2日で30人のブログ相談で完成した、初心者に必須のQ&Aまとめ

Ryoheiです。

以前より、ブログの無料相談を受け付けていましたが、7月をもって終了する事をツイートしたところ、最後という事で相談依頼が殺到しました。

 

一つ一つ、出来る限り丁寧に回答する事を心がけた結果、約30人への返事にまる2日ほどかかりましたが、大変多くの感謝の言葉を頂きました。

 

 

あなたも、今まさに、ブログに関する悩みを抱えてはいないでしょうか?

 

そんな悩みを少しでも解決するべく、今回多くの方から頂いた相談と、それに対する回答をここにまとめておきます。

ブログ初心者が悩む問題は、共通しているものが多いので、初心者ブロガーの方はぜひ参考にして下さい。

 

それでは、さっそく進めていきます。

 

1.プロフィール記事にこそ、ストーリーとメッセージを

Q.プロフィール記事を見て下さい。

やはりプロフィールが一番大切だなと思ったので、記事の添削をお願い致します。

人を惹きつける、この人を応援したくなるとなるプロフィールが理想です。

ざき/山崎将貴@伸び代No.1様からのご相談。ご本人の許可は頂いてます)

 

A.以下、Ryoheiからの回答メッセージ

(既存のプロフ記事は、生い立ちから現在までを長々と書いてるケース)

この生い立ちから今までを淡々と書き連ねる形式は、他のブロガーの方もやってますが、正直自分はあまり良いと思いません。

 

なぜか。

何を伝えたいのか分かりづらいからです。

 

小学校時代のマラソンの話。

中学時代の担任の話。

 

正直読んでも「ふーん」としか思いません。

それを長々と書いても、特に印象なく終わってしまいます。

読み手は惹きこまれません。

 

参考までに、自分のプロフィール(正確にはプロフィールではないですが、プロフィールとして使っている記事)をご覧下さい。

>>参考:Ryoheiのプロフィール

 

この記事で書いた内容は2つで、

①どんな困難があって、今に至ったか

②これからこのブログを通して、何を伝えていきたいか

 

この2つのみをコンパクトに、且つインパクトがあるように書いてます。

自分と同じように仕事に悩んでいる人へ、「好きな事で生きる人生もあるんだよ」と伝える内容にしています。

 

ざき様のは今のままだと、メッセージ性の弱いだらだらと書かれたプロフィールになってしまってます。

プロフィールにこそ、伝えたいメッセージを強く込めて書くべきだと僕は思います。

 

なので例えば、美容師になってからの苦難、葛藤をもう少し詳細に書きましょう。

そこで味わった苦痛、挫折…リアル感が伝わるようなドロドロな体験談が良いです。

 

転機の堀江さんのところは、正直とても良いと思います。

「行動力がすごいな、この人は」と読み手に思わせる事が出来ます。

そして転機話の後に、ブログを通して何を伝えたいかを書いた方が良いかなと思います。

 

なので順番的には、これが良いかと。

①美容師の頃の辛い過去

②自分を変えた転機

③このブログで何を伝えたいか

 

これはライティングのテクニックですが、どん底の経験を書いてからのV字回復するストーリーに、読み手は引き込まれます。

ストーリーの無い文章は面白くありません。

 

「この人…こんなつらい過去があったのに、今こんなに精力的にブログで活動してるのか…」

 

と読み手は引き込まれます。

応援したいと思い、もっと読みたいと思うようになります。

 

文章力自体は、ヤるサロンの紹介記事で既に見させてもらってます。

記事を書く力は自信を持っていいと思います。

 

装飾も丁寧で、文章も非常に分かりやすくて読みやすいです。

プロフィールに関しては、せっかく良い経験と、今の精力的な行動があるのにもったいないなと思いました。

あらためて、伝えたいポイントを整理すると良いと思います。

 

応援してます。頑張ってください!

