を』伝えたいか!

と、ここまでSEOで上位検索されるためのノウハウを書いてきたが、最後に一番大切な事を一つ。

 

それは、あくまで記事を書くときは、『誰に』『何を』伝えたいかを意識するのが最も重要だという事だ。

ここまで述べてきたように、ただキーワードを意識して、ただ文字数を増やして行けば、決してSEO上位に表示されるわけは無い。

 

読み手に取って、『この記事は自分にとってタメになった(参考になった)』と思ってもらえるような記事を書かないと、けっして上位には表示されないのだ。

 

だからこそ、ターゲットとメッセージについては、しっかりと考えて記事を書く癖をつけて欲しい。

それこそすなわち、『誰に』『何を』書くかの話に繋がっていくのだ。

 

あなたも早速、実践をしていって欲しい。

 

3.まとめ:SEO上位が、次のステップに運んでくれる

いかがだっただろうか。

この記事では、SEOで上位表示されるための実践的なノウハウについて述べてきた。

 

このノウハウが習慣づくようになると、検索流入は驚くほど増えてくる。

毎朝起きた時に、昨日の流入数を見るのが楽しみになってくるほどだ。

実際、僕のPV数は、上記の図の通り、足元で順調に伸びている。

 

なので、まずはあなたも、小さな事からコツコツと、記事を書き続けて行って欲しい。

 

SEOで上位に表示されるようになれば、収益も比例して上がるし、もちろんファンも増えていく。

 

そうすれば、あなたは次のステージに行く事ができるだろう。

記事を書く事が、今よりずっと楽しくなっていくはずだ。

 

そのための積み重ねを、ぜひ楽しんでやってみて欲しい。

それでは、またの更新をお楽しみに。

 

あわせて読みたい

⇒100記事添削して分かった、ブログの文章を読みやすくする7つのコツ