 

ーーーーーー

アドバイス後の、ざき様の新しいプロフィールはこちら。

非常にメッセージ性が強い記事になって、大変素晴らしいと思います。

 

どん底の経験と、そこからのV字回復を意識して、ストーリー性のある記事をまさに書いてくれました。

ざき様、これからも応援してます。

頑張ってください。

 

2.ブログの方向性は、まずはジャンル特化へ

Q.雑記ブログを書いてますが、アクセス数が伸び悩み、困っています。

やはりある程度は、特化ブログにした方が良いんでしょうか?

 

A.以下、Ryoheiからの回答メッセージ

 

僕なりの考えですが、ブログ初心者はまずジャンル特化から始めた方が良いです。

雑記を書いて良いのは、書き手に個性がある人です。

 

なぜか。

ブログで読み手が価値を感じるのは、大抵『書き手のキャラ』か、『有益な情報』だからです。

 

ヒトデさんや、ヒデヨシさんくらい個性が際立った人が書くブログなら、正直何を書いてもウケます。

まさに雑記ブログの成功例でしょう。

 

ただ、初心者がいきなりこれだけの個性ある記事を書くのは難しいです。

 

なので、もう少しジャンルを絞って書き、読み手に有益な情報が伝わるブログを目指しましょう。

具体的なジャンルで、自分ならではの知識や体験があるからこそ、オンリーワンの記事になり、読み手は価値を感じてくれます。

 

たとえば僕なら、元銀行員×ブロガーというイメージで、「カネ、働き方、ブログ運営」などにテーマを絞って書くようにしてます。

方向性をある程度決めてから記事を書いて行った方が宜しいかと思います。

 

雑記と特化等について、僕の考えはこちらの記事にまとめているので、ぜひお読みください。

あわせて読みたい

⇒初心者ブロガーへ、稼げるブログの書き方のコツを伝えたい

 

 

3.リード文で、読み手を本文に惹き付けよう

Q.タイトルから流入できても、すぐ離脱されそうで悩んでます。

いつも一方的に書く文章になってしまいます。

こんな記事で誰か読んでくれるのか…と不安になります。

 

A.以下、Ryoheiからの回答メッセージ

 

リード文(タイトルと本文のあいだの文章)がもったいないなと思いました。

リード文は、非常に重要です。

 

この記事を読む人へ、

・どんな悩みや疑問があるか

・この記事を読むことで、どんな解決策が得られるか

この辺りだけでもリード文に書く事で、読み手は本文に引き込まれていくと思います。

 

今のままだと、リード文がとても味気なく、そこで離脱する読み手もいると思います。

なので、もう少しリード文を膨らませて書くと良いかなと思いました。

 

以下のツイートをご参考に。

 

4.記事構成ノウハウ

Q.記事の構成が上手くできません。

記事を書こうと思っても上手くまとまらず、結局ぐちゃぐちゃになります。

どうやってやれば考え、組み立てていけば良いんでしょうか?

 

A.以下、Ryoheiからの回答メッセージ

 

まずはブログを通して、『誰に』『何を』伝えたいかを、改めて考えてみて下さい。

たとえば、『パート主婦に』『美容ノウハウ』を伝えたい。

もしくは、『忙しい主婦に』『掃除のコツ』を伝えたい。 などですね。

 

ブログは誰かにメッセージを伝えるためのツールです。

そこがブレると、良い記事が書ける事はありません。

ただの日記同然のものに成り下がってしまいます。

 

ブログはただやみくもに書いても、良いものは生まれません。

まずは、構成をしっかりと考えましょう。

 

この構成のやり方の一例として、非常に良くまとまって記事に頂いている方のを見つけたので、そちらもご参考にしてみて下さい。

>>参考:ブログの書き方に絶対困らない、ヌイ流構成方法を伝授

 

5.SNSブランディング

Q.SNSでフォロワーをもっと増やして行きたいんですが、ブランディングはどうしていけば良いんでしょうか?

記事更新のたび、Twitterにも載せているんですが、なかなか読んでもらえません。

 

A.以下、Ryoheiからの回答メッセージ

 

Twitterのブランディングがまだきちんとできていないのは勿体無いですね。

基本的には、『なぜあなたのアカウントを他人がフォローしてくれるのか?』を考えなくてはいけません。

なにかしら、フォローするメリットがあるからですよね。

 

僕が初心者に勧めたいのは、

・ブログだけでなくTwitterもジャンルを特化する事

・そしてそのジャンルに関してどんどん有益な情報を発信していき、また同ジャンルの他のアカウントにも、どんどん絡んで輪を広げていく事

 

この2つを継続して行えば、自然と「この人、タメになる事呟いているな…」とファンが増えていきます。

僕はこのやり方で、4月から始めたアカウントで2,000弱まで来ています。(直近1か月で1,200人増)

 

以前ツイートしましたが、とりあえずの初心者のTwitter運営のイメージはこんな感じです。

 

ブランディングの細かい設定の仕方は、こちらの記事が非常に良く纏まっているので、宜しければご参考に。

>>参考:SNSの短文プロフィールの魅力的な書き方を徹底解説します【7名分の添削過程あり】

(リンク失礼します)

 

またツイートの多くがボヤキ系になっているので、それは控えたが良いかと思います。

自分は、ボヤキ系のツイートは基本しません。

プロフィールに書いているテーマで有益な情報をどんどん発信するようにしています。

 

6.その他

Q.書きたいジャンルが2つあるんですが、ブログを2つに分けた方が良いですか?

まったく違う系統のジャンルでブログを2つ、現在書いているんですが、それは一つにしない方が良いでしょうか。

 

A.以下、Ryoheiからの回答メッセージ

 

自分なら、1つに纏めてしまいます。

まだブログを始めて間もない方が、2つ同時に進めるのはお勧めしません。

ドメインパワー然り、サイトの成長に時間がかかります。

 

2つ同時に育てると、その分遅くなってしまいます。

すでに一つブログで成功している方なら、2つ目のブログを始めてもすぐ成功します。

ヒトデさんの社畜祭りは、その良い例ですね。

 

まずは、1つのブログを、じっくりと育てていきましょう。

2つ目を作るのは、それからでまったく遅くありません。

 

Q.ブログタイトルってどうしたらいいですか?

とりあえず自分の名前を、ブログのタイトルにしているんですが、これではイマイチだと思い…。

Ryoheiさんは、どうやってブログのタイトルを考えたか、教えて下さい。

 

A.以下、Ryoheiからの回答メッセージ

 

ブログのタイトルですね。

これは正直、結構センス問われるかなと思います。

僕のイメージでは、

・覚えてもらいやすいようにコンパクト

・且つ内容が連想できるタイトル

 

この2つを意識して決めるのがいいかなと思います。

 

僕は『BANK ACADEMY』というタイトルにしたのは、これを見ると銀行関係の人が書いたんだなーというのがパッと見て分かるようにしたかったからです。

「元銀行員が、いろいろ発信していくアカデミーです」ってイメージですね。

 

お金や働き方について書いているのも、何となく想像できるかなと思いました。

ブログのタイトルを考えるのは、とても楽しいと思いますよ。

 

ぜひ、自分の方向性と照らし合わせて、いろいろ考えてみて下さい。

 

まとめ:ブログ初心者の壁を、いち早く突破して行こう

Q&Aまとめについては、以上です。

いかがだったでしょうか。

 

今回のブログ相談にあたり、多くのご連絡を頂きましたが、まとめるとこれらの質問が非常に多かったです。

それだけ、ブログ初心者の壁は、共通している悩みが多いという事でしょう。

 

つまり、初心者ブロガーのスタート地点とも言うべき、越える壁はみんな同じなのです。

今では有名になったブロガーも、昔は同じような悩みを抱えていたはずです。

 

ぜひ、この記事を参考に、ブログ初心者の壁をいち早く突破していきましょう。

成果が目に見えて上がっていくのを見るのは、非常に楽しく、モチベーションも湧いていきますよ。

 

あなたの今後のブログに、今回の内容が少しでも役に立てば、何よりです。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願い致します!

 

僕がブログ運営についてツイートした内容は、こちらのモーメントにまとめているので、ぜひご参考に